ハンプティのブログ

ハンプティ・ダンプティのように、いつもずっこけぶりを発揮しています。

ダンプティの錦糸町思い出日記ーその2

錦糸町も最近になって、半蔵門線が通過するようになって賑やかになったけど、本当は、東西線がここを通過されるよう計画されたけど、地元民の反対で、東西線は少し南を走ることになったそうで、反対がなければ、もっと、賑やかな街として発展したと、思われますね!

と、錦糸町大好きダンプテイの錦糸町の謂れを語り始めると、

長話を牽制して、そんな錦糸町の謂れなんて、チイにとっては、どうでも良い話しよ、錦糸町生活では、随分面白い経験をしたみたいだけど、噂によると、錦糸町は、とても怖い街だともいうけど、そんな話はないのかしら?

錦糸町での単身生活を8年も経験すれば危険なことも多少はあるものですよ

そうそう、こんなこともありました。

ダンプテイのマンションは、錦糸町の駅のガードの下を潜り抜け、横十間川沿いのマンションであり、たどり着く迄までに10分もかからない。

その間には、風俗店も多く、その誘惑を避け避け帰るというわけである。

ロッテ会館の前の辺りで、30歳程の若者が私の方を指さして、「この親父を何とかーー」といって、私の前に立ちはだかり、別の若者が私の後ろの方から、取り囲んで、何か分けの分からぬことを言いながら絡み始めた。

最近「親父狩り」という言葉を聞いていたので、これは、「やばい」と色を失い、機敏に若者の脇に移動して、前に立ちはだかっていた「ならず者達」の間を潜り抜け、養老の滝なる店の中へ駆け込み難を逃れた。

我ながら機敏な動きが出来たものと思うが、そのまま、こんな輩とつきあっていたら何か危険なことに遭遇したであろうと思うと、ぞっとする。

チイ、そんなの全然

興味ないわ、もっと、「胸キュン」のスリルあるような話は、ないの!

それでは、「長さんマッテタホイ」と、ばかりに、「チイの御要望にお答えして」と、ダンプテイが、再び語りだす。

すっかり夏らしくなっているのに、黒のダブルに赤いネッカチーフで身を固め、一見して西田敏行に似た紳士と錦糸町のスナックでカラオケを歌いあって息投合したことがありましてね、

この紳士の名前をママが真砂さんと呼んでいた。

ダンプティが「月の砂漠」を歌うと、その紳士も一緒に歌いだし、飲んだ勢いでハグしてくる悪い気持ちはしないから、こちらも、ハグ返しをするなんて、雰囲気で意気投合しました。    

帰りには、「今日は最高に面白かった!」

是非とも勘定を払うといわれ、その行為に甘え手ごちそうになったが、いかにも金持ちそう。

更に「新宿2丁目に良い店があるからタクシーで」と、誘ってきたが、夜も遅いので、断った。

小さな娘がいると聞いていたので、御馳走になったお礼に、自宅にあった50Cm程のセルロイドキューピーを先日のスナックにいって、ママに「先日のお礼ですから手渡して下さい」と頼むと、そのママ、「関わらないほうが良いわ!ですからそのキューピーは、私の娘に下さい」と言う。

言葉のはずみで嫌とは言えず、渡してしまった。

ママがいうには、「錦糸町での地下鉄工事が煩いとゴネテ工事会社から数年間も無料でマンションに住んでいる」という話である。

その後、錦糸町楽天会館のサウナ温泉で入浴していたとき、背中一面に怒龍が玉を抱く刺青をした男がいて、凄い刺青だなと、覗いてみとると、何と!先日のスナックでハグし合った紳士である!

まさしく、ヤクザの態、びっくり仰天ギョギョギョである。

刺青や 怒龍の爪は 玉抱

それに、石川右衛門が、龍に立ち向かう姿が、勇ましい。

それでこの人が真砂と呼ばれていた訳が、分かった

石川や 砂の真砂が尽きるとも 世に盗人の種は尽きず

ダンプテイ、これは、やばいと、すたこらさっさと、サウナから逃げ帰ったというわけ!

それにしても、ダンプテイ親父、我が家のハンプテイ狼には、恐れをなさぬのに、やくざと蛇には襟巻蜥蜴で,臆病でございますね!

ハンプテイを狼だなんて、チイは、なにを申されます、ハンプテイは、優しい子羊なのに!

いえいえ、ハンプテイ狼は、恐ろしい、ダンプテイは、毎晩のように、ハンプテイの監視を恐れて、生活をしていたんですよ

何、そのハンプテイ狼の話って、チイ興味あるから聞かせてよ!

それは、ダンプテイが錦糸町での単身のマンション生活をしていた頃の話でございます。

その頃、流行りだしたのが、携帯電話で、どこに居てもハンプテイからの呼び出しベルが鳴り、便利なこともあるが、これが逆に煩わしいこともある。

特別の会話もないから自然と、「今どこにいるの?」とか、「今何やっているの?」とか、の会話が精々である。

電話を切っておけば、余計にハンプテイに怪しまれてしまう。

こんな夜更け時に、ダンプテイ親父の不在を告げるベルであれば、

どこで、飲んでる 誰と酔っている 俵万智

余程、狼親父が錦糸町の夜にふらついて、悪いことを覚えは、しないかとハンプテイは、心配になるわけである。

錦糸町 フララ フラフラ 夜の露

この俳句について、ハンプテイがもの申される。

ダンプテイの錦糸町でのフララは、不埒ということで、夜になると、急に元気になって、彼方此方とふらつく親父のことよね!

夜明けまで洒落ようか

言い夢をくれるならどこへでもついて行く

明日は淑女に戻るから今夜だけ 今夜こそ

恋の契の今夜だけ

錦糸町エクセレントナイト

注:この詩は、エクセレント高松より引用

街を彷徨とするダンプテイ狸には、家族皆んなが化かされるのよ!

ダンプテイもこんな家族の悩みにも耳を貸さないで

単身生活は、夜になると人恋しくなってね!

茶店、飲み屋、スナック等にふらつくことが多いから、ハンプテイからは、「喫茶店は、タバコの煙が良くないとか、コーヒーの飲み過ぎは体に悪い」等と言ってのお小言がダンプテイには煩わしいんですよ!

携帯の 会話の軽さ アドバルン

カラオケをやっているときに、携帯電話がなってきたので、とっさに外に出て、いつものように「今どこに居るの?」と聞かれ

携帯が 鳴るや今どこに 狼狽えて

とっさに、狼の叫び声が恐ろしくて、ついつい、「マンションにいるよ」と、答えてしまう。

「それでは、4チヤンネルテレビ回してみて」と、狼は聞くのである。

それで「嘘」が直ぐに、ばれてしまって、本当にハンプテイは、感が良いから困ってしまう。

ほんとにお前は感が良い

お酒は温るめの燗が良い

女は無口な人が良い

だから、ダンプテイは、矢代亜紀が歌う舟歌のように無口な女に憧れるんです。

嘘だと分かっても「涙の操」みたいに、殿様キンングの心変わりを待つような女なら、なお良いですがね!

だれにも 心かわりは あるけれど

あなたを疑いたくない

鳴かずに待ちます いつまでも

おんなだから  千家和也 涙の操

「携帯電話の位置情報を「つけて監視をしようかしら?」と、ハンプテイ言いだすが、それだけは、勘弁してほしい。

題:携帯の呼出し会話

花子:あんた、今、どこに居るの?

勝夫:マンションでテレビみているよ!

花子:ジャー4チャンネル回してみて、何やってるかしら?

勝夫:―――???

花子:嘘は、直ぐばれるわね、また歌代のところね!

早く帰ってきてね!

今晩楽しみにしているから♡

歌代:旦那は、取り込み中よ、一汗かいてらっしゃるの!

勝夫:お前は、宝だよ、我が家の家宝だよ

かほうは、寝て待てというだろ!

今晩は遅いから 寝て待っててくれよ

花子:えっ、下方は寝て待てと言うこと!

馬鹿馬鹿しい、金輪際寝てやるもんですか

ダンプテイの話を戻しますが、マンション生活で困るのは、風邪など患って一人で、寝ているときである。私は気管支が悪いので、風邪をひくと悪化する体質で、いつぞや、息苦しいことがあり、「こんな状態だからマンションに早く来てほしい」と、正岡子規が歌った

糸瓜咲て 痰のつまりし 仏かな

の心境で、携帯電話で呼びつけたことがあった。

電話を受けてから2時間も経ればマンション迄来られるはずなのに未だ来ない。

未だ来ぬと壁に囲まれ風邪に寝て

4時間もかけて来たので、「どうしてそんなに時間がかかったのか?」と怒ってやると、「犬に餌を上げて、散歩してきた」という返事。

どうやら、ダンプティからの電話での呼び出しは、狼が来たという感じで、「また、嘘か」と、思われて真剣になってもらえない。

「犬と俺とどっちが大切か」と、ハンプテイを叱りつけてやったが、考えてみると、このようなことは7年ほど前に帰宅途中で胸が苦しくなり、女房に「肺に穴が開いているみたいだから」と、言って、女房の車で病院まで直行させ、居並ぶ待合い客に、肺に穴がー」と、言って最優先で診てもらったことがある。

どういうわけか、先生に診断を受け始めると、痛みが無くなってしまい、先生から「何ともありませんよ」と言われてしまった。

帰る途中にお腹が空いて、「どこかで飯を食べて帰ろう」と、言って大食いをした。

苦しさも 女房みれば 忘れけり

狼様の威力は、絶大である。

顔を見るだけで、命が蘇る、ああ有難き大神様狼様!

「ハンプテイとダンプテイ、意外に中が良いじゃないんですか、見直したわ、これだったら、なんとか、残りの人生30年は、南東か無事にすごせそうじゃないですか!」とチイが口を挟む。

いやいや、それがダンプテイには、恐ろしい女難の占いがありましてーー

話せば、この占いの話長くなりそうですが、簡単に語れば、こんなこと、

勤め先の南口のビルから、我がマンションまでは、四つ目街道を総武線の線路下ガードを越してロッテ会館の前を通り抜けるわけですが、此処は薄暗い通りとなっていて、そこには、いつも、黒い服をまとった占いの女が、座って交通人に「占いしますよと、声をかけていた。

ある時、仕事の「ことで、少し気になっていたことがあったので、青いスカーフを巻いていた占い女に手相をみてもらったことにした。

その占い師は、私の手をナデナデして、「おーこの手は、柔らかくて気持良い、「サラリーマンだわね!」とおっしゃる。

鉛筆しか持ったことが無い者が、肉体労働者であるはずもなく、当たり前田のクラッカーと馬鹿にしていたら、ついて出た言葉は、何と驚く、「貴殿は、女難の相がある」と、恐ろしい。

秋たつや 何に驚く 占い師

元句 秋たつや 何に驚く陰陽師 蕪村

どっきりするような占い師の言葉、デビルとの出会いが女難なのか、これからもっと酷い目に合うのかどうか分からないが、兎に角驚いた。

そう言えば、この占い師の女が占いをした道路の辺りは女難の道と言われていて、キャバレーの客引き女が屯している場所であった。

ハンプテイは、その占い師が「女難」なんですよ、

こんな胡散臭い自称占い師に騙されて、3000円も掠め取られるなんて、と申される。

宗ハンプテイに言われても、こんなふうに、スパッット決断をしてくれる占い師には、真実性がこもっている気がして、何か飛んでもない女難に遭遇するのでは、ないかと、不安になるわけである。

いまのところ、女難らしきことは起きていないが、それ以来、この路を通過する旅に、女難、女難と、きになり始めて、ここを女難路と呼ぶようになった。

これは、ハンプテイとの間での離婚騒動もありゃかしないかと、ハンプテイに、この女占い師の話をすると、「そんなことがあれば、ハンプテにとってはラッキーカムカムじゃないですか」と、他人ごとにように申される。

今度は、ハンプテイと、駅北口を歩いていたら、駅前広場で書道占いとやらを若者がやっていた。

その占い師が、客の顔を暫くじっくりと、眺めて、その顔から現れた一言を色紙に書き込むと言う占いである。

先の女占い師の「女難の相がある」という占いの真相をここで、確認したらどうかと、ハンプテイに促され、それではと、占いをしてもらうこととした。

半信半疑で、その占い師に顔を差し出すと、その若者、数分間、じっとこちら様の顔を見つめて、占った結果を色紙に書いた言葉が、一言、「鋭い洞察力と真実を見抜く目で表現・発表してこそ、人生」と、かいてある。

独活そのころ、エッセイに興味を持ち始めて、なにかと、文章を表現することに熱中していたので、全身が震える感動を覚えてしまうから不思議!

それからというもの、エッセイへの取り組みに一段と、集中するようなになったわけ!

それにしても、前の「女の女難に遭遇卯するという予言より、この若者の占いの、ラッキーな

一言こそ、占い師に見てもらったほうが、百倍も価値がある。

占いでも、おみくじとは、違い、人相から見た、印象と「言われれば、なおさら、信じ込んじゃって、勇気が湧いてきて、医者の処方箋より効果があることもあるような気がしての占い事件である。

こんな過去の出来事をハンプテイは覚えているので、どうもダンプテイの言動が大袈裟な嘘八百だと、信用されていないのが原因であるらしい。

ハンプは、記憶力が良いからダンプのこと御見通しなのよ、と、娘のチイにも言われる始末

確かに、最近のダンプテイの記憶力は、最低だけど、ハンプテイの記憶力は、ダンプにとっては最悪だね、だって、退職したら飛鳥の世界旅よ、なんては、心なことをスカツト忘れてしまって、些細なダンプテイの過去の言動だけは、しっかり覚えていらっしゃる

世界旅 スカット忘れて レモン水

ダンプティだって、いつも[財布、メガネ、時計はどこだ?、なんて、うろついている癖に、そのうち、ガスの元栓締め忘れしないかと、ヒヤシンスだわ!

痴呆症 ガスの元栓 ヒヤシンス

単身の詫び住いの帆部屋では、ダンプのガス栓の元栓を締め忘れて、屁等をこいていると、もう窒息死思想で大変なもんですよ

ピーと鳴く 尻音悲し 夜の鹿 芭蕉

だから、オナラは出ないよう、しっかり元栓を締めておりますから!

f:id:ipapokada:20190319093618j:plain

ダンプテイは、痔の手術をして肛門筋も衰えて緩みっぱなしだから栓を締めるなんて無理な話し、

糞切れも悪くて、「痛いの何の」の涙のトイレでございます。

痔の病でのトイレ程、辛いものはないそうですね!

厠では 紙を手に持ち なくばかり

と、ハンプテイの発句にダンプテイルの付けは

親のゆずりの 太刀ぞ錆びける(犬筑波集)

と、どんでん返しで泣くのは、大便だけでは、ありません。シッコの出もチョロチョロで、勢いがありません。

糞尿の もう遠くまで 飛べぬ冬   エンケン

マー可哀そう、こんなダンプティ親父では、夜のお出かけは、無理というもの、チイの家に引き取らせて頂ただこうかしら!

いやいや、ダンプテイは、まだまだ、錦糸町の夜を楽しまなくては、チイの家で、娘による監視生活は、持ってのほかですよ!

まだまだ、ダンプテイは現役でございます。

この錦糸町の駅前ライブでの月琴弾きのライブを見て下さい、恰好良いでしょ!

嫌だわ、ダンプテイのモンキーの楽器弾き登場と言う感じ、鼻の下だけでなく、尻尾も伸ばしちゃって、チイもビックリ! 

いえいえ、こんなライブ生活も楽しいだろうと夢のライブを絵に描いて自己満足してるだけですから、実際にこんなことしたら直ぐにハンプ一家から破門されてしまいます。

勿論ですは、とハンオウテイ

ハンプテイの監視がきいてるから、いいけ

ど、それこそ、監視の手が及ばなくなったらMAYAレベルも上昇しちゃって、歯止めが効かなっちゃうからダンプテイは恐ろしい。

ところで、MAYAって、どういう意味なの?

とハンプテイの質問にハンプテイ

錦糸町駅の北口前には、MAYAというブチックがあったのは、チは、知っているけど?

f:id:ipapokada:20190319093718j:plain

この言葉、デザイン界では、よく使用される言葉で、MAYAは、Most Advanced Yet Availableの略で、最も進歩的なレベルだけど、世の中から許容されるレベルということ、

「いいデザインは、MAYAレベルが良い」、というわけ!

例えば、錦糸町マンドリンの乞食芝居だったらOKだけど、錦糸公園での野糞垂れのレベルまで来たらアウトと、いうこと!

そういえば、ダンプテイ、マンションで、これはアウトという事件があったのよね!

その経緯をハンプテイが披露しちゃうわ!

いつものように錦糸町のスナックでカラオケなんぞして、随分と、飲んだくれ、マンションにダンプテイが帰えったの。

自分の部屋のドアの鍵を回してドアを開けると、なんと驚いたことにいつもの雰囲気が違う。

鍵穴を 開けてビックリ どちら様

いくら酔っぱらっていたとしても、これは、我が家ではない。

確かめてみると、ここは、903号室、我が家は803で、間違いに気が付いた。

幸い留守のようなので、ここは、

知らぬが仏 ほっとけ仏 キリギリス

そそくさとドアを閉めて、逃げ帰った次第である。

マンションの鍵もいい加減なもの

「自分の鍵で他人のドアが開いてしまったのが、そもそもおかしいことなのだ」と、自らの非を他人のせいにして、ともかく無事に、この事件は終わるかに思えた。

しかし、翌日のマンション管理人の窓には、

「昨晩、不信な者がドアーを開けて盗みに入ろうとした者がいます。

心当たりの情報のある方は、お報せください」と、赤い張り紙が!――

勿論、情報提供をするべくもなく、内緒のこととしたが、仮に、カメラのでも撮影されていたら言い訳無用のとんでもないことになった」というダンプテイのマンション事件

こんなハンプテイの旦那の暴露話を聞いていたチイ、「マー夜に帝王と、呼ばれだけあって、他人の部屋に侵入とは、たまげた話で、仮に、カメラのでも撮影されていたら言い訳無用の飛んでもハップンになるところね」と、チイもあきれ顔

いえいえ、もっと上手の夜の帝王が友人にいましたね

同僚の夜の帝王と名付けていた今岡さん、馴染みのスナツクにお連れしたら、この店に初めてだと、いうのに、「オッパイ大きいね」とか、なんとか言って、触っているその手を跳ねのけて、

股膝3年 尻八年 オッパイ触るは 18年

と、叱ってやりました。

チイは、夜の帝王の話なんて、ウンザリなの、モットロマンチックな恋の話なんかダンプテイには、ないのかしら,マーある筈はないから、こんなこと、おねだりしてもむりだけど!

いえいえ、ダンプテイを甘くみたらいけません。

それは,それは、ダンプテイが若かり、し40代の頃、錦糸町楽天地の近くのマンションに住んで居たの頃の話です。

朝の通勤時、エレベータに、向かう通路の途中にある別の部屋のドアが開いて、おばさんが、「おはようございます、通勤ご苦労さまです」と、丁寧な挨拶をしてくれる。

通路での出会いは、偶然かと思っていたら、それが、頻繁に起きるようになったわけ!

優しい言葉に甘えて、「おはようございます」と、挨拶を、お返しをする日が続きました。

仕事を早めに終えて帰えったある日のこと、マンションのエレベーターで出会わせたその叔母さんは、買い物籠に白い手を入れて、

「お林檎一つお如何ですか」

と、独り者への気遣いか、黄色い林檎を手渡されてしまった。

それって

やさしく白き手をのべて

林檎を我に与えしは

薄紅の秋の実に

人恋ひ初めし 初めなり 島崎藤村

と、いう恋の台詞じゃない!

俳句的には、

君恋し 籠よりいでし 黄林檎

,ということかしら」と、チイの俳句が飛び出す。

君恋し」というか「林檎の黄色が濃い」というか、実に旨いチイの俳句!と,ダンプテイが褒めると

こんな林檎をチイに、手渡しされたら

君恋し あんたのハート 鷲掴み

いやいや、鷲掴みだなんて、チイとしたことが、 「首ったけ」と、した方がよかったのかしら?

「それにしても、ダンプテイ林檎一つ貰っただけで、こんなに大騒ぎするとは、ダンプテイも余程愛に飢えておられたわけね、可哀そう」とチイに同情されてしまうしまう始末

ところで、錦糸町のスナックの話に戻るけど、スナックママのサービスも行き過ぎて困っちゃうこともあるんですね!

ここのママ、ダンスをお客と一緒にすれば、最高のサービスをしたと勘違いされている。

ダンスにあうような曲をかけては、「ダンスをしましょう」とダンプテイに近寄ってきて、シャルウィーダンスと手を出してくる。

「マアー良いか」と、喜んでいるかのような振りをしてダンスをするが、大きなグローブのようなオッパイを押し当てられてのけぞりながらの腰振りダンスで、我が身は、与太つくばかり、

それに辟易するのは、ブアゾンとかいうクリスチャンディオールのお化粧の匂いが漂ってくるから、開け広げたままのビッグなおっぱいなど覗き見できるわけがない、

顔が近寄らないように反対側に顔を向けてその曲が早く終わらないかを願うばかり!

「マアー良いか」と、喜んでいるかのような振りをしてダンスをするが、大きなグローブのようなオッパイを押し当てられてのけぞりながらの腰振りダンスで、ダンプテイは、与太つくばかり。

さてさて、ここからは、このダンプテイの語りに対してのハンプテイとチイとの会話を続けます。

チイ:そうだったら、「ダンス嫌いです」と、きっぱりと断れば良いのに!

そう言われても、気弱なダンプテイは,それが出来ないんですよ!

素敵な女性には、ダンスは、どうですかなんて、こちらから誘いを掛けたりしているから、嫌いと言えば,ウソになるし!

ハンプ:そんなに嫌だったら、そんなスナックに行って、御金をばら撒かなきゃ良いのに!

ダンプ:御金は肥料と同じでバラマカナクチャ、良い花も咲かないし、実もならない。

お金もダンプテイの肥(こやし)なんですよ!

 

ここから

酒場にいけば月が出る

犬のように悲し気に吠えて飲む

酒場に行けば月が出る

酒にただれて魂も転げ出る 室生犀星

ハンプ:そんな肥やお金の肥やしだったら

尽くしても へくそ葛か 野菜畑

碌な野菜ができやしない。

ダンプ:錦糸町は、面白い街、第三の故郷

我を、錦糸町お素ダンプテイの肥やしで、ここまでよく我慢して育ててくれました。

ネオン街 錦糸町こそ 恋しけれ、スナックのママ 錦糸掘のボート 

チイ:そのボートとやら、夜に舟を漕ぐとは、白河の夜舟、それとも錦糸公園のブランコ(鞦韆)を漕ぐことかしら?

ダンプ:鞦韆はこぐべし愛は奪うべし三橋鷹女

の名句がありましたけど!

なんと、大胆な歌の表現、明治にも強い女は、いたんですね!

この名句は、鞦韆という中国の宮中の春の遊の季語を用いて,その艶なる雰囲気を醸し出し、色々と夜の世界を想像させてくれる。

チイ:この三橋鷹女さん名前も鷹とは、夜鷹に通じて恐ろしい!

それでは、この鷹姫に匹敵する漢詩をダンプテイ親父を励ますべく御披露させて頂きますわ!

春夜一刻値千金

花に性交、月に影

歌管老人声彩々

鞦韆陰落夜沈沈

なんて漢詩がありませんでしたか

ダンプ:なんですが、ご老体でも性器凛凛、ヤッタルマンでは,ございませんか!

これこそ、助平根性の娘が犯す罪な過ち

電報の間違いと同じ類ですね

旅行帰りの旦那からの電報「ツマデキタカエリオクレル」を妻が受け取り、本当は、「津まで来た遅れる」だけど、猜疑心のある妻だから、「妻できた」と、びっくり仰天をしたとか!

ところで、この漢詩もこんな卑猥なものでは、ありませんよ、正しくは、

題:春夜で 蘇東坡

春宵一刻値千金

歌管楼台声細々

花に清香あり月に影あり

鞦韆院落夜沈沈

ブランコがある中庭の夜は、しんしんと更けていくというイメ-ジ

ハンプ:ところで、舟を漕ぐとは、嫌らしいけど、こんな都都逸もあったかしら!

久しぶりだな 何からしよか

お燗つけよか 帯解こか

わたしの小舟に あなたを乗せて

いくもいかぬも 竿次第

女性と夜のブランコ遊びを楽しんだなんて官能的ですわ!

春の夜や 同じリズムで 舟を漕ぐ

なんだか似てる ブランコの夜

こんなでかいお腹の男とのブランコなんてぜったいロマンでなくて

貴方は私のなんなのよ!

絶対にそのうちに落馬するから!

ブランコに 乗せてどっかり お腹が

揺れる おかげでお通じ ツルツルル 

それにしても、この漢詩の「夜チンチン」から始まって、お通じツルツルルなんて、ダンプテイの世界は面白い!

ダンプ;ところで、錦糸町横十間川をホイホイと大学生のボート部員ボートを漕いで行く音で、休日の目が覚めたマンションでの単身生活が懐かしい。

題:錦糸掘住民親父の懐古歌

なりふりかまわす 隅田を渡り

住んでみました 錦糸掘

なりふりかまわずスナック通い

それでもてぬは 何故ならん

夜もちんちん 夜寒が辛い

チイ:そんな辛いダンプテイの憂き身を、と墨田川に身投げような悲しい話は、止めてくださよ!

ダンプ:辞めるわけにはいかない事情がありましてね、死に際の往生といったら、最近は、死にたいとか、自殺したいとかをブログにあげて手助けを求める女性が溢れているとか!

僕も家族に虐められ、携帯で一緒に身投げする人を募集しようかと思ってまして!

ハンプ:それだけはやめてください。

こんなブログ情報を見て、これ幸いと、お手伝いさせて頂きますなんて、女が現れて、下手すると、預金通帳を全部まきあげられてしまいかねない。

ところで、死に際まで、お友達募集なんて、寂しい限り、人と人とのつながりが薄くなっていますから、誰も相談する人がいないのかしら!

訳の分からない顔も見えないブログの相手の言葉を信じるなんて、信じられない世の中ですね!

言葉は発芽する 瓦礫の下の大地から

昔ながらの訛 走り書きの文字

途切れがちな意味

言いつくされた言葉が 苦しみながら蘇る

悲しみゆえに深まる

新たな意味へと 沈黙に裏打ちされて

 谷川俊太郎  言葉  一部

ダンプ:隅田川への身投げといったら、こんな思い出があります。

錦糸町のスナックで、時折、顔を合わせる若者がいて、何時も静かに酒を飲んでいて、挨拶程度に言葉を交わしていた。

暫く、そのスナックに久しぶりに店に顔をだすと

本日は、特別休日と飲みやの看板に

昨日 一緒に 酒を飲みかわした青年が

大川(隅田川)で身をなげたとか

急いで、川べりに走った

既に青年は、亡骸となって

白い布で覆われていた

何ゆえに、何ゆえに、急いだのか

こんな若き青年が、何ゆえに

青年の面影は永遠に

その日も、鴎が川面を舞っていた

秋の暮れ 旅の終わりの 鴎どり

この詩を俳句で総括すれば、

けふからは 日本の雁ぞ 楽に寝よ 一茶

こんなことになるとは、何と悲しい。

飲み仲間にさえ、自分の悩みを打ち明けられなかったのか、自分ももっと、深く話しをすればよかったと思った訳である。

チイ:そんな話を聞くと、隅田川も蛇のように薄気味悪い川に見えてきます。

ダンプ:蛇は、その体に足や爪を備え、あるいは翼を持つ生物に衣替えして、龍となり人を呑み込むイメージ!

金龍山畔 江月浮ぶ

江揺らぎ 月わいて 錦龍流る

篇舟とどまらず 天水の如く

両岸の秋風 二州を流る

f:id:ipapokada:20190319093824j:plain

ここで言う金龍、今の隅田川の近くの錦糸町に職場がありましたから詩吟の会では、この服部南山作の漢詩をよく吟詠していましたね!

浅草金龍山から東を見ると月に照らされた川が錦のように光り輝いてを流れている。

錦糸町は、今では、賑やかな町ですが、錦絵には、江戸の東の果て、この辺りは、こんな裏寂しい景色で描かれています。

チイ:錦糸町って、何か華やかなイメージだけど、その名前の謂れは、何でしょうか?

ダンプ:錦糸町界隈は、隅田川に流れる小さな掘川がキラキラと錦糸のように輝いて見えたことから、この地を錦糸掘という街名の由来となったというのが僕の説なのです。

墨東の弥生三月 花は錦の如く 川は柳糸の如く

俳句にすれば

夕月や 金龍流る 錦糸掘

ハンプ:この写真のように、錦糸掘り辺りが江戸の街の東の端であったことは、こんな話からも分かりますね。

私の生まれは美濃の国、郡上八幡ですが、幕末には、佐幕派と討幕派になるか各藩は悩むところで、郡上八藩では、岩倉具視の勤皇派から嫁を迎えていることから恩義を守るべきとする討幕派もいたが、血気盛んな佐幕派の26人は、凌霜隊を形成し、隠密で会津藩に向かった。

ところで、その郡上藩の凌霜隊、江戸にいる討幕派にみつからないよう、集合場所をここ錦糸掘りの本所中之島の菊屋で、長崎橋から舟で会津まで向かったとされています。

チイ:成るほど、ここまでくれば、江戸中に屯している討幕派に発見されない辺鄙な所ということで、この地が集合場所に選ばれた訳ですね!

彼らは、無残な結末を会津で迎え、郡上藩の戻されて、投獄の身となったとされる。

その後に釈放されるが、凌霜塾を傾城し、満州開拓団として躍動したとされる。

ハンプ:そういえば、ダンプテイが憧れる助平の教祖在原業平スカイツリーの辺りに、訪ずれたそうね!

その謂れは業平橋とか業平の地名に残されている。

ダンプ:ここは、業平が亡くなった土地で、業平塚があったからと言われているけど、本当かどうか?

チイ:でも北十間川には、杜若が植えてあったけど、業平の象徴する花ですからね!

業平忌 ここは八つ橋 杜若

ダンプ:そういえば、八つ橋の女郎花も在原の業平ね

芭蕉はこの歌枕を 八つ橋に縁のある無量寿寺で

杜若 我に発句のおもひあり 芭蕉

この歌枕の地で昔、業平も杜若の歌を詠んだというが、芭蕉もその発句を詠んで業平の故人に肖りたいものであると句にしている。

弥次喜多は、この歌枕の地で

「八つ橋の古跡を詠むも我々が及ばぬ恥をかく杜若なれ」と、矢橋の古跡で我々が歌を詠んでも恥をかくばかりである。

水無月や ここは八つ橋 女郎花 ただようものは男なりけり 岡部佳一郎

業平は、多くの女性を愛していたけど、杜若も女郎花もことごとく可憐な女の姿の花だけど、この歌枕を見ながら旅行くものは男どもばかりだったという趣向の歌でしょうか!

業平は、多くの女性を愛していたけど、杜若も女郎花もことごとく花を愛したわけで、この歌の水無月は、皆好きや?

それに言問い橋や言問いダンゴは、在原業平

なにしおば、いざ言問わん都鳥 我がおもふ人はありやなしやと

チイ:こと問うとは、語り合うことの他に男が女の家に訪問するという意味もあるのよね!

ダンプ:そうですね、当時は通い婚ですから、訪問と解するほうが業平の助平さを表現していますね!

こんな古歌の応答がありましたね!

開けざりし 真木の戸口に立ちながら つらき心の ためしそぞみし 敦道

「男が女の家に言問いに訪問したのに戸口も開けてくれない冷たい心をみてしまった」と歌を受けて、女は返歌に

いかでかは  真木の戸口を さしながら つらき心の ありなしを見む

戸口を閉じていて、どうして冷たい心があるかないかが貴方に分かりましょう。

平安時代は一夫多妻の世

通い妻だから、夫は、好きな所へ好きな時に通えば良かったわけで、女は,ただただ待つしかない弱い妾と同じような立場だったわけ!

ダンプ:永井荷風も、この辺りの散策を楽しんでいたと濹東綺譚に書かれていて、女郎

屋へもいりびたりだったそうですね!

それも昼間だと誰も知られないから安心だと、真昼間から!

その時代の錦糸町がこの写真ですが、今では、スカイツリーも望める近代的な街となって、昔の風俗的な街は見る影もない。

業平橋あたりから眺めるスカイツリーの高さには仰天ですが、御蔭で首痛となってしましましたね

f:id:ipapokada:20190319093959j:plain

眺むれば ツリーにも痛し 首の骨

チイ:これって、

眺むれば 花にも痛し首の骨 宗因

のパクリ

ダンプ:いえいえ、この宗因の俳句だって、西行法師の

眺むとて 花にも痛くなれぬれば

散る別れこそ 悲しかりけり

の盗作ですから

チイ:蚤がダンプテイの鼻の下から短い鼻を眺めればこんなスカイツリーのように長くみえるのかしら?

ハンプ:馬鹿ね、豚の鼻は、どうしたって象の鼻には見えないわ、ダンプテイの長いのは、鼻の下では、ございませんか!

ダンプ:そういえば、錦糸町も過去には、鼻下長族の歓楽街でしたね!

久しぶりだな 何からしよか

お燗つけよか 帯とこか

わたし小舟で あなたを乗せて

ゆくもゆかぬも 舵しだい

ハンプ:今は、こんな卑猥なイメージの街では、ないから、元錦糸町住人としては許せないわ!

チイ:スカイツリーが建造中だけど、この風俗街の看板は何よ!

錦糸町シンボルの糞を加工しちゃったりして

春の夜 貫く蛇の 如きもの

これって、奇怪な好色漢か、それとも精神分裂症のドンファンか!

ダンプ:これは、虚子が句にした

去年今年 貫く棒の 如きもの

のパクリでありませんか!

どうも思わせぶりな作者しか分からない句で、穿った見方をすれば、精力旺盛な「ヤリマン男」を歌った句とも思えますね!

チイ:何に、そのヤリマンって、横山まさみちさんのやる気満々のオットセイということ、

ハンプ:ダンプティーの、俳句の神様たる虚子の句は、俳句の道を貫きますという人生を句にしているのに、ホトトギスの句会から避難轟轟というものですよ!

久女のように虚子の句会から追放されますわ!

チイ:そうよ、人生で一番重要なことは、「自分が正しいと思う道を貫きぬくことだ」なんて、何時も言ってるくせに!

ダンプ:虚子は、貫く棒の如しと、ホトトギスを固く貫きすぎて、久女を突然に句会から追放したり、更に、秋桜子を破門して、ホトトギスの誌上で「嫌な顔」と,いう記事で露骨に、秋桜子の悪口を公開する等、どうも好感がもてなくてね!

チイ:その嫌な顔とは、どんな顔

ダンプ:織田信長を家臣の栗田が裏切った話を秋桜子のあてつけで語った嫌な顔という悍ましいタイトル付きだったわけですよ!

ここでは、虚子が信長で謀反人が秋桜子と見立てたような、短気な信長は、

啼かぬなら 殺してしまえ ほととぎす

で、あったようですね!

注:ほととぎす百年史 稲畑汀子

注:的場小太郎の「俳句と同様」より

チイ:マアー、ホトトギスの声もがらがら声になって、嫌な雰囲気!

ダンプ:そうですよ、去って行った弟子については暖かく成長を見守ってあげるくらいの心がなくては、

こんなことで腹を立ててはいけませんね、「は小さく、は丸く、は大きく、を立てるな」ですから! 

チイ:嘘ばっかり、ダンプテイは、

己は大きく、心は四角、気は小さくて腹立てる

のくせして!

ダンプ:実は、このモットー、スペイン風の装いをしてベサムムーチョなんて、実に雰囲気の良い歌をうたってくれていた錦糸町北口にある「日活思い出酒場」のマスターでね、絵で示すとこんな雰囲気で懐かしい。

カルロス大島さんが、作曲家で、歌も旨くて

ギター伴奏入りのベサムムーチョやコンドルは飛んでいるは、なんとも素敵でした。

Bésame, bésame mucho,
Como si fuera esta noche la última vez.
Bésame, bésame mucho,

Que tengo miedo perderte, perderte después.

 

私にキスをして、たくさんキスをして
今夜が最後かもしれないから
私にキスをして、たくさんキスをして

あなたを失うのが怖い、この後あなたを失うのが怖い

昔、日活の映画俳優だったという大浜さんなんかも店に顔を出されていて、大浜さんが作詞でマスターの大島さんが作曲した日活思い出酒場なる曲を錦糸町思い出酒場に、編作、編曲して、錦糸町仲間と歌っていましたね!

f:id:ipapokada:20190319094106j:plain

一番だけを披露しますと

あの日あのときあの頃の

夢が昔がよみがえる

それぞれの人生それぞれの道

それぞれの夢をはたそうよ

たとえ調子はずれでも

飾らずすなおに進もうよ

錦糸町錦糸町錦糸町思い出仲間

あいつがいてあの娘がいて

そしてそこにはこころが豊かなり

 (:ギダー弾きの漫画は、錦糸町の日活想い出酒場のマスターの似顔絵

ダンプ:ところで、己に関しては、二つの道があると高山樗牛は言っていますね!

「己を小ささを悟ることと、己の大なるを信じること」の二つです。

つまり、己は小さいものと理解して、己を大になることを信じて努力することが重要だということですよ!

己を小さくして縮んでばかりでは、いけませんね!

チイ:なるほど、己に克つことが大切だと受け止めましたわ!

これから克己さんと呼ばして頂だこうかしら!

ダンプ:いえいえ、そんな硬苦しい名前は嫌ですよ、いままで通り、ダンプティで,結構です。

ところで、西郷隆盛も言っています。

「己に克つをもって勝なり、己を愛するをもってでは、負けるぞ」と

何事を成すにも自分自身のコントロールが難しいわけで、経験を積んだ人は、自分のやり方が可愛くて、相手と言い合い、負けて自分を制することが出来ずに悲劇を招くこととなる。

そういえば、豊臣秀吉の晩期がそうでしたね!

秀頼の跡継ぎのことだけが心配で、他人には疑心案戯が強まって、冷静な判断が出来ず悲劇を招くこととなる。

チイ:自分と家族だけが可愛くて、弥人へ手を差し伸べる気持ちもなくては、駄目ということね!

戦っていくのは、いつも自分だけで、手を差し伸べる手さえないダルマさんと同じね!

悲しいかな、丹羽善之さんの達磨さん、じゃないですか!

f:id:ipapokada:20190319094156j:plain

注丹羽善之さんの負けないで(エーフェ出版)

差し伸べる 手無し足無し 達磨市

独り立ちするに、自分の手足を使わず、他人の手を借り足も借りなんて、もっての他

ダンプ:だから、僕には、家族の手足が必要なんですよ!

浮草みたいに漂っていますから!

手無し足なし 浮草に

いつか実のなるときを待つ

寒い夜更けは、お酒を買って

たまのおごりとはしゃぐ姿に

決めた、決めた お前と道ずれに

    水木かおり

ハンプ:いやですね、こんな親父と道ずれなんて飛んでも発奮、嘘発奮ですわ

ところで、この歌、正確には、手もなく足もないでなくて、花が咲かないだけど、いずれにしても五体不満足で、手無し足無しでも、燃えて人生を歩いて行けますから、どうぞご勝手に!

燃ゆるには 枝葉もいらぬ 曼殊沙華宇咲冬男

ダンプ:曼殊沙華は,地獄花、死人花ともいわれる不気味な花、花が咲く時は、葉がなく、葉が出るときは花がないため、葉みず花みずの異名を持つ悲しい花にダンプテイをなぞらえるとは、飛んでもありませんが、ダンプテイも妻の手足で介護して頂ければ、満足に老後を過ごせます。

妻をめとらば 才長けて 見目麗しく情けある

を期待しますけど、無理かしら!

ハンプ:それは、本人の家族への慈しむ心があっての話で,天は自らタスクべき者をタスクという福沢先生の名言をご存知ないのかしら?

、何事も始めの一歩が大切ですから、先ずは、家族への思いやりをお願いしますわ!

大河の流れ雫から 広大森林一木から

ラソン完走一歩から  

ダンプ:「三つ子の魂100まで」と、いいますから、もう土台無理な話ですね!

ハンプ:ああ言えば、こう言うで、憎たらしいったらありゃしない、ダンプテイ親父。

昨日は度胸 今日は卑怯で切り抜けて

あなたの明日はなんとやら

あんたの生き方は、本当に日和見

それに、三つ子の魂百まで

というけど、生まれた時の魂が腐ってるのよ!

f:id:ipapokada:20190319094320j:plain

生まれたときからこんなエヘン髭生やした前代未聞のダンプテイの出産現場を見てよ!

それに、生まれたときからオチンォもたっている、助平親父のオチンコ、蠅叩きで叩いてやりたいわ!

ダンプ:「老骨に鞭」では、ないですか、こんな赤子に鞭なんて残虐な行為は,止めて下さい。

残りいくばくもないしおれ花ですから!

ハンプ: 老骨に 残る花こそ 真の花

ではほざいませんか

それに、馬鹿ね、オチンコには、骨なぞありませんわ!

老骨に鞭を打つというのは、年老いても老骨の花を咲かせんと、自ら鞭を打って、花を咲かせ、実を成らせんと奮闘することよ!

f:id:ipapokada:20190319094424j:plain

チイ:駄目よ、そんな蠅叩き程の生ぬるいことでは、建築現場での杭打ちが不足して大問題になったから、ここは、しっかりと老体に杭をしっかりと打ち付けておくべきよ!

ハンプ:この際、おかしな漫画や俳句ばっかりで、遊んでる奴を蛸の足みたいに八つ裂きにしちゃったら!

ダンプ:それこそ蛸八親父にされて、蛸焼きの具にされてしまう可哀そうな蛸八親父にされてしまう。

それにしても恐ろしいハンプとチイとタグうぃおくんでの老体への鞭打ち!

チイ:何をおっしゃいますか、ダンプテイ

蛸八親父とは、娘の持参金で大儲けした昔話がございますよ!

ダンプ:何ですねん、その大儲け話しとやら?

チイ:金毘羅参りに、息子と出かけた蛸八さん、金毘羅で一緒になった大阪鴻池の長者との話が弾んで、この蛸八の法螺話に乗って、鴻池の長者を蛸八長者と勘違い自分の娘を蛸八の息子に嫁がせることとなった。

嫁いでびっくり、蛸八の家は、あばら屋の長屋住まい。

蛸八長者 絵 山口照人

騙されたと娘を取り戻そうとしたが娘は、これも縁かと嫁ぐこととし、その持参金で蛸八は、商売を始めて千石船を48艘も持つ蛸八長者になったという話し

ダンプ:こんな私も蛸親父では、ありませんが、イチロウや松坂大輔のような賢い婿を養子に迎えようと思っていたら、何時の間に、嫁いでしまって、これも親の育て方が悪かったと反省しきりです。

でも、チイが幼い頃は、本当に可愛らしい娘でしたね!

行く春を かさねかさねて 花衣

しわよるまでの 老いをみるべく 芭蕉

ダンプ:かさねとは、撫子の花のこと、可愛い娘に何枚も福を重ねて風邪をひかせない親心の心境は、チイには分かってもらえますまいが、手塩をかけて育てましたから!

 

スカイツリーも建造中だったけど、ダンプティが育てたツリーもチイも立派に完成しました。

チイ: マー嘘ばっかり、ダンプテイったら、子供部屋に放り込んだままで、夜遊びばっかりだった癖して!

ダンプ:嘘とおっしゃるなら、この証拠写真をみて下さい。スカイツリーもチイも皆な僕の手作りですよ!

f:id:ipapokada:20190319094502j:plain

可愛かった娘も大きく育って、今では餓鬼娘

目に入れた 娘この頃 眼にあまり 

出した娘を 恋しがる 幼き頃を懐かしむ

錦糸町のシンボルの糞のの中のチイは、可愛いね、目に入れて痛くないって感じ!

チイ:偶には優しい言葉をかけて、くらしゃんせしこの親父!

もっと優しさがチイは欲しかった。

ダンプ:優しいという字、人を憂きると書くじゃないですか、優しいばかりで、子は育たぬと申しますが、優しく育て過ぎて、こんなドラ娘になってしまって、しくじった。

しろがね(銀)もくがね(金)も玉もなにせむに まされる宝子にしかめやも 山上憶良

英語では、

Chi is the apple of a person’s eye!

というらしく、目の中のリンゴちゃんだって!

それて、

She is apples.

というのは、大丈夫で、問題ありませんという意味になります。

チイ:何に!

I am  the apple of a person’s eye!

この絵、私の目にハンプテイとダンプティ入っていて、逆バージョンじゃないの!

とっても痛いわ! 泣けてくる!

f:id:ipapokada:20190319094531j:plain

ダンプ:いえいえそうではありませんそれは家庭の事情から朝がくるくる朝が来る

って、歌があつたでしょ!

この絵は、蛇の目に肖り、神の道に通じて子供の幸せを希望する親心、これは、蛇の目です。

 

アボリジニが崇めていた蛇の目は、アボリジニ絵画の代表的なモチーフでして、日本でも蛇の目として親しまれているでしょ!

アメアメ降れ、降れ、母さんと蛇の目でお迎え嬉しいな ピチピチジャブジャブランラン

でも、こんな可愛い娘が、時の流れに身をまかせている内に、こんなになっちゃうのだから、時の流れを感じます。

チイ:時の流れに身をまかせ 

貴方の色に染められ 荒木とよひさ

と、おかげさまで私の心は、親父のエッチ色に染め上げられちゃいましたわ!

ダンプ:この歌詞には

もしも あなたと逢えずにいたら

私は何をしていたでしょうか

平凡だけど 

普通の暮らしをしてたでしょうか

この親にしてこの娘ありですね!

チイ:普通の華族ではありえないような遊びをしていましたから

ダンプ:なんですって、家族でなくて、我が家系を華族に格上げなどされて!

チイ:そうでした、華族の伝統の貝合わせではなくて、靴下合わせをするような貧しい家族でした。

ロン:何、その靴下合わせの遊びって?

ダンプ:彼方此方の大学に勤務していたために、自宅の靴下と単身赴任先の靴下がバラバラになってしまって、それらをもって来て、ダンブティが、家族に「みんな集まって、靴下合わせの遊びをしましょう」と、誘っても、「そんな臭い遊びは、馬鹿馬鹿しいよ」と、拒絶されてしまった。

馬鹿馬鹿しくなくちゃ遊びにならないと、一揃い合わせたら10円といったら、チイが参加して靴下合わせをやったという話し。

ハンプ:少しもも面白くない話じゃないの!

ダンプ:それでは、貝合わせをしましょうか!

ハンプ:嫌だ、その貝合わせって、大奥での遊びでしょ!

ダンプ:大奥は、女ばかりだから、このような遊びが流行ったそうよ!

ハンプ:昔は、お嫁に行くときは、貝遊びの貝を娘に持たせたそうですよね!

貝にはいろいろな絵が書いてあって、対になる絵を集めるというトランプのような遊びでしょ!

ダンプ:貝合わせとは、宮武外骨の猥談廃語辞典という本によれば、女性が二人相抱き合って交わることだそうですが、こんな川柳もある。

貝合わせ ばかりしている 奥女中

ハンプ:もうイヤ、こんな話は、聞きたくない。

大奥の女中は、殿の世継ぎをするのが宿命だけど、殿からのお呼びがかからなければ、寂しいものばかり、ついつい、貝合わせなんかしちゃったりすることにもなる。

ダンプテイもそとあそびが過ぎ、寂しいハンプにも同情頂きたいわ

家光も一時は、男好きで、女には関心が全くないため、乳母の春日の局も世継ぎ誕生には苦労したとか!

それで、春日の局が考えたのが、大奥制度、

ちょっと脱線するけど、この春日の局は、凄い人ですね!

信長に謀反を起こした明智光秀重臣であった美濃稲葉家を継ぐ稲葉正勝の子供であったが、世に謀反家族として非難されている一家を再建するには、家光の養母になる道しかないと家康の誘いで家族を捨てて江戸に奉公出たと、される。

二代目の秀忠は、長男の光圀でなく、二男の忠長を世継ぎと決めていたが、春日の局が、長男を世継ぎとする決まり事を決めねば、世継ぎの争いで徳川家の安泰はないと家康に直訴して、家光を世継ぎにと家康に決めさせたという強者、光圀の後継ぎの男の子を産ませるために、大奥制度を確立して、光圀に子供を誕生させた。

三代将軍の光圀が江戸幕府の政治体制を確立したのに対して、大奥の体制は、光圀の養母であった春日の局が体制を作ったとされています。

これにより、春日の局は、光圀に絶大な信頼を勝ち取り、自分の実の子供を小田原の第一代城主にさせることに成功させるのです。

チイ:こんな女傑は、現代でもちょっと見当たりませんね!

長期的な戦略で生きている女傑ですね!

ダンプ:女傑といったら、錦糸町の「ちゃきちゃき」のママさんですよ

このママさんは、ハンプテイの親戚であったことが、偶然に分かったのは、おどろきでしたね

チイ:何に、その女傑ママとが、親戚だなんて!

ダンプ:錦糸町での偶然の出会いでしてね!

錦糸町に単身住まいをすることになって、雨がしとしとそぼ降る雨の日には、縄のれんが恋しくなったが、ふと、岳父が錦糸町について話をしていたことを思い出しだした。

秋の暮れ そぼ降る雨に 縄のれん

長良川の上流、郡上に居を構えていた岳父は、随分前に、癌で亡くなっていたが、昔、錦糸町というところに従弟が、飲み屋を経営していて、

従弟の飲み屋で御馳走になってきたという話を聞いたことがあった。

既に、その話を聞いてから30年も経ていたが、どんな店であろうかと、駅のガード下にある「ありがとう」という飲み屋で、オデンを頂きながら、ママに、その話をした。

そういえば、「幼い頃に父親に連れられて、夏休みには、私も郡上八幡に連れられて、お世話になった家があったわ」とのこと!

具体的な話を伺うと、何と、驚くことに、「岳父が世話になった」と、いう錦糸町の店がこの「ありがとう」であったわけで、口から心臓飛び出すほどの驚き、

ハンプ:そういえば、幼い頃に、東京から家夏休みに避暑のように、泊まりに来ていた家族がいたけど、その親戚が、このママの一家だった訳ね、

宝くじ一等が当たったような偶然の話ね!

驚きも桃の木山椒の木

そのママは、ターキーこと水の江滝子にそっくりの「ちゃきちゃき」で、石原裕次郎とも交流があったという話である。

あるとき、昼休みに、ここに食事にいった仕事仲間三人、出された、魚の切れ身がそれぞれ大きさに差があったので、「ママ、大きさが違っているけど」というと!

そのママに、「なにをおっしゃる、大の男がチマチマと、女の大小に文句をいう小さい心、つべこべ言わず、美味しくいただくのが、意気な男の流儀、サッサと召し上がって、出ていきなさいよ」と叱られてしまったとのこと!

隅田川の向こう側の女性は、山の手と違い「ちゃきちゃき」で、川向うのひと(女)って言うんですって!

ダンプ:川向うのというのは、三途の川の向こう側だからあの世で往生できた人と思っていたけど!

ハンプ:川向うの人とは、山の手の上流奥方が下町の女性を軽んずる言い方で、どちらかといえば差別表現なのよ,平等に扱って頂きたいわ!

久方の 月の光の 清ければ
 照らしぬきけり 唐(から)も大和(やまと)も

 昔も今も 嘘も誠も 良寛

良寛のように川向うのこちらあちらも関係なく、誰をも愛する心がなくては!

ダンプ:ところで、秋田のお城や江戸城のように、お城の周辺は侍屋敷、川の反対側は、かわばた〈川反、川端〉といわれ、商人を住まわせていて、庶民の花柳街となっていたから、お侍屋敷のこちら側からみたら、町人をさげすんだ言葉ですね!

川向うでは、その川端には柳が植えられて、川端柳と夜になると夜鷹が柳の木の下で客を探していた。

江戸の庶民は、明日のお金を持たずと

何をくよくよ川端柳

旦は明日の風が吹く 坂本竜馬

身銭を一夜の女に注ぎこみ、明日は、どうなろ,きゃなろと

だから、川向うの女は、旦那が遊び人だから、苦労した働き手が多いから、「私しは、教養があるのよと「ツン」とおすまし顔の山の手の上流婦人に対して、妬み心がある」と、言われていましたね!

ハンプ:マーそんなこと言ったりして!

ダンプ: 錦糸町の裏通りに美濃路という飲み屋があって、そのママとの間の出来事!

何時ものように、一杯飲んでカラオケを数曲歌って、さて、勘定の段となった。

財布に小銭がたまって重くなっていたので、2900の勘定に対して3400円を払ったところ、

ママは、どうしていいかマゴマゴして、いる。

そこで、算数は弱いね!

と、ママに冗談でいうと、ママは爆発、こいうときは、3000円払って、釣は、要らないというのが普通じゃない!

と怒りである。

まごまごと 勘定分からず 初閻魔

ママもそんなことで腹を立てるのもどうかと思うけど、「算数弱いね」なんて言うのも、どうかしら!

その事件だけで、川向うの女を定義するのはよくないけど、情が深くて、世話女房になるのが川向うというらしいわ!

チイ:馬鹿程プライドが高いから、こんなことで、苛立たれると始末が悪く、鎮めることは不可能に近いから逃げるが勝ですね!

ところで、錦糸町には、下町の雰囲気が色濃く残っていて、相撲取も自転車に乗って、タイヤも重みに耐えかねて、ペチャンコになってたりして、銭湯も一杯あって面白い街ですね!

そういえば、錦糸町マンションのダンプテイの部屋は、栃東が幼い頃に、住んでいたという話も聞いたことかいうが、その真意は、不明である。

それにしても錦糸町のことに詳しいこと!

千葉から墨東の地にまで身を隠して、お忍びされていた永井荷風を超えているじゃないですかとは、ハンプテイの、誉め言葉でしょうが、

しのび音も 泥の中なる 田螺かな

えりまきや しのぶ浮世の 裏通り

こんな錦糸町の思い出俳句をつくるほどダンプテイは、錦糸町は愛着がある街ですからね!

最後に、こんな錦糸町賛歌の詩をとご披露したら

一人酒場に飲む酒に

帰らぬ昔が懐かしい

鳴いて泣いてみたってなんになる

今じゃ 錦糸町がふるさとよ

今日の仕事は辛かった

後は焼酎あおるだけ

どうせどうせ錦糸町のドヤ住まい

他にやることありゃしない

:この歌って、岡林信康の山谷ブルースのバージョンで、山谷を錦糸町に置き換えただけじゃないの!

と、パクリがばれてしましました。

失礼、失礼、なかなか、いい歌ができなくてね!

ところで、スナックでいい気分になると、マンドリンで、錦糸町思い出仲間の弾き歌を披露していた頃が懐かしい。

ときには、飲みすぎの二日酔いのこともあっての失敗談もありますけど!

ゲゲゲゲゲゲイ

朝は寝床でゲゲゲのゲイ

わびしいなわびしいな

昨夜は飲みすぎゲゲゲノゲイ

チイ:マーなんという

ゲゲのゲとは、下衆の呑み助の歌ですね

ダンプ:枕草紙には

「にげなきもの(似合わないもの)下衆の家に雪降りたる、また、月野さしいりたるも口惜し」と上流社会から見た下衆をさげすむ心情がありますね

これも、水気しげるさんのゲゲゲの鬼太郎のバージョンで、水木先生御免なさい!

ところで、錦糸町での生活は心豊かでしたね!

錦糸町生活を詩で総括いたしますと、こんなイロハ歌

ダンプテイのマンドリンの伴奏に合わせて歌いましょう!

親父のイロハ歌

イロハニホヘソの臍出して

ほどけた下紐 ブラブラと

ヨタレソツネの与太遊び

千鳥足だよ あしずりの

山の紅葉ば チリヌルヲ

チルチルミチルの青い鳥

追えども届かぬ 夢の中

ナニヌネ何なの 今朝の夢 

バーでおっぱい お花摘み

あさき夢みし パピプペポ

ポポの匂いも垂れこめて

垂れるパパの眼半開き

開いた仏壇 御仏の

仏の念仏 マミムメモ

メモ見てビックリ玉手箱

今日は社長の 朝会議

納豆ご飯 駆けこんで

カキクケカキクケ駆け込んで

走れメロスよ タチツテト

タテツテ会議で 舟を漕ぐ

知らぬが仏の 白河夜船

察して頂戴 サシスセソ

首も飛ぶかな ナニヌネノ

錦糸の街の 思いでは