ハンプティのブログ

ハンプティ・ダンプティのように、いつもずっこけぶりを発揮しています。

ダンプティ親父のユーカリ談義

第4話:ユーカリ

チイ:グレートオーシャンロードの海岸沿いのケネットリバーでは、桃色インコが手に飛び乗って来、とっても可愛らしいのよ、とても馬鹿とは思えないけど、酷い名前をつけるものね

それに、ここのユーカリの木には、コアラがユーカリの葉を食べているの!

木漏れ日うらら ユーカリうららウラウラと

枝の上ゆったりコアラが座る ゆらゆらと

うらうら眠る 木の上コアラ ウラウラと

サイレント 日は沈みゆく サイレント

コアラチャン、あんまりかわいらしいから抱っこして抱きしめちゃった。

ダンプティ:コアラを愛し過すぎては、いけません! 

だって、「愛しすぎれば、早死にすぎるから」と、誰かの言葉

「旦那を愛し過ぎてはいけません! 

だって 長生きし過ぎるから!」って、ハンプテイが何時もいっていたけど!

チイ:そんなことロンさんの前で言って良いの!

ダンプティ:御免、御免、旦那様のこと、こんな言い方して、お詫びに旦那様を称える詩を進呈します。

題:旦那様

一番星が顔をのぞかせる夏の夜

ユーカリの木々は銀色の服を着せられて

透き通った水晶玉のように輝き始めた

コアラが旦那様のお目覚めよと騒ぎ始める

ほれ、みておくれご旦那様の艶姿

オイルの香りが傷ついた肉体を癒してくれる

いえいえ違います、桃色インコががつぶやいた

御笑い種だよ馬鹿みたい

見かけは弁護士 心はペテン師イカサマよ

木の葉は用心、毒がある

誘いの手には乗るまいぞ、貴方の命が奪われる

夏滾る ユーカリの森 バーベキュー

ケネットリバーのユーカリの木々が揺れて日の光も優しく、タスマニアの夏の光は穏やかである。

散歩していると、遠くで、誰かが騒いでいる。

近づいてみると、かものハシが水の中で泳いでいる。

日の光が届かない暗いユーカリの森には、カモノハシが泳いでいるのよ!

と、興奮気味、どうやら、この辺りでもカモノハシはめったにみることが出来ない貴重な動物

それに、この森にあ、樫の木やブラックツリー、ユーカリ等の巨木が生い茂っていて、枝が大きな穴を形作っているような不思議な木があって、大木が倒れても自然のままに放置されていて、朽ちていく様子もみられる。

オーストラリヤの40日間にもおよぶ旅は、シドニーからメルボルンに住むチイの滞在先までの列車で始まった。

メルボルンにすんでいるチイからの注文で、日本からのお土産は、竹カーペットだったから、運ぶのが難儀な旅の始まりとなった。

シドニーまでは、フアーストクラスのため、機内持ち込みは、OKだったけど、、シドニーからメルボルン間での絨毯の持ち込みは.できないとのこと、そこで、交通手段に選んだのがシドニーからメルボルまでの夜行列車の旅にしたわけ

シドニーメルボルンは、オーストラリア、第一、第二の都市を結ぶ交通路なのに、どういうわけか列車便は、一日2本のみで、それも乗客は、まばらという不思議なお国柄 

セントラル駅で機内食と、なにか買おうとしたけど、売店するない寂しい家具利で喧騒なる日本とは大違い。

シドニーの街を過ぎれば、殆ど人影もない草原が続き、ユーカリの木々が生い茂っている。

f:id:ipapokada:20190322144137j:plain

車窓からの風景は、美しいが、歳のせいか枯れたユーカリの木に美的なものを感じる枯れ山水の世界である。

ユーカリは、人の心と対話する哲学者

子供の成長を待つ父親

ユーカリは、何でも知り尽くした老人教授

このまま青い葉も付けることなく

寂しく枯れ果てていく運命

ハンプテイ:そんな老人に私はなりたい

が最後のフレーズなわけね!

「ダンプテイも「枯れ木、埋もれ木、濡れ落ち葉」ですから老兵は、去るべし」ですわ!

我らは老兵 重い靴もはかず

あの世で寂しく時を過ごす 岩崎時子

ダンプテイ:「岩崎時子の老兵は去るべし」、ということでしょうか、あまりにも残酷なお言葉

ハンプティ:いえいえ、滅相もございませぬ、相原さんの枯れたユーカリ写真のように、枯れた後でも凛々しく、美しくあってほしいのです。

うらやまし 老いて颯爽 枯木立

枯れ木になっても裸女も抱きついてくる凛々しさ

ダンプティ:とうとう、私も枯れ木にされちゃった。

チイ:「枯れ木の山も賑わい」と、言って、たくさん集まれば、薪には役立ちますわね!

ダンプティ:そんな言い方、御免だね!

枯れ木になるのは、時間の問題ですが、50年ぁんも連れ添った男を最後まで、見届けてほしいですね!

枯れどきに 男枯れ居る メルボルン

チイ:そうね、もう70過ぎだから枯れつつあるけど、

まだ、大丈夫じゃないかしら

小林一茶は、52歳で枯れていたけど、このお歳で結婚したときには、白髪で歯は一本、それでも、恋だけは、枯れないで、若い娘のような愛人との間で恥ずかしいやら嬉しいやらの俳句

葉もなくて 五十婿お頭を隠す 扇かな 一茶

ダンプティ:一茶は、白髪も生えて歯もなくて見かけはボロボロで男枯れしてもあちらの方だけは、元気なのは不思議な人

枯れどきが 来て男枯る 爪先まで 能村登四朗

ハンプティ:枯れたユーカリの木も馬鹿にしてはいけませんね、凜として素晴らしい美を保っていますから

この写真のように老いて凜と立って輝いています。

手を広げ 老いて颯爽 夏木立

老兵は、立ち上がった

そうだ、今夜あのなつかしいパリへ行こう

遠いむかし 祖国をたった 日のように

靴音を響かせながら シャンゼリゼ

姿なき整列をしよう 岩崎時子

f:id:ipapokada:20190322144306j:plain

:相原正明写真家は、主としてタスマニアを中心に写真撮影の活動を行っており、観光大使でもある。NHKBSアーカイブにてタスマニアの旅が紹介された。

このユーカリの老木にも若芽がでて、手も足も力強く彼方此方に伸ばしているじゃないですか!

ダンプティ:ところで、シドニーからブルーマウンテン国立公園に向かって、鬱蒼と茂る森の中を車で走らせていると、前方に青み帯びた山々が見えてきた。

車から降りて、

森の中に 足を踏み入れると

そこは、もう神の住家、

森の中に 神が居るのではなく

森全体が神である。

天空を蓋うユーカリの木々

木漏れ日が走り、

枯葉が重なって

ユーカリの匂いが漂ってくる

「森の中に神が棲んでいのではなく、森そのものが神である」と、南方熊楠は、言っていたけど、まさに、この風景を見ると、まさにその通り、

さて、ダンプテイ、妻のハンプテイと娘のチイを誘ってのシドニーのグルーマウンテンの旅

前方を見てごらん、アボリジニの神話に出てくるスリーシスターズの三つの山が薄青く霞んで見えるでしょ!

f:id:ipapokada:20190322144626j:plain

遠山や 霞に浮かぶや 三姉妹

暑い日差しによって、ユーカリの葉から蒸発したテルペンがユーカリ林の上空を青く染め、この辺りはブルーマウンテンと称されて、とても神々しい。

遠富士の 姿清しや われもこう

チイ:己も富士山のように、神々しくありたということかしら?

ダンプティ:滅相もございません、見渡した山々の情景、そこには、吾亦紅の姿がということですよ!

ところで、テルペンって、石油成分,山火事が多いのは、ユーカリが発するテルペンが原因ということなのね!

ダンプティ:その通り、ユーカリのテルペンの精油は虫よけや蜂蜜の材料になっているし、ユーカリは、コアラが大好物だから、なくてはならない植物、だから防火だからといって、簡単には、伐採もできない問題があるわけ!

ところで、コアラさんは、毒のあるユーカリの葉を食べていてユーカリ毒に侵されないかしら!

ダンプティ:任せて頂戴、その答え!

盲腸にある細菌が毒素を殺しているそうで、盲腸の長さは、人間よりも数十倍も長いらしい。

チイ:ワアーチョウ長い、ダンプテイ親父のあれは、もう役にたたないから超短い!

ダンプティ:それ駄洒落にしては、きつ過ぎる。

ところで、盲腸は、役に立たない臓器ですが、細菌を殺す「IGA抗体」を生産する重要な機能があるそうよ!

チイ:健康のためには、チョウ大事というわけね!

ダンプティ:コアラは生まれると、直ぐ親のウンチを食べ、ユーカリの毒素を分解する酵素を取り入れ、ユーカリが食べられるようになる訳!

チイ:それにしても、チョウ汚い、糞も味噌ね!

ダンプティ:そんな汚物を見るような目つきで[ちょう]言葉は、止めてほしいね!

チイ:あなたに抱かれて 私は蝶になる

あなたの胸 怪しい蜘蛛の糸

儚い命さだめなの 阿久悠

と、いう歌をご存知ないのかしら!

私は、蝶が大好きな虫愛ずる姫よ!

ダンプティ:ああ蝶になる 花になる

恋した夜は あなた次第なの

さー今夜だけ 今夜だけ 阿久悠 

と、今夜だけと言っても相手が娘では、仕方ないですけど!

チイ:私も親子丼、超嫌いですから!

ダンプティ:どうやら僕も蝶々姫に嫌われたようだけど、あのユーカリのように美しい姿だったら、絶対に好かれるでしょうに!

チイ:ユーカリの美しい姿といったら写真家の相原正明は、外せないですね!

NHKのタスマニァ旅放送で写真家の相原正明さんが紹介していた明るいタスマニアのボトルツリーの美しい写真を見せてあげるわ!

ハンプティ:ワー、凄いわ、大地のエネルギーを吸っているみたいで、ビューティフル!

樹齢5000年も生きるというこの大樹!

5000年 生きて煌々 夏大樹 

どうして、こんなに天地は美しいのかしら!

ダンプティ:ここでは、大地も空気も水も何もかもが生きているから美しいのです。

大木や 光煌々 夏の月

チイ:こんな漫画に描かれる大樹に抱かれたら心が安らぐこと間違いなしよ

雪はげし 抱かれて息の つまりしこと 橋本多佳子

こんな素敵な包容力のある方、いないかしら、こんな人に抱かれたら、美しく生きていかれるのに!

f:id:ipapokada:20190322144922j:plain

傍に居る だけで安堵や 夏大樹 

デダンプティ:こんな親父がに居たらどうでしょう!

チイ:これって、根本敬さんの漫画の「生きる」世界じゃないの?

親父が糞も出すかと思えば、今度はマウスから男根も出しているし、増補版だなんて、男根が増補されているこというつもりかしら?

f:id:ipapokada:20190322145055j:plain

それに、この親父、やる気マンマンのダンプテイ親父ではないですか!

ハンプティ:そうよ、口ばかり達者で実行が伴わない

ああー言えば、こう言う 上祐みたいな親父だから

剛毅 朴訥 仁に近し と、路傍の石みたいに静かにしでほしいけど

ダンプティ:路傍の石は、踏まれて、踏まれてもじっと我慢して、今に見ておれ、俺だって

青春は、若葉だ、元気で溌剌

優美と力がそこにある。

老木となっても青春に劣らない明さと輝きの魅力がそこにある。

見かけは枯れかけても信念もあるし、自信も希望も満ち溢れている青春がある、そんな枯れ木に僕は,なりたい。

ハンプティ:石川啄木路傍の石というつもりでしょうか、それとも、信念、自信、希望のサミエルウルマンの詩ね!

人は信念と共に若く、疑念と共に老いる

人は自信と共に若く、恐怖と共に老いる

希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる

チイ:枯れても、疑念、恐怖、失望は、禁物ということかもしらないけど、もう若くはありませんわ!

嗚呼 我れは、孤高の人ぞ 老い朽ちる

では,ないかしら?

ダンプティ:その通り、枯れていても、神々しい姿は、良いものですよ!

チイ:禅には、枯高という言葉があるけど、老松の風情というか、枯れても強くて輝いているのは素晴らしいけど、ダンプティは、朧月ね!

朧月 大樹枯高に 枯れ果てて

ダンプティ:いえいえ、まだ枯れてはいません。

大鳶も 鷹とみまがふ 朧月ですよ

チイ:マー自分を鷹だなんて、そんな鷹を見てカーカー鴉も笑いますわ!

ダンプティ:私は、鴉にも馬鹿にされる鷹ということですか!

チイ:いえいえ、鷹をあなどっいは、しません。

笑いはすれど あなどりはせず

その心は

鷹の居る森の梢の村烏  犬筑波集

それとも

高し 鳶舞ひ沈む 城の上 啄木

と、いう気分かしら、でもダンプテイは、こんな老い木の姿ですわ!

あわれにも 昔の春の面影を 身さえ老い木の枝にみるかな 藤原基忠

ダンプティ:老い木だと馬鹿にしては、困ります。

海外では、日本の盆栽人気が高まっていますが、針金で矯正しても1日や2日では立派な姿にはならない。

10年で駄目なら、20年と、盆栽の魅力は老木であっても、長年の鍛錬で身を清め、鍛えた強く美しい 枯高なる姿がある。

押しも押されぬ存在感と輝き、こんな老木になりたいものですね!

そして、いつまでもテビルが寄り添っている。

神染める 大樹に寄せし 牡丹かな

ハンプティ:牡丹といえば、百花の中の花、百獣の王といえば、獅子ですから

愛でたさや 獅子に寄り添う 牡丹美女

ということかしら!

ダンプティ:これは!これは!

私しめを獅子として頂けるとは有り難い。

なにしろ、中国では、牡丹は富の象徴で、富貴草の別名があり、美女に囲まれる皇帝になった雰囲気 

後朝の香を呼出スぼたんかな 百里   

ハンプティ:ちょっと煽ててしまったけど、ついでに和歌でも進呈しますわ!

梅に鶯 私に貴方 昨日も今日も春らしく

チイ:マー面白い、お二人は、春爛漫の老々介護の間柄じゃないの!

老翁や ないて口寄す 老梅に

の方が相応しいと、思うけど

ダンプティ:牡丹美女がとうとう皺くちゃの梅干しおばさんに口寄せされるとは、酸っぱくて吐き出したくなりますよ!

獅子王や 沈黙(しじま)の中に 牡丹吐く

ハンプティ:牡丹に譬えて頂いて有難いけど、私だって爺に口寄せなんて御免ですわ!

老々の介護の間柄で、口寄するなんて、ありえないのよ

精々、銀の匙で、お粥を飲ませてあげるわ!

ダンプティ:老々と悲しい言葉を投げかけてくれますが、気持ちだけは、夏隣りですから

ところで、老梅に若い燕という組み合わせはありませんかね!

紅酢甘 蓬の傍で 彩々と

チイ:若い燕といえば、老女に青年の組み合わせ

チイ:でも赤い酢甘が青色の蓬餅の脇においてあって、梅干し婆の酢甘が輝いて見えると言う趣向かしら!

甘い物大好きなダンプテイらしい俳句ね?

ダンプティ:それでは、老いを尊ぶ詩を一つ

人が皆、最後に辿りつくところは、老いなのに

老涙、老臭、狼狽、老骨、老醜、老婆心等々

なんという悍ましい老いの言葉の羅列

家族のため、社会のために愛し、尽くした者への労りや尊ぶ心はひとかけらもない言葉

ああ、神よ、 願わくば、この老いを尊ぶにふさわしき言葉を与えたまえ

チイ:確かに老いといえば、イメージは、悪いわね!

f:id:ipapokada:20190322145401j:plain

この写真のダンプティも立派だと言っても立派なのは、お腹ばかりで、ボトルツリーもこんな惨めな姿となって12使徒を引き連れて万歳ボトルツリー親父ここにありって、感じ、とても老いを賛歌する言葉なんて浮かびっこないわ!

とにかく、トレッキングでは、しっかり着いてきて頂戴ね!

しんがりの たるみ腹かな 急ぎ足

ハンプティ:可哀そうだから、

しんがりの 孕み豚かな 急ぎ足

って、ことにしましょうよ!

ダンプティ:豚が子を孕んでるとは、急ぎ足でも豚足、一層のこと天国に「とんずら」いたしましょう。

諸手あげ 昇天の雲 12使徒

チイ:罪深き豚奴の昇天、こんな様は、絵にも描けない哀れな世紀末の姿

天高く 豚が空飛ぶ 鼻が飛ぶ

ハンプティ:連れ句は

いいことなしよ この世トンヅラ

ダンプティ:何を小癪なこの豚の母娘連れ

お前面(つら)見よ 鏡見よ

あんこ面(つら)見よ ダンゴ鼻

黄な粉つけたら美味しかろ

口は鰐口、閻魔顔アヨーイヨーイヨイヨイヨイ

全くもって豚キュウみたいな顔しやがって

ハンプティなんですかその豚キュ

豚がお灸をすえられてたような顔

ところで、トンズラとは、豚面ということかな!

ハンプティ:マーいいきになって、好き勝手なことおっしゃりますわ!

ダンプティ:いい木になってとは、こんな木でしょうか

 f:id:ipapokada:20190322145508j:plain

大知のエネルギーを吸って、こんな素晴らしい命を育ててる。いるでしょ!

チイ:イヤーダ、大地ではなくて、大知だって、木が吸ってるいのは、馬鹿殿の阿呆の知ではないの!

エッチなエネルギーを吸収し枝が多様性文化の国らしくレインボーウカラーに輝いて、惨めな夕枯れの姿になってる!

ダンプティ:この木は、夕枯れでなくて、[You 枯れ]でしょうか!

ミンダナオガムと言って、フィリピンのミンダナオ島で発見された美しいユーカリですね。

チイ:ミンダナオガム、凄い彩色、楓の色みたい!

f:id:ipapokada:20190322145635j:plain

ダンプティ:木の皮の色素が分解して色々な色に変化する楓と同じ原理ですよ

ハンプティ:神様って、植物をこんな豊かで美しく作られたのかしら、不公平ですね!

チイ:蝶々も蛹から、蝶々へと段々と美しく変身していくわ!

ダンプティ:樹目は、木の皮が剥けて、蝶々は、変態して美が増していく、人間も変態して美しくなっていくように神は、作るべきでした。

皺ができ、黒子ができ、背が曲がり、頭が禿る、毛は白くなり

と、これは、神が作った人間の美から離れて行く老化のエントロピー法則ですから致し方ない。

ハンプティ:花はさかりに 月は隈なきのみ 見るものかは 兼好法師

と、何事も真っ盛りに見るのが良いとは言えませんわ!

むしろ不完全に美があると歌っていますから!

それに、剥落の美というのもあるから、ダンプティも心配しないで、

手の皺に 齢かぞえて 生身魂

それに、人間にも「わび、さび」の世界があるのよ!

詫び住まい さびた鉄柵 絡む蔦

ダンプティ:とうとう、私も錆びたナイフではなくて鉄柵にされてしまいましたが、これはまた、三段切れの愚作の句

チイ:何その三段切れとは

ハンプティ:頭、お腹、お尻が、ブツブツに切れてるダンプテイみたいな三段切れ

花守や 白木かしらを つきあわせ 去来

と、団子兄弟の串刺しね

ダンプティ:この俳句は、サビがあって三段切れもなく良い句だと去来は自賛されているけど!

独り住まいのわび世界であれば

独り居の 雨戸の音に 秋の風

のように,すれば三段切れではなくなりますね!

チイ剥落の 幹に寄り添ふ 牡丹かな

は、どうかしら!

当然、牡丹は、私だけどね!

親父は、既に剥落となって枯れ果てているというわけですよ、

ダンプティ:これは、剥落の爺とまだ花開くチイ牡丹を対比させた、珍しく良い句を作って頂きましたが、これは、床の間の盆栽の美ですね!

チイ:当たりき車力 車ひき

枯れ果てた松の木に牡丹を寄せて咲かせて、牡丹の華やかさを目立たせたい趣向ですわ!

でも、一緒に生活を共にする者にとっては、悪臭を放ち、不潔で、強欲で、険悪で、我儘で、好色で、お世話するのが大変になっていく剥落の木には近寄り難い、こんなになったら熟年離婚も増えていく。

ハンプティ:でも、剥落の木も手入れしたら、盆栽のように美しく輝くから、皺々の肌を整形する手もあるわね!

なにしろ、最近は、鏡をみるのも躊躇するほど、醜い皺が目だって、嫌になりますから!

皺くちゃの 顔も勲章 秋隣り

元句:節くれの 指も勲章 春隣り鷹羽狩行

チイ:顔の皺は、筋肉不足が原因だから、顔運動がお勧めよ

上がり目下がり目ぐるーと回って猫の目

なんて、やるのがお勧めよ!

ダンプティ:こういうのもありましたね!

覗いて悔しい 姿見鏡

あの娘が欲しい この皺いらん

鏡に映して みてご覧

しわしわみっつしわみっつ

しわがいらなきゃちょっとおいで

鏡の前でイナイイナイバーしてご覧

しわもしわしわ飛んでいく

しわなきゃ幸せ飛んでくる

しわしわ幸せ飛んでくる

ハンプティ::皺をとるために整形すれば、美を保てますが、失敗すれば大変なこととなるけど、こんな顔運動して皺がなくなれば、もっての幸い。

ハンプティ:皺がないけど、手術の失敗でノッペラボウの顔になった森新一さんのことかしら?

ハンプティ:確かに、人間は、20歳前後の肉体が一番美しい、皺が無くて滑らかな曲線美、クリスマスパーテイで被った帽子のような三角形の上半身、何千年も参拝者の葦で踏みつけられてきたようなコンピラ階段のような段付きの腹筋に憧れる。

題 肉体美

古代ギリシアの男のように

ああ肉体の美よ 

汝はこの肉体で

何人の女の心を奪ったことか

その肉体があれば

甘い誘いの呟きも不要だ 

この逞しいあでやかな肉体があれば

ああ肉体の逞しい美よ 

古代ギリシアの男ダビデ

この逞しい艶やかな肉体をもってせば

何事も何事も

美の定義を精神的なものとすれば、歳をとっても、美しさを保ち、女性を惹きつける人がいますが、意欲を失った老人は、肉体と共に、精神も惨めになるのです。

意欲の無い衰え盛りの老人に美などは残っていません。

ボランテアオジサンの尾畠春夫さんをみならってほしいは、68歳で人のため、社会のために身を尽くし、数百人の捜索隊が迷子になった幼児をたった10分で探し出した快挙

ダンプティ:まだまだ、他人を喜ばせんとする意欲が美しさを醸し出すのは、人間も植物も同じですね

枯れてなお 美しくあれ 銀芒

さっと立ち 今も立志ぞ 春の香

チイ:さっと立って、春の香だなんて、オナラをブスとなさったりして!

クサヤかな 肛門締めよ 将門さん

デハラ:俺を朝廷に反乱を仕掛けた平将門とおっしゃるのか?

チイ:そうよ、前代未聞の不届きもの太平の世をオナラで攪乱された平将門の乱は、くさや(938年)の乱とはご存知ないかしら?

東風吹かば 臭いよこすな 老いの人

ダンプティ:屁のごとく次々と句が浮いてきますね!

うだうだの屁理屈俳句なんか聞きたくないですね、もう気分はウハウハ

わたしなんぞ

浮いてこい 句会の前の 季語探し

と,句つくりに、苦労しているのに,羨ましい限り

チイ:それでは、喜ばれそうな、とっておきの俳句を一つ!

天皇に乱暴を働いた将門を祭るのが神田明神、その御前にあるのが、平黌の弘法様の教えをする儒教学問所だったから

将門の 前に尻りだす 弘法や

ハンプティ:厭らしいわ、「弘法の尻の過ち」だなんて!

それに、将門と弘法様が、前と後ろに居を構えているという話は出来すぎでは、ありませんか!

ダンプティ:ウヒヒヒ、厭らしいったらありゃしまい

キンキラキンとさりげなくさるげなく

それが俺のやり方さ

キンキラキンとさりげなくさるげなく

生きるだけさ

チイ:こんな肛門様には将門様のあれも

もうぐんにゃりですわ!

ところで、弘法さんは、男根文化を中国から日本に輸入したお方で、将門は、肛門に乱棒にも棒を振り回したという意味かしら?

チイ:こんな程度の俳句なら屁の河童だなんて、

弘法様の尻まで利用するとは、しり臭い。

ダンプティ:これは、洒落臭いを尻臭いとの駄洒落でございますか?

チイ:これは、これは、弘法の筆の誤りで、筆でなく、お尻を人前に出すとは失礼いたしました。

ところで、こんな森林浴してる最中に、オナラの話ばっかりなんて、杜の香りが涼しい風と共に吹き込んでくるのに、興覚めですわ!

ダンプテイの屁の匂いに誘われて、蚊も飛んでくる!

二つ良き ことぞ少なき藪蔭の涼しき宿は蚊の多くして

ダンプティ:蚊は、マラリアを始めとして、病気を伝達するから、こんな森の中では、気をツケナクッチャいけません。

ハンプティ:こんな面の皮の厚い馬鹿に蚊が刺すのですか!

刺したら、それこそ、馬鹿な蚊になっちゃう。

ダンプティ:それでは、蚊よけに、蚊帳の話でもサービス致しましょう。

破れた蚊帳の小話

この蚊帳は、随分と破れているから、吊っても吊らなくても同じじゃござらんか!

そう、いいなさらんで、この蚊帳は蓬莱蚊帳と、いいまして縁起物

「鶴と亀が舞い遊ぶ」とは、「吊ると蚊めが舞い踊る」と、いうことであります。

ハンプティ:マー家族のために、蚊帳までご用意いただける御配慮、ありがとうございます。

チイ:パパラッチに弱い乙女でございますから、蚊帳は、助かりますは!

ダンプティ:パララッチとは、ぶんぶん飛び回る蚊の意味らしいですね、メルボルン近郊のパララット街に、訪ずれたとき、ケネーとこのケネーのパパラッチが活躍した街いうことで、パパラッチの像が英雄として残してあったけど、その由来で、パパラットがこの街の名になったとか?

なにしろ、メルボルンの発展は、この金鉱山の発見からといわれていて、一画千金を狙う一発屋にとって馬のレースは、何よりの娯楽ですから、

馬の飼育も産業となっているようで、競走馬用の牧場も多いようですね!

バララットは、採掘者の待遇に不満をもった者が氾濫したというユーレカ記念公園がある。

どのような関係があるか分からないが、鉄仮面を被った、政府への反抗者ケネーの像もあったが、これは、採掘者の反乱精神を肖ったものらしい。

チイ:ところで、家族のために蚊帳までご用意していただけるなんて、なんと気回しの届いた家長ですこと!

枯れてでも 持っていいのは 良き「かちょう」

と心得ますわ!

添ってみるのも良き夫 添えば、芽生える愛育つ

ダンプティ:「ダンプティは、最高の夫でした、有難うが言い尽くせない程です」なんて、死ぬときに、言ってもらえるように、このユーカリの木の如く、心豊かに枯れていきたいね!

「王者の大業は、滅び去っても愛は千古の光に輝く」と、英国の詩人のロバートブラウニングが語っていました。

真実とは、宝石よりも輝かしい、信義は、真珠よりも純粋である。

しかし、この真実や新義よりもこの天地において、私にとって大事なのは、純なる乙女との清き口づけである。

チイ:まあー、口付けを絶賛されること!

後期高齢者の台詞とも思えない

これからは 後期高齢 花にキス 

と、いうつもりなのかしら!

ダンプティ:いえいえ、枯れてなほ 存在感あり タキシード

この枯れたユーカリの古木は、白いタキシードが似合う翁という雰囲気ではないですか!

題 ユーカリの詩

緑の帽子を全て脱ぎ捨てた木々は

この森の番人だから森のことは何でも知っている

銀色のタキシード着て、揃いの靴があるから

木の下で一緒に踊ろうと誘ってる

 

ワインと肉に蜂蜜の味付けして上げるから

木の下で一緒に食事をと誘ってる

蚊や蠅さん近づかないでねとオイルを漂わせて

星の光に照らされて素敵な夢を見させてあげるから

木の下で一緒に寝ようと誘ってる

 

ユーカリの森を抜けてたあと 何もない草原が

そこには ユーカリの森とは異次元の世界

ユーカリの老木が白く輝き ただ一人ただずんで

ある時は、灼熱の太陽にさらされて

あるときは 雨がしとしと乾いた肌を濡らし

てくれる

ときより 渡り鳥がこの腕に止まって

どうして一人ぼっちなのと慰めてくれる

ハンプティ:それにしても、今日の私、この暑い日差しで頭が狂ったのかしら!

ダンプテイに甘い言葉をかけ過ぎたようね!

反省、反省!

チイ:そうですよ,嘘臭い誉め言葉を聞くくらいなら枯れ木に捕まって鳴く蝉の声のほうが、まだ、ましなのよ

空蝉の 世を憂つつにと 移り住み 色もうつろう 鬱の人こそ

ダンプティ:チイ姫は、源氏物語に登場する空蝉のようでは、ありませんか

源氏の愛も素直に受け入れられず、衣を脱ぎ捨てて逃亡するなんて、何と、情けない娘でありましょう。

注:源氏物語の空蝉、光源氏が忍び込んだ夜、重い頃もを脱ぎ捨てて、その身は儲けの殻だったから、この姫の名を空蝉と付けた。

チイ:いえいえ、親父は、どうみても光源氏のような性力は、ございませんから、そろそろ、介護施設へもと、思っております。

ダンプティ:終に、娘にまで、光らぬ源氏と邪見にされて、役立たずと、おっしゃいますが、

万(よろず)にいみじくとも、色好まざらん男は、いとさうざうしく、玉の盃の底なき心地ぞすべき。

と、徒然草にもありますように、かっての黄金の盃も割れて用を為さにも、その黄金の価値は、ございます。

ところで、ユーカリの枯れ木も、パルプ材として豪州の産業を支えているんですよ!

ハンプティ:それでは、本のユーカリで、どれ程のコピー用紙が生産できるのかしら?

ダンプティ:それでは、質問,13000枚のA4紙が生産でき、日本のコピー用紙は、年間一人当たり18枚ですから、全てユーカリで生産すると、何本のユーカリが年間で要るでしょうか?

チイ:算数は、弱いのよ、手も足も出ないわ!

 

f:id:ipapokada:20190322145923j:plain

ダンプティ:手も足も出ないのは、お頭がないこと

手も足も出ない、脳足りん、もっと脳トレをしなさいということなのよ!

ハンプティ:そうですよ、もっと脳味噌を使わなくては、直ぐ手も足も出ない不識なんて、諦めては駄目ですよ!

馬鹿のスカタン 

間抜けのヒョウタ

手もなし足なし脳タリン

使え使えよ 味噌っかす

チイ:何、その不識って!

朽ち木が野に伏してることかしら?

ダンプティ:馬鹿言っちゃいけません、不識を知らぬとは、これ不思議(ふしき)

西行は、源頼朝から「和歌の奥義は」と、問われ、しらず(不識)と答えた

そこで、去来は、この逸話を受けて

和歌の奥義はしらず選集の沙汰 去来

これを、芭蕉

命嬉しき選集の沙汰 と修正した

何故、このように修正したかは、古典の知識を知っているという自慢に終わってしまうからという逸話がありますね!

注:芭蕉の風雅 長谷川櫂

チイ:文学も自慢は禁物ということで、肝に銘じしてほしいわ!

ダンプティ:そういわれて自慢話になってしまうけど、不識には、こんな話もありますね!

上杉謙信が、自分の館を不識庵と、いって、

不識庵の図に題すという、あの有名な鞭声粛々夜河を渡るーーという漢詩を作っているでしょ!

これには、こんな逸話が残されているそうですね!

中国の武帝が、信仰心が高く、これだけ、座禅を組んで信仰したのだから、どんな功徳があるでしょう」と達磨大使にお尋ねになったら、達磨大使は、不識とだけ答えたというわけです。

つまり、おれは知らん」ということ!

功徳を求めるような修行では、駄目だと言いたかったのだと、思いますね。

チイ:神社などで、何かをお願いするようなお祈りは、駄目ということですかしら、

私は、「いつもダンプテイが痩せますように」なんてお祈りしていますけど!

ダンプティ:だから、そんな、効果を期待しての「お祈りがいけないんですよ、きっと

チイ:ところで、タンプテイは、達磨ではないけど、この漫画、手と足だけの脳無しの出腹じゃないですか!

これだったら、「我存ぜぬ」の不識の達磨さん

脳無しで手と足だけで、脳を垂らしようがない。

ダンプティ:職場で「脳を垂れるな、仕事せよ」と先輩から言われたことがあって、その反省でこんな絵を画いたものです。

チイ:確かに、この戯画はでも、先輩の忠告は分かるような気がするわ!

ダンプテイは、仕事しないで遊んでばかりだし、無い脳であっても、能があるように他人に見せたがる、だから、皆さに能を垂れるなと忠告されたのよ!

ダンプティ:ところで、垂れるという言葉ですが、チイには、早く「垂乳根の母」になってほしいですね!

チイ:馬鹿ね!

最近は、母乳を飲ませる母親って少ないから、母親でも乳は、垂れないのが普通よ!

それより先程の話、もっと具体的にしてよ!

ダンプティ:合点承知のすけ

ある団体の新人時代に、その団体の機関誌で「仕事の仕方」なんて、記事を書いたら、「新人の癖に先輩を差し置いて」と、忠告され、それ以来、脳を垂れないよう心がけ、能無しの手と足だけになっているのです。

ハンプティ:嘘ばっかり、その先輩が言ってるように、脳垂らしは、今も健在よ!  

チイ::脳ある人は、脳を垂れるべきよ!

垂らさないでは脳も腐ってしまう。

チイも脳を垂れてみよ!

ところで、先程の算数の問題だけど、

130000000人*18枚*365日/13000=1300*18*365本ということになりますね!

デハラ:良くできましたね!その計算結果は、日本だけの消費量ですから、世界的に見たら、大変な量のユーカリを伐採しなくてはならない。

注:日本のパルプ原料となる広葉樹の輸入国は豪州からが多く、全体の35%であることから豪州の森林保護では日本がやり玉になっている。

チイ:破壊されているユーカリの本数は、凄いですね!

世界中での伐採が進めば、世界の森林は絶滅する危機じゃない?

ダンプティ:ユーカリの雨が降る頃、このまま死んでしまいたい

という歌があったけど、ユーカリも死んでしまう!

チイ:馬鹿ね!もう脳を垂らそうとして!

その歌は、水木かおり作詞で、西田佐智子が歌った、「アカシアの雨が降る頃」でしょ!

能を垂らすのもいいけど、正確に垂らして頂きたいわ!

アカシアが枯れ果ててたら、あの人は涙を流してくれるでしょうか?

なんて、誰も親父が枯れても涙なんて流してくれるように女は、どこを探してもいませんよ!

ダンプティ:僕のことは、どうでも良いけど、ユーカリが枯れ果てたらコアラも生き延びていけなくなりますね!

ハンプティ:ガンズ社が伐採会社として知られていますが、違法な伐採もあって問題になっているそうですね!

ハンプティ:豪州は、商事会社が中心とって、製紙パルプや鉱山取引を管轄しているようだからM物産も森林伐採には関係しているかもね!

だって、森林破壊の関連では、日本の製紙メーカーは大量に製紙用パルプを輸入し、環境破壊会社と非難を浴びる対象ですからね!

ダンプティ:森林伐採は、森の多様性を奪い、この中で生きてきたアボリジニの文化を破壊し、社会問題に発展しています。

紙は、今は、紙は安いことからといって、ふんだんに使用しているけど、昔は、紙は神のように有難がれていたのですよ

掛けまくも 畏き神()の しるしには 鶴の齢を なりぬべきかな 枕草子

僕流に訳せば、申し上げるもおこがましい限りですが、死んでしまいたいような憂き心のときに、上等な紙が送られてきた場合には、すっかり機嫌も直って神のような心地がし、鶴のように長生きしたいわ!

: 掛けまくも畏きは、お祓い言葉の神の前の枕詞で、申し上げるにもおこがましいが

ハンプティ:紙の消費が増大問題に対処するためパルプメーカーによるユーカリプランテーションが進んでいるようですが、森林がユーカリだけになってしまうと動植物の生育が困難になる問題もあるようよ!

チイ:森のチンパンジー達にとっては、死活問題だから、この点からも考えてあげないと

ダンプティ:多種多様な生物があってこそ、多種多様な動物が生きていけるのが自然なこと、人間の都合だけで、一つの植物だけにしていくことは森を破壊することになりますからね!

僕も自然主義訴えて、森林伐採ユーカリ植林反対運動をこんな恰好で、デモすれば効果的だと思うけど?

ハンプティ:イヤーナ感じ、インディアンみたい!

f:id:ipapokada:20190322150403j:plain

チイ:もっと刺激のある方法でないと、効果的でないわ、例えば、アメリカのバークレー大学には、ユーカリの林があって、大学の先生を中心とした伐採反対派があるそうよ!

f:id:ipapokada:20190322150251j:plain

全裸になってユーカリに抱きついた映像を公表し政府のユーカリ伐採計画に反対している。

デハラ:親父にも、「参加しろ」ということ?

裸反対派のチイからそんな励ましの御言葉があるとは、驚きだね、勇気が湧いてきました。

義を見て なさざるは 勇無きなり

ということかな!

ハンプティ:でも凄い写真だわ、大学の先生が生徒や市民を説得し、全裸になって、自然保護運動をするなんて、日本では考えられないね!

みんな、今度の野外研修は、裸になってユーカリに抱き着いて下さい。

これをやらないと単位をヤラナイゾとなれば、パワハラとセクハラの同時進行となっちゃう。

ダンプティ:米国大物映画プロデューサーセクハラとなったワインスティーンみたいな話し、

俺とやらなくては、映画には出させないぞと、大物女優を30年もの間、鴨にしてきたとされる。

チイ:みるからに助平親父という感じだわ!

それにしても、スタッフの女優を裸にして抱き着くなんて、どんな気分かしら?

全ての衣装を 脱ぎ捨てて

銀色の肌のユーカリ に抱きついた

冷たい樹肌が、僕の燃える体を冷やす

脱ぎ捨てた サンダルが 足元に散らばって

いつまでも いつまでも 抱き合っていたい

ハンプティ:ところで、ユーカリも裸大好きってこと、知っている?

年に一度は、脱皮して裸になる一年かけての衣替えそれも裸になっちゃうの!

チイ:それで、森林伐採反対家に抱き着かれたりコアラにも抱き枯れたりするので!

f:id:ipapokada:20190322150607j:plain

ハンプティ:でも、コアラがユーカリに抱きつくのは、ユーカリの木による熱冷ましだって!

木を抱いて 涼しき命 もらいけり

チイ:えっ、そうなの!

私も熱があるからユーカリを抱いちゃおかしら!

ハンプティ:いっそのこと、バークレイ大学に入学したらどうかしら!

チイ:でも、こんな恰好で公園に出没したら、公然猥褻罪で、直ぐに警察官に捉えられてしまうわ!

ダンプティ:米国では、比較的に取り締まりが緩やで、楽しんで見ている者もいるそうよ!

だから、そんなにむきになる程のことではないらしいわ!

日本だったら草薙剛さんのように,大変な騒動になってしまうから、国民性の違いかしら!

ダンプティ:草薙の剣は、三種の宝、大切に熱田神宮の秘宝として隠しておいて頂きたいのに、この秘法を開陳する罪は,大きいわ!

チイ:秘宝の開チンだなんて、厭らしい話をしてるわ!

勝手にダンプテイ流の話に脱線させないでほしいわ!

ところで、左側のユーカリの木の右脇に抱きついているおじさん、お腹がぽっこり出ていてダンプティじゃないかしら?

ハンプティ:そうなんですよ、この手の悪趣味は草薙さんに負けていないんだから!

この写真を見てよ!

日向ぼこ 足立の庭に 寝転びて 空に吸われし 我が心かな

なんて、気分かしらないけど、ここは、日本美術館第一位となった鳥取県足立美術館、外国客の見物対象となっちゃうからこんな姿で、日向ぼっこなんて論外よ!

魂も 空に吸われて 日向ぼこ

f:id:ipapokada:20190322150819j:plain

ダンプティ:いえいえ、日向ぼこではございません、美術館でみたルソーが描くベットの上に仰向けに寝る裸のございます。。

初御空 ルソーを真似て 高枕

チイ:初御空とは、お正月、こんな裸では風邪をひいてしまいまわ!

それにしても美女だったら、絵になるけど、老いぼれの寝姿は寂しい限り!

大の字に 寝て涼しさよ 寂しさよ 芭蕉 

ダンプティ:いえいえ、

砂山の 砂に腹這いて 初恋の痛みを遠く 想いずる

石川啄木の世界に浸ってるんですよ!

裸になって大地に腹這いになってごらん

大地の叫びが聞こえてくるから

その優しい心で、我を心を慰め給え

僕の悲しさを知らないだろうが

あらゆる空しさを経験して

この砂浜に寝転んでいる侘しさを

嗚呼、家族よ、この胸を開いて

この侘しさを放り投げてくれ

チイ:嫌だわ、もう褌まで放り投げているくせに、これ以上、何をさらけ出そうという気かしら

砂庭に 腹這い眠る オットセイ

蒸し汗臭いオットセイの日向ぼっこ

それとも ハーレムの中で

雌を求めて泣き叫ぶアシカの世界

夕日を浴びたアシカが雌を呼ぶ反り返り

ロン:いやいや、これは、日本だから亀の世界

腹這いて 頭上げ下げ 亀踊り

ダンプティ:亀踊りなんて、飛んでも発奮、糞発奮、これは、腹筋を鍛える運動ですよ!

チイ:マ-嫌な尺取り虫、段々腹の腹筋運動を繰り返して、公園内を彷徨っている。

ところで、ユーカリで思い出したけど、ユーカリと音楽との関係を知っています?

乾し草に 火をつけむぞ

キリギリス キリギリス 北原白秋

何故に、仲間を食べるのや

何故に蝶々を食べるのや

 

ダンプティ:一寸、オマッチ下さいな! 

「山に火を放つような過ち」と、言ったらこんなことかしら、ユーカリオイルの蒸発によって、油紙に火をつけたみたいに山が燃えていく山火事、なんとかしないと問題となりますね!

チイ:こんなところで、マッチ下さいなとは、山火事になったら大変でございます。

ダンプティ:失礼しました。

待って下さいと言ったつもりだけど!

ところで、ここの山登りの際には、ユーカリの林には、燃え跡が残っている木々がありましたね!

ユーカリ森に火が散る

コアラの森に火が飛ぶ

風が泣き叫び 火が踊る

コアラが逃げる火が走る

ハンプティ:ユーカリ林の多いここでは、バーベキューも電気しか認められないし、花火は絶対禁止ですから、日本で見られたような素晴らしい花火見物は、期待できないね!

ダンプティ:花火は、日本の文化、この地にも花々しい花火文化を広めるには、「ダンプティが体を張って火事を防ぐから花火を許可して」とのポスターを貼って、豪州政府に訴えるしかございません。

心頭滅却すれば 火もまた涼し

と言いますが花火開催のために、火中の栗を拾いましよう。

君火を焚け よきもの見せん 雪だるま 芭蕉

チイ:こんなところに来て、火遊びなさってる!

雪達磨だから、直ぐにトロトロに溶けて、裸になっちゃう。

コレジャ、気違いのマッチ箱を持たせたみたいじゃないかしら 

ダンプティ:それって、どういう意味?

チイ:人生は、一箱のマッチ箱みたいで、大袈裟にするには、馬鹿馬鹿しいが、気違いに持たせたら、大変なことになるって!

ハンプティ:そうよ!

気違い親父にマッチを持たせたら、こんな姿になって、ネットに上げたら炎上しちゃうって、気違い沙汰だわ!

野火つけて はらばいて見る 花火かな

注:元句 野火つけて はらばいて見る 男かな 一茶

火のないところに煙は、立たずというから、早いうちに消火しなくちゃ

富士の峯 恋を駿河の山なれば

おもひありとぞ 煙あるらん とばずかたり

写真

チイ:それにしても、山々にみたてた腹とか、その他の棒のようなものが立っているって、どういうことかしら!

真っ直ぐな ものが大好き 山眠る 山口豊

打つや花火の音も澄み

教授教授と招かれて

居ながら見する夜祭りの

浮世を渡る風雅者

歌うも舞うも囃すのも

独り旅寝の草枕

おらが女房を褒めるじゃないが 

飯を炊くいたり水仕事、

あさよるたびの楽しみを 

独り笑みして来たりける 越後獅子 替え歌

角兵衛→教授、石橋→夜祭り

太鼓→花火

静かな山もいつ爆発するかわからない。

爆発のエネルギーが潜んでいる富士山みたいに!

爆発だ 叫んでいるよ 夏の雲

チイ:いつ爆発するかわからない山といえば、与謝野晶子の詩ですね!

山の動く日来る

かく言えども人我を信用せじ

山は暫く眠りしのみ その昔において

山は火に燃えて動きしものを

されど、そは信ぜずともよし

人よ ああ唯これを信ぜよ

全て眠りし女 今ぞ

目覚めて 動きなる

ダンプティ:この晶子は、小説「乱れ髪」の中で

君しにたもう ことなかれ

と、日露戦争で多くの男が天皇に命を捧げんと戦っていたときに、まさに山をも動かす発言をして晶子は非難されましたが、戦争社会で男性中心の中で、女も動き出すという女の力が感じられ、まさに河馬の尻も動き出す勢い。

ハンプティ:俳句会では、

鞦韆(ぶらんこ)は 漕ぐべし 愛は奪うべし三橋鷹女

50歳を越した鷹女は、世間の噂など気にせず、愛は、繰り返し相手を揺さぶって奪うもの、払う爛漫の季節に命の帆のを燃やしなさい」と、女の強さを詠っている。

三橋鷹女も時鳥の虚子の弟子でして

鞦韆に 腰かけて読む 手紙かな 虚子

の俳句に刺激されての歌かもしれませんね!

この鷹女という名前も勇ましいけど、「この鷹女にまさる」と、言われた歌会の大物、晶子と、妻ある身で、結婚したのが与謝野鉄幹は、

妻をめとらば 才長けて見目麗しく 情けある

なんて、大物の才女をもらって、調子に、乗っちゃってる!

二番には「バイロンハイネの熱なきも石を抱きて」と、戦争を支持する大丈夫ぶりを発揮している。

チイ:「友と交わるには、三分の侠気を持つへし」と、蔡根譚で言いっているけど、鉄幹は、

妻をめとらば、才長けてー 6分の侠気と4分の熱

更に、「爆弾三勇士の歌には、

廟行鎮の敵の陣
我の友隊すでに攻む
折から凍る如月の
二十二日の午前五時

鉄幹の忌わしき戦争鼓舞の心は、どうしたのでしょう!

君死にたもうことなかれ

と、戦争反対の妻との間の夫婦間の葛藤があったに違いないわ!

ダンプティ:一説によると、晶子には、反戦の詩や和歌は、特にないので、この詩に給うなかれは、トルストイの非戦論の論調を真似しただけの、「鬼面、人を驚かして奇功を納め夜討ちした者に過ぎない」と、避難されてもいますよ(比較文学新視界)

チイ:その話は初耳ですけど、ともかく、文学の道でも、

芭蕉のさびも喜ばず

と、鉄幹は、俳句や歌を軽視して漢詩や詩の大家なのに、妻は 和歌の道に進んでいる。

与謝野鉄幹は、旧来の宮中和歌の歌を否定し、益荒男の和歌を自負していたようで、

韓国にわたっていたときの歌

から山に桜を植えて から人に

やまと男子の歌うたわしむ

韓にしていかでか死なむ われ死なば

をのこの歌ぞまた廃れなむ

ダンプティ:鉄幹は、妻あるもで、明星の晶子や山川登美子とのスキャンダル等が暴露されて、世をにぎわしましたね!

鉄幹に対して糾弾する「文壇照魔鏡」スキャンダルが、世に出て、明星からの離脱者が続出した

その内容とは、「鉄幹は妻を売れり、少女を狂わしめ等と、全て鉄幹の卑猥さの具体的な経緯を暴露するもので、

この報道元は、新潮社とされており、当社のスキャンダルの起源は、此処にあるのではないかと、記述されている。

注:近代日本文学の誕生 坪内祐三 に詳しい。

晶子と結婚した後は、二人の歌い手が、互いに切磋琢磨しあって、仲睦まじく12人もの子をもうけていますね

語り合う胸の囁き

相見る目の光

その底には凄まじい暴風雨が

真剣に夫婦同氏同士が向き合えば、暴風雨は、たちまち勢いを得て、夫婦の関係も子弟の関係も一挙にして破れてしまうわけですね!

ハンプティ:しかし、与謝野鉄幹の大丈夫振りの歌と晶子の激しい女心の歌には、大きな違いがあるものの晶子の

春の水 君に馴れたる心とも

我がおもひとも見ゆる夕暮れ

の歌を詠めば、相愛の中であり、12人の子をもうけた、よき家族であったと思われる。

ダンプティ:12人の子育てに晶子も大変だったでしょうが、その間にも多くの歌を残している歌姫だったようです。

晶子は、家族に対して冷静に子供を見ていたようで、こんな歌をうたっていますね!

業成るといわばいえける子は三人

他はいかさまとならんとすらん

と、言わしめるのは、与謝野晶子だからこそかもしれませんね!

イカサマと母から歌われた子供が不憫では、あるが、果たして、孫である政治家の与謝野薫は、イカサマの家系だったのかどうか!

ハンプティ:歌詠みの華族というものは、大変なものですね、自分のことを親がどう思っているかなんて公表されてしまうんですから!

ダンプティ:夫婦の間では、互いに相手のことには、目をつぶっていなくては、夫婦なんて続かないものですね!

チイ:結婚しようと思えば片目をつぶらなければならないし、結婚しつづけるには、両目をだって、そんな寛容な人に私は、なれませんわ

寛容な心を持て

寛容は相手に屈服したことでない

隣国のことに我慢するのは

隣国への屈服を意味するのではない

政治家よ、民の安全を第一に

ダンプティ:ところで、先ほどの山口さんの句の、真っ直ぐな物が大好きなんて、一寸,エッチなことを想像しちゃいますね!

だから特別に大きく描いて差し上げました。

しかも大地を動かし、天空を輝かせている。

大きなる ものが大好き 犬ふぐり

ハンプティ:この仰向き姿で花火を見る男を見ると

野火つけて はらばいて見る 男かな 一茶 

の雰囲気ですね!

ダンプティ:それでは、花火見物と共に民族舞踊を披露し、花火の素晴らしさ楽しんで頂きましょう。

日本舞踊の手習いをインターナショナルにアレンジし、花火のリズムに合わせての手の動き、顔の動きを特に、ご覧ください!浅田真央の華麗なるアイススケートには及びませんが!

チイ:凄いこの踊り様、VIPクオリティ

ハンプティ:でもこれ、タイの踊りじゃないの!

バーベキューも電気ヒーターしか許されないから、変な踊りまでして訴えても花火は駄目よ!

ダンプティ:火事によって繁殖を行う植物もあるから、花火で多少の火事がないと植物の生命が脅かされることも知ってほしいですね!

チイ:地震、雷、火事、親父というけれど、火事も親父も

なければ、地球の生命体の繁殖が途絶えるとでも言いたいのでしょ!

f:id:ipapokada:20190322151247j:plain

ハンプティ:火事がないと儲からないって、火事泥棒か火災保険会社みたいね!

ダンプティ:ユーカリは、山火事を逆に利用して生き延びてきた世界でも珍しい植物ですよ!
山火事の季節まで、種を一杯実につけて火事になったら、火で炙られて殻が割れ、火事の後に一斉に発芽して子孫を残していく凄技、枯れてもしっかりと春の芽吹きのエネルギーをもっている。

ダンプティ:子孫を残すために、蟻は、ユーカリの種を土の中に種を貯めて火事の後に発芽する生物繁殖の神の技をもっているからそれに見習って春の芽吹きの種を賛歌しているのです。

ハンプティ:ここには、「バンクシア」という植物も自生していて、その果実は、割れない木質の殻で種を包んだ袋果構造で、山火事の熱で外側の固い殻がはじけて子孫を残す!

チイ:種袋というと春の花の形、色を色々と想像させる夢の玉手箱のようなイメージ、男の精嚢とは,かけ離れたものよ

春の旅 まだ蓋開かぬ 玉手箱

レインボーユーカリです。

チイ:虹立ちて忽ち君のある如し 高浜虚子

という名句があるけど、年老いてもこんなにも美しいとおっしゃりたいのね!

ところで、こんな美しいユーカリは、ここでも見られるかしら?

ダンプティ:ユーカリは、枯れても銀色の肌を残してキラキラと輝いて存在感があるではないですか!

チイの炎も火遊びを見て燃えているけど、ネットに上げて炎上するかしらと、心配する心が人間を臆病にしている。

淫らなものを好きな人もいるから、私のサービス精神に火が付くのです。

旅に来ての命がけの国際貢献ですから!

またの夜は 旅の花火師 命がけ 佐藤鬼房

チイ:小説家もアワヤノ境界仙を超えると、人権侵害とか、エロ師とか、避難されて命がけだと思うけど、何事も分別あってのことですから

ダンプティ:シェクスピアは、

「勇気の最上は分別にある」と言ってますから、見せる勇気も大切な生き方、分別のある範囲で、開示してまいります。

 滅びゆく 神よ森火事 人殺し

シェクスピアは、死にかた、人殺しの方法を色々と劇作しているから、その生没は、ヒトゴロシ(生誕:1564)イロイロ(死亡:1616)と覚えればいい!

チイ:受験に使った歴史語呂合わせね!

良い頃じゃない(1156年) 方言なおしても  は、保元の乱で、後白河天皇と嵩徳上皇の争い、武士が助けを出し、武士が勢力を高めていって、

イイコック(1159年) 平常心を忘れません 

保減の乱で力をつけた平清盛源頼朝との武士同士の政権争いである平治の乱で清盛が勝つ。

そして、奢れる平家も久しからずで

いいやこれまで壇ノ浦 1185 壇ノ浦で

平家滅亡につながる一連の歴史をゴロ合わせしましたが、如何でしょう!

ダンプティ:流石、お受験で勉強された奢れるお方違いますはね!

チイ:奢れるお方といえば、

祇園精舎の鐘の声 

諸行無常の響きあり

沙良双樹の花の色

盛者必衰のことわりあり

奢れるもの久しからず   平家物語

チイ:ダンプティの奢り様も何時かは、平家と同様に沈没なさるはずから、良いゴロ合わせの遺言句等ご用意されておく必要がありそうね!

ダンプティ:いつも得意気に俳句を作っている私も、「嗚呼何と下らない愚作バカリ」と後世の人に言われかねませんからね!

チイ:上手くできた福笑いで笑ってもらえたときのような詰まらなさ、こんな下らない愚作作りに精を出して、どんな意味があるのかしら?

下らない 句を作りては 喜べる こんな男は 哀れなりけり

ダンプティ:何のために意味なんか求めるのかね?

人生は、願望なんですよ、意味なんか何もない。

チイ:それって、チャプリンの名言だと思うけど、本当よ!

次々と愚作とも思える狂句をつくり続けた「山頭火」も、死後には、現代的な作風と高い評価となっていきまたから、頑張って句作りに精を出して頂きたいわ!

ダンプティ:励ましのお言葉ありがとうございます。

それでは、今年は千句目標にして励みます。

ハンプティ:かさねつつ 千句目標 生身魂

と句作りに燃えていらっしゃるダンプテイ、今度は、燃える情熱に火がついて裸の火消男に変身で、ございますか、「山頭火」みたいな感じで頭から火か燃えあがっているわ!

心頭滅却すれば、火もまた涼し

と,いうつもりだけど、火事を裸で塞ぐというありえない冗談!

いつも燃え続けてこそ人生だ

なんて豪語しておいて、今度は、火消し役で体を張って出るなんて、ユーカリの森のバークレー大学の先生みたい!

裸でなくて優雅なとこ見せてよ!

ダンプティ:冗談 冗談 冗談でございます。

チイ:もうとっくに冗談の上を通り越して

エロ談、猥談ではございませんかし

ダンプティ:いえいえ、それ程ではありません。

野火つけて はらばいて見る 男かな 一茶 

という俳句を想い出してのことです。

猥談も粋な俳句で相殺し

ということにして頂いて、ここは、最後に、笑い話でお許しを

8歳になる秋男が近所の7歳の春子とお医者さんごっこをやっている。

「私し、どうして赤ちゃん育てるか知ってるよ」

と春子は、自慢していった。

秋男は、でも子作りの仕方は、知らないだろと言い返した。

春子が父親のところへ帰って来て質問をした。

ハパ、私の歳で子供出来る?

父親は、とんでもない質問にとまどったが、

「勿論できっこないよ」と答えた。

春子は喜び勇んで、秋男のところへ飛んで行って、言った。

大丈夫だって、子供できないから!

チイ:ありふれた笑い話だわ!

ダンプティ:どうも、この手の笑は、理解していただけないようだから、真面目な話しでいきましよう。

枯れてもしっかりと春の芽吹きのエネルギーをもっているようになりたいね!

古稀にして 行くとこあまた 種袋

チイ:「古稀になってもまだまだ、いけるぞ」なんて、胸をときめかしている親父に相応しい一句

老翁や 春のときめき 犬フグリ

ダンプティ:春のトキメキですか、良いですね!

でも、老いぶれて、胸のときめきがなくなったらから情けない。

やれること やってしまって 種袋

ですは!

チイ:いやもう、この親父、大きなふぐりに、種袋を一杯もっている癖して、珍しく弱音を吐かれていますわ!

ダンプティ:この種袋、子孫を増やすためのものではありませんよ!

色々な種を探して、我が文学エッセーの話の種を集める種袋で有りますから、誤解を招くようなことを言わないでください。

蓄えた話の種で、どんな面白い話になるか胸がトキメキます。

老翁や 慣れぬときめき 種袋

チイ:色小説を一杯読み焦っているから色種がいっぱいあって、色話もできるって訳かしら!

チイ:その話のネタって、「寝たの種」では、ないでしょうね?

ダンプティ:馬鹿いっちゃいけません、寝るのはオンリーワンですから、そんなで色の寝た種を実らせたら、離婚問題となっちゃう。

ここのネタは、種を裏からみたものですから、ネタも種も同じです!

種撒きもどんな形のどんな色の花が咲くか楽しい夢があるじゃないですか、種袋ってやつは!

古稀にして 色ある夢や 種袋

ハンプティ:古稀にして春の芽吹きとは、どんな夢なのかしら?

ダンプティ:蟻は、ユーカリの種を土の中に種を貯めて火事の後に発芽する生物繁殖を手助けする神の技をもっているそうです。

これに匹敵する春春の芽吹きの夢であります。

ハンプティ:ここには、「バンクシア」という植物が自生していて、その果実は、割れない木質の殻で種を包んだ袋果構造で、山火事の熱で外側の固い殻がはじけて子孫を残すってね!

チイ:生物界では、子孫を反映するための不思議な営みがあるわけですね!

派手やかに色に形に 種袋

ダンプティ:ところで、火事になったら風神雷神となって、水と風で火事を吹き消す手もあるかな!

チイ:台風って右巻きだってね!

どうして日本の台風と異なるの?

台風は、北半球の日本だったら、左だけど、南半球では右巻きになるのよ、洗面台の水抜きの渦も同じ原理よ!

これは、「コリオリの力」と言って、地球の自転において赤道の方が、極地よりも強い遠心力が働くからですね。

朝顔の蔓の巻き方も違うらしいけど、この理由は解明できていない。

ハンプティ:理屈は兎角、「神風特攻隊で自滅する日本男子、ここにあり」なんて、時代錯誤の漫画、よしてよ!今は21世紀ですよ!

チイ:ところで、話を戻すけど、メルボルンの郊外を旅すると、どこもかしこも羊だわね!

ハンプティ:それにカンガルーやウオンバットも道路に飛び出してきたりして

残念なのは、コアラは、あまりいないのよね!

ダンプティ:コアラの保護村にいくとユーカリの木にコアラが居眠りをしてますよ!

チイ:コアラも眠ってばかりだけど、ユーカリの葉は、栄養価も低く、毒を消すために20%も余計にエネルギーを消費してるんだって、

それで、ユーカリの葉を大量に食べなくてはならず、一日に20時間も睡眠してエネルギーを消費しないようにしているらしいよ!

ハンプティ:居眠りばかりのパンダチヤンが栄養価の少ない竹を大量に食べるのと似ているわ!

ダンプティ(ダンプティ):

チイ:独活の大木ではないけど、ユーカリの木に寄り添っているのは、グレートオーシャンロード沿いにあるケネットリバーのコアラさん「ホックリホックラホックホク」という感じで、ユーカリの葉っぱをリスのように手で持ってムシャムシャ食べているの、とっても可愛いかったけど!

ハンプティ:コアラのお腹って、デップリデップラボヨンヨンとダンプティのようにお腹にダンブクロをぶら下げて締りがないのよね!

何時も眠むそうなのも良く似ているし!

ダンプテイのそのズングリムックリは、なんですか、どこがヒップかバストか区別が出来へん

秋深く 眠るコアラの 丸みかな たかお

なんたるやこの逞しい肉体の権化

神からの英知と勇気の授かり物

この肉体の歴史は変わることなく

美しくそして力強くいつまでも

チイ:そういえば、ユーカリとカラマツが似てるように、コアラとパンダは、なんとなくよく似てるわね!

ユーカリの林を過ぎて

ユーカリをしみじみと見る

ユーカリはさびしかりけり

旅ゆくはさびしかりけり

ロン:これって、北原白秋のカラマツの詩ですよね!

ダンプティ:それでは、ロンさんに置き換えてみましょう

題:ロンと二人旅して

禿げ頭をしみじみと見る

禿げ頭さびしかりけり

旅行くはさびしかりけり

二人で居たれど まだ淋し

一人になったら なほ淋し

真実二人は やるせ無し

真実一人は耐えがたし 

ハンプティ:こんな自然派北原白秋も姦通罪で恋人の俊子と共に、牢獄生活をされていたとは、信じがたいわね!

こんな歌を残している。

悲しきは 人間の道 牢獄の道

馬車の軋みて 行く小石道 北原白秋

示談が成立して、牢獄から

解放されても俊子は牢獄の身、白秋の名誉も失い、悲しい真教を白秋は詩にしている。

野晒

死なんとすればいよいよに

命恋敷くなりねけり

身を野晒になしはてて

真の涙今ぞ知る

人妻ゆえに人の道

汚し果てたるわれなれば

止めて止まらぬ煩悩の

罪の闇路に踏み迷う  白秋

その後も俊子からの未練がましい手紙が届くが、

白秋は、こんな手紙で、俊子に返事をしている。

―――今更なにが恋しかるべき、

嘘偽りも大抵になされたし

今度逢わば、お前様を殺すか

一生忘れぬほどの快楽を快楽を「お前様に与えるか二つに一つに御座候

拙者ごときに未練を起こしたもうな

お前様の不幸なり

今度はお前様の元情夫が泣き申し候

この「ように一度は、俊子を突き放すような心情を吐き出しているが、その後の二人の手紙のy利鳥で、一緒に生活を共にするようになった。

ダンプティ:北原白秋の暗い世界をみてしまいましたね!

雨は真珠か夜明けの霧かそれともわたしの忍び泣き 北原白秋

この悲しい城ケ島の雨の詩も姦通罪として訴えられた頃の心境であろうか、悲しい叫び声

手のつかぬ 月日豊や 初暦 吉屋信子

歳をとっても新しい暦に夢を膨らませるようにしたいですね!