ハンプティのブログ

ハンプティ・ダンプティのように、いつもずっこけぶりを発揮しています。

ダンプテイ親父の 狼が来た

昔から、狼は、人間を襲うことから恐れられ、悪者とされ、人間が出会うと、銃で抹殺される運命だった。

悲劇なのは、群れになって行動するため殺されるときは、集団抹殺となる。

たとえ、一匹が生き残ったとしても、もはや集団でなければ生きていく術を失うから狼にとっては、悲劇なわけである。

ダンプテイの今日のタスマニの旅で話は、狼の「ようである。

チイ:このタスマニアには、狼がいるそうね、「タスマニア狼」と、いうから注意しなくちゃ!

ダンプテイ:そんな心配は、無用ですよ!

私達には、狼が同伴しているじゃない!

絶滅の かの狼を 連れ歩く 上田千枝子

チイ:そうね、私たちの守り神は、大口の真神だわね!

おお神よ 大神よ おかみよ  狼よ

冗談は、ともかく、タスマニア狼は、ホバートの動物園で飼育されていたけど1936年に死滅しているから、安心して良いそうね!

ダンプテイ:日本でも、狼は、百年程前に絶滅していますね、狼は、ダンプテイが住んでいる大山の麓の秦野でも栗原兼一氏が明治28年に捕獲しており、、市の文化財として保存されているが、その死骸は、削られているらしい。

その理由は、狼の骨は、精神病の特効薬とされ、多くの人が、骨を削ってしまったと、されるからです。

なお、日本狼の最も新しいものは、明治28年で大英博物館に保管されているとも言われているそうです。

秦野 ふるさと探訪  秦野市編集より

狼と 詠いし人も はるかなり すずきみのり

こんな俳句を詠っている人もいるけど、狼は、人間と深いかか関わりがあった動物で、民話にも多く登場しますよね!

例えば、赤頭巾とか、三匹の子豚

おそらく、村人にとっては、狼は、身近な動物でおそれられていたから、「狼には気を付けなさい」という子供への言い聞かせだったわけせすね!!

チイ:そういえば、正岡子規

狼の ちらと見えけり 雪の山

狼が見えたと、俳句にしてるけど、、いかにも嘘っぽいわね!

子規がどこかの雪国で狼にであったとは,思えないし!

絶滅の かの狼を 連れ歩く 

と,詠んだ三橋敏雄のほうが、リアリティに絶滅狼を悲しみ、懐かしんでいますね

狼は、絶滅させた人間の罪が残されている動物なのよね!

ダンプテイ:狼は、豪州大陸一帯にも生息していたけど3万年前に,人類が進出して、家畜だったディンゴとの獲物競争に敗れたわけですね!

入植の遅かったタスマニア島のみに生き残っていたけど、牧畜業を保護するために駆除に懸賞金が掛けられ絶滅が早まったそうよ!

チイ:アボリジニは、岩絵の中にタスマニア狼を描いて居るから、やっぱり、ここでも人間にとっては、馴染みのある動物だったのね!

f:id:ipapokada:20190401091828j:plain

だけど、この地に、侵入してきた欧米人は、現地人のアボリジニだけでなくタスマニア狼をも、動物も虐待し、絶滅させた悲劇があったそうだわ!

ダンプテイ:ところで、タスマニア狼は、タスマニアの象徴的な動物でもあるから、ビールのラベルには、タスマニアン狼が描かれてて、麒麟ビールみたいに、愛されていますね!

ハンプテイ:でも、でもよ!

絶滅させた狼を見ながらビールを飲むなんて、なんて残酷、許せない,ビールを掛けて頭を冷やしてやりたいわ!

ダンプテイ:マアマア、そんなに、怒らないで、冷静に、冷静に、僕の話を聞いてくださいよ!

ノーペル賞作家の大江健三郎さんの本には、健三郎が育った愛媛県内子町で日本狼の絶滅の話しが登場しますね

チイ:そういえば、「健三郎の祖父が日本狼の剥製を小学校に寄贈して展示されていたが、祖父が亡くなった後に小学校に新しく赴任してきた校長が、日本狼は、とっくに絶滅している動物であるから」と、狼の複製が父の家に戻されたという話がありましたね!

その校長は、「この剥製は、朝鮮から持ち帰ったものだと噂を流した」ので、父は、これに憤慨して、「この地域には、1860年頃の百姓一揆では、地元で捕獲した日本狼の毛皮を一揆の旗印であった」と、主張したそうですね!

健三郎の家の倉にあった動物辞典には、狼絶滅のところに,赤いアンダーライがしてあったそうで

,狼には、とても感心があったと、思われますね!

ダンプテイ:なかなか、読書家たる「チイ様」、将来は、知識のある女将(おかみ)になられましょう!

チイ:狼と女将とは、土佐犬と狼程の似合い様ですね!

どちらも、大神様のような振舞い

ダンプテイ:健三郎が育った四国地方には、昔から土佐犬がいますが、狼の形態によく似ているから、見分けが難しいのよね!

四国犬は、日本犬の中で最も素朴な風貌と評され、猟犬として日本狼と交配させたとの伝承もあって、狼と外見が似ているのよね!

僕は、秋田犬のほうが愛くるしくて、好きですが 

チイ:ういえば、アイススケートで。

金メタルをとったロシアのナギトワ選手が、秋田犬が欲しい」と、発言したことで、秋田県かのナギトワさんへのプレゼントがあったそうで、いきなり世界中で秋田犬が注目されるようになりましたね!

ダンプテイ:世界での起きている、情報を利用した秋田県の知事さんもすばらしい、御蔭で観光客がふえているとか

ところで、炎の小説家、健三郎のお父様が狼を村に寄贈したのは、狼が日本に生存していた貴重な遺産で、残しておきたい思いだったのに、受け入れられず、悔しかったでしょうね!

栗栖健の「日本人と狼」という本によると、「明治末期には、和歌山県奈良県辺りの山中には、狼が居たという証言する人が何人もいる」と書いています。

確認されている日本狼は奈良県鷲家口の狼とされ、日本狼絶滅の地として狼の像が作られているそうですね!

ダンプテイ:大山あぶり神社に行ったときに、お犬様の護符が紙に印刷されていたけど、これは、狼を神としてお守りする守り札であるって、聞いたことがあるけど!

ハンプテイ:武蔵の国には、大山や高尾山等の山岳信仰が昔からあって、どうやら、狼を信仰と関連が深いとされていますね!

このことは、小倉恵美子さんの狼の護符という本に詳しく書かれていますね!

特に、武蔵国御嶽山は、や大和武のミコが、武蔵の国に来て、道に迷った時に、助けられたのが狼といわれ、黒いオオカミの像と大口真神との文字を印刷した護符紙を家の中で張り付けてオイヌ様として山の神とされていますね!

チイ:大口真神って、なんなの!

ダンプテイ:御嶽山の頂辺りに大口真神社がおかれていて、正月、5月、9月に祀りが行われているそうで、神主が大口でオーと発生しる警蹕で、神が通る道を清め、邪気を払うそうですね!

チイ;それで、大口真神というのかしら?

ダンプテイ:それは、どうかわかりませんが、狼は、狐や、鹿等農作物を荒らす動物を捕食し、農作物を守るものとして神として保護されてきたらしいですね!

ダンプテイ:俳句でも、江戸時代の芭蕉集には多くの狼を詠み込んだ句があるから紹介するわ!

狼は 一夜は宿せ 芦の花

狼の 声揃うなり 秋の暮れ

江戸時代には、狼がまだ、棲息していたようですが、今は、もう絶滅して、狼といえば、魔男のこと、現代俳句では、

狼に 蛍がひとつ 付いていた 金子兜太

と、狼に優しい女が付いて光って見えるという、まさに狼親父の脇に可愛いチイ姫が居るというイメージですね!

チイ:チイが狼男の光らせ役と、いう訳ね!

豚に真珠ということかしら!

ダンプテイ:取りつくのが豚なら安心だけど、狼男には、要注意ですよ!

街の中には、いろんな狼が女を狙って屯してるから!

「生娘の一番いけないことは、鼠には、キャーっと悲鳴を上げるくせに、狼には、笑いかけたりすることだ」と、井上ひさしさんは、言っている。

チイ:怖ろしい者に出会ったときの愛想笑いなのよ、それとも冷笑い

ダンプテイ:笑いにも千差万別、いろいろありますからね!

フッフッフの 苦笑い

カッカッカの 呵々笑い

ヘッヘッヘーの 泣き笑い

ヒッヒッヒーの 薄笑い

ハッハッハーの 肩笑い

あははあははの まつこ笑い

コロコロコロの 転がし笑い

タニタニタの エロ笑い

カンラカラカラの 高笑い

ホッホホッホの あざ笑い

ワハハ本舗の 馬鹿笑い

ゲラゲラゲラの 下駄笑い

クスクスクスの 隠し笑い

キャッキャッキャの ギャル笑い

デヘヘデヘヘの 与太笑い

オホホホホホの 姫笑い

声もでませぬの 苦が笑い

きまり悪いの テレ笑い

ヒャーが飛び出す 冷笑い

ダンプテイ:すごい笑いのオンパレード

そう、いえば、大神も笑いには弱いと、されていますわね

天照大神が岩戸に、お隠れになって、真っ暗な闇夜になったときに、雨鈿女巫女が大神様の心を鎮めようと、胸乳をかきいだして裳紐をホトに垂れて大笑いされていると、それが気になって、大神が岩戸からおいでになられ、この世が明るくなったとされる。

チイ:最新の癌研究では、お笑いを見た人は見ない人より、回復が速いと、いう論文があるそうですね!

笑う門には、福来る と、いう諺もありますから!

チイ:でも狼男には、笑い方が難しいのよね、下手な笑いをすれば、その気があると思われて,狼男にとりつかれてしまう。

そんな狼男にも、一度とりつくと、情が移って、狼から逃げられなくなる。

ハンプテイ:ですから、狼男を相手にしては禁物ですよ、狼の手に乗ってしまうから!

チイ:ところで、タスマニア狼と日本狼とは、どう違うのかしら?

ダンプテイ:タスマニア狼は、袋狼とも言って、有袋類であるのに対して、日本狼は、袋がない普

通の哺乳類で、遺伝的には異なります。

我々日本人からすれば、胎盤がある有胎盤類の動物が一般的で普通ですが、ここでは、多くの動物が袋のある有袋動物ですね!

ハンプテイ:袋のある狼と袋のない狼で種別が異なっていても、性質や体型が極めて類似しているなんて、不思議な話しですね!

ダンプテイ:これは、生命の進化論で、有袋類と哺乳類がユーラシア大陸オセアニアに分断されてからの進化が同じように進んで、両大陸における生物体型が極めて似通っているといr理論で、生物的には非常に興味があるテーマですね!

チイ:ゴンドアナ大陸って聞いたことがあるけど!

ダンプテイ:生物学、地形学の歴史から見た学問的な見地から、ゴンドワナ大陸の存在が色々と議論されていますね!

カンガルー、コアラ、袋狼、等豪州に特融な有袋動物は、何故、欧州やアジア等他の大陸では見られないかの謎は、研究の対象となってきましたが、最も有力な考えが、ゴンドワナ大陸説だそうですね?

チイ:ゴンドワナ大陸ってどんな大陸なの?

ダンプテイ:ゴンドワナ大陸とは、現在のアフリカ大陸南アメリカ大陸、それにインド亜大陸南極大陸オーストラリア大陸や、アラビア半島マダガスカル島を含んだ、かなり大きな一つの大陸として存在していたとされる。

チイ:どうしてゴンドアナ大陸には、有袋類に限られているのかしら

ダンプテイ:これは、太古の生物学の歴史に立ち戻って考えることが必要になります。

有袋哺乳類は、恐竜が勢力を誇っていた時代に夜行性の小さなオボッサムに近い動物が誕生したとされています。

その特徴は、夜行性であるが故に、視力よりも聴力で他の動物の動きを察知して判断することが必要なため爬虫類に比べて脳が発達していたことで、次第に爬虫類の時代から哺乳類の時代を迎えることとなった。

チイ:この爬虫類である恐竜の時代を終わらせたのは、隕石で、恐竜時代にはオボッサムのような有袋動物が土の中でヒッソリと生きて来たヒッソリと生き延びてきたのですね!

ダンプテイ:現在、北半球で勢力を保っている犬や虎等の真獣類(有胎類)は、有袋動物よりも後に、起源とするものですが、胎盤で子供を成長させるために、有袋動物との戦いでは、有利であり、有袋動物を破滅させていくことになる。

チイ:そのような有袋動物が真獣類から逃れる過程で辿り着いたのが、このゴンドアナ大陸であったわけね?

ダンプテイ:そうですね、有袋動物の一部が、南半球、南極を経て豪州大陸へと移動してきたが、有袋動物の敵であった真獣類は、南極を経ての豪州大陸に移動することが困難なために、豪州大陸において、様々な有袋動物へと進化していった説です。

一部の有袋動物がアラスカ等北アメリカに生存してきたのも同様な理由と言われています。

チイ:これらの仮説は、どんな裏づけがあるの?

ダンプテイ:南極大陸シーモア島における5種類のオポッサムに近い有袋動物の化石の発見が証拠とされています。

このオポッサム南アメリカオポッサムに近いものですが、現在の豪州には、生存していません。

チイ:豪州には、オボッサムが居ないのは?

ダンプテイ:オボッサムは、死滅したのではなく様々な有袋動物へと進化したと考えられています。

もう一つの証拠は、淡水でしか生活できない肺魚(淡水のあるところで生活するが、呼吸をするために、ときどき水面に顔を出す)は、3.5億年前から生体が変わらず生きた化石とも言われていて、南アメリカ南アフリカ、豪州大陸のみに生育しているようですよ!

海を渡ることが不可能な肺魚の生存がゴンドワナの動物移動説を裏づける証拠の一つとされるが、その他にも、この地で見かけるバオバブの木もアフリカ、マダカスカルオーストラリアの固有な植物でゴンドワナ大陸説の証拠とされる。

f:id:ipapokada:20190401092531j:plain

チイ:バオアブのフルーツは、神からの恵みと考えられ、果肉はビタミンCが豊富でレモネードのようなドリンクとして飲まれますね!

この木は、星の王子様の中では、悪の大木として登場しますが、最も古い樹木とも言われ、樹齢は5000年と長いものもあるとか

同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず身体的特徴が似通った姿に、進化する現象を収斂進化(平行進化)と、言うそうです。

 それに、豪州の有袋動物には、有胎盤類の北半球の動物とで収斂進化した動物が多くいるようですね!

ハンプテイ:豪州の袋狼は、東洋区では、日本狼の方が適切な感じがしますね!

それに、豪州の動物は、袋という名前が多いのが特徴のようです.

ダンプテイ:豪州に西洋人が入植してきたのは、19世紀ですから、それまでに、欧州やアジアで知られていた動物に似たものにフクロという頭文字をつけて区別して呼んでいたからですね!

品種的には、豪州と他の大陸との間で動物の品種は、異なるが、別の地域で進化を辿っても同様な環境で成長すれば、性質や形態が似通った動物となっていくのは不思議ですね!

ダンプテイ:北半球にも類似した有袋類が生存していますか?豪州固有の動物と聞いていましたが?

ダンプテイ:これは、中々難しい質問ですね!

有袋類は,約1億年前(中生代白亜紀)に現れ、世界各地に分布していましたが、正獣類(有胎盤類)の増加に従って、殆どが絶滅に追いやられました。

コアラのように他の正獣類が少ない竹林の中で正獣類の害を受けずに生き残ったのが数少ない有袋類の動物は、有袋類や単孔類といった原始的な哺乳類が多く生息しています。

これは、豪州大陸が6000万年頃、他の大陸と切り離されて隔離され、正獣類(有胎盤類)が進出出来なかったからです。

ハンプテイ:豪州にも兎や羊等の正獣類(有胎盤類)も多くいますが、これらは、外来動物なのですか?

ダンプテイ:その通り、これらの外来動物と豪州に長年生きてきた在来の有袋動物が被害を被って絶滅の品種が多くなっている、または、なりつつある動物も多いようですよ。

ハンプテイ:悲しいお袋さん、そんな悲劇はほんとうかしら、その公証はあるのかしら?

嗚呼悲し どうしょう こうしょう こうしましょう

ダンプテイ:猪俣公章の歌詞で森進一が歌う

お袋さんよお袋さん

空を見上げりゃ空にある

雨の降る日は傘になり

お前もいつかは世の中の

傘になれよと教えてくれた 

あなたのあなたの真実忘れはしない

なんて、あったでしょ!

あの森進一の涙声が切なさ哀しさを誘っていて、絶滅した狼を悲しむ歌に聞こえます。

ハンプテイ:ところで、タスマニア狼は、アボリジニが豪州に移ってきたときに、一緒につれてきた家畜用の狼の亜種ディンゴにより破滅に追いやられましたね?

ダンプテイ:そうです。動物学の歴史からいうと、実は、有袋哺乳類のほうが、地球上に古くから生育していたが、その後に胎盤という機能を持つ犬や猫、牛等の有胎哺乳類に追われ豪州に逃げ延びてきて、様々な有胎哺乳類に成長したそうです。

チイ:ということは、有胎哺乳類のほうが、生存競争では、無胎哺乳類よりも強かったわけね!

だから、お袋さんは、弱いんだ!

ダンプテイ:馬鹿だね!

今は、胎盤の有無を問題にしてるんですよ!

チイ:未熟児の赤ちゃんを袋に入れたままでは、袋の無い動物との争いに勝てないということは、想像出来ますね!

ここは、北半球と遠く離れ、南極大陸と一体となっていた時代のゴンドワナ大陸が幸いしたわけ!

最近になって、政府もタスマニア狼が絶滅したことを反省して、動物園で保護したり、外来品種の検閲を厳しく取り締まっているようでよ!

 

ダンプテイ:豪州に何百万年も受け継がれてきた、自然と動物、そして、アボリジニの世界が、たった200年の間の入植してきたエコノミックアニマルによって、破滅されました。

ダンプテイ:先住民の虐待に対して、政府は、2007年にラッド首相が謝罪を行い、過去のアボリジニへの対応にケジメをつけました

ダンプテイ:江戸時代での蝦夷開拓において先住民への侵略的な行為に対して松浦武四郎は、国のアイヌ政策に反対し、公職を辞していますが、それ以降も政府による公式的な謝罪はないですね。

謝罪あってこそ、アボリジニや希少動物の絶滅の保護政策が明確に打ち出せると思います。

ここでは、タスマニア狼の絶滅もその破滅に追い込まれた動物の一例にすぎず、これからも絶滅するものが増大していくのを食い止めるべく保護活動が進められていますから、その活動を日本も応援すべきですね!

チイ:ところで、狼は、エジプト等多くの国では、絵画に描かれ、聖獣として崇められていますね?

ダンプテイ:ピラミッド等の発掘された絵画では、狼が描かれています。

ダンプテイ:タスマニアのシィーフィールドという壁絵の街でタスマニア狼の絵をみましたね!

狼の形態を示すアヌビス神は、死者の守護神で、死んだ人間の安らかな眠りと来世をサポートしてくれるミイラづくりの神でもある。

チイ:アヌビスが死者の守護者とされたのには、墓所に居る野犬たちが墓所を守っている、あるいは、亡き飼い主につきそう姿が死者を守っているように見えたからだそうです。

ダンプテイ:

ローマの建国者ロームスとレムスの双子の兄弟はテムズ川に捨てられたけど狼に助けられ、狼の乳で育照られたとされ、ローマの名前の由来となっている。

ローマの建国の主は、狼の乳で育った双子のロームスとレムスで、「建国で兄弟争いに勝ったロームがローマの名前の由来にもなった]と、神話に話が残っていますね!

チイ:狼に人間が育てられたという伝説は、よくある話ね!

トルコでは、赤ん坊が狼に育てられ、狼との間に10人の子供を産み、トルコ民族となったというアセラの伝説がありますね

蒙古のチンギスカンも確か狼に育てられたんじゃなかったかしら!

ハンプテイ:蒼き(あおきおおかみ)は、モンゴル人の祖とされる伝説上の獣(トーテム)、転じてチンギス・ハーンのこと

エジプトでは、ラー(ウプウアウト)とも呼ばれる狼が死者を冥土に、送り死者として信仰の対象とされてきました。

北欧では、日食や月食が生じるのは天空の怪物の仕業だとする説話は世界各地にあり、北欧からゲルマン地域全体に渡って、そういった『天災』の象徴に『狼』が使われる事がしばしばある。

また、北欧では月食や日食は狼が、食べたとされる等、狼に関する神話が多く残されている。

ダンプテイ:日本でも大和武尊が東方に旅したとき、道に迷ったが狼に救われたという伝説があり、日本の多くの神社では、狼を聖獣真神として崇拝されています。

 

f:id:ipapokada:20190401092221j:plain

:上は、ローマの死者の守護神アヌビスと、左は、ローマの建国者ロームルスとレムスが狼の乳で育ったとされる像、右は、滋賀県にある建部大社

チイ:それに、狼は、人の言葉や人間性質を見分ける力があり、善人を守護し、悪人するものと信仰されていますね!

狼に育てられると、強い力を持つ人間になるとつたえられているようですね

ダンプテイ:そういえば、チイも狼に育てられ、強くなっている。

チイ:何をおっしゃる馬鹿親父!

ダンプテイ:ところで、狼は、人間が山地まで生活圏を広げると、狼は、人と家畜を襲うものという認識が広まり、狼の数が減っていくにつれて、狼の神聖さは、地に落ちていきましたね!

ダンプテイ:先ほどもいいましたけど、蒙古の英雄であるチンギスハーンも父親は、蒼い狼から、母親は、白い牝羊から生まれたと言われ、狼は、神聖な動物だったと思われてきた。

ダンプテイ:成るほど、狼は、エジプト、ローマ、日本等と北半球の多くの国での精神文化のシンボルとなってきたのですね!

まさに、天狼の、シリゥスですね!

こんな感じの英雄気取りですかね!

チイ:マアー嫌だわ、偉そう、白い狼髭なんか付けちゃって!

天狼が 髭を生やして 天下をとったような威張り様!

この世おば我が世と思う望月の欠けたることもなしと思えば 藤原道長

ダンプテイ:いえいえい、そうでは有りません。

そーれは家庭の事情から、こうでもしないと、我が家の狼には、対抗できませんから、自己防衛ですよ!

ダンプテイ:天皇にチイ(娘)を嫁にやって政治を支配した藤原道長みたいな偉ぶった摂政ぶりだけど!

ダンプテイ:ということは、この髭狼のお隣の方が天皇様なのかしら、ロン様、頭の回りにオーラーが煌々と輝いている。

天光陛下でいらっしゃる。

ということは、天皇様に娘を嫁がせて狼髭を生やして、偉ぶっている摂関みたいなのは、ダンプテイじゃございませんか!

鷲を見よ 頭煌々 歳の効

f:id:ipapokada:20190401091324j:plain
チイ:鷲を見ろ 裸一貫 知恵三寸

という姿のこの馬鹿低能狼様は、もう神に頼るしかない!

ダンプテイ:いずれにしてもこの句の連れ句は

自慢高慢 馬鹿の鷲髭

仏様も阿弥陀を唱えればこんな馬鹿を救ってくれるかもよ!

ところで、ダンプティは、暫く錦糸町で放浪生活をしてたから、狼のような放浪生活の話でも聞かせて欲しいは?

ダンプテイ:分かった長さん待ってたホイ!

錦糸町での単身のマンション生活をしていた頃、便利なのが携帯電話で、どこにいてもダンプテイとの連絡が出来る。

しかし、これが逆に煩わしいこともある。

特別の会話もないから自然と、「今どこにいるの?」

とか「今何やっているの?」とか、の会話が精々である。

電話を切っておけば、余計に怪しまれてしまう。

この時間に、不在を継げるベルであれば、

どこで、飲んでる 誰と酔っている 俵万智

余程、狼親父が錦糸町の夜にふらついて、悪いことを覚えは、しないかと心配

錦糸町 フララ フラフラ 夜の露

ダンプテイ:錦糸町でのフララは、不埒ということね、夜になると急に元気になって、彼方此方と!

夜明けまで洒落ようか

言い夢をくれるならどこへでもついて行く

明日は淑女に戻るから今夜だけ 今夜こそ

恋の契の今夜だけ

錦糸町エクセレントナイト

注:この詩は、エクセレント高松より引用

この夜の街を彷徨、この狸親父には、皆んなが化かされる!

ダンプテイ:単身生活は、夜になると人恋しくなってね!

茶店、飲み屋、スナック等にふらつくことが多いから、ダンプテイからは、「喫茶店は、タバコの煙が良くないとか、コーヒーの飲み過ぎは体に悪い」等と言ってのお小言が煩わしい。

携帯の 会話の中味 軽さかな

カラオケをやっているときに、携帯電話がなってきたので、とっさに外に出て、いつものように「今どこに居るの?」

と聞かれ

「マンションにいるよ」

と答えると、「それでは、4チヤンネルテレビ回してみて」と聞くのである。

携帯が 鳴るとうろつく 今どこに

それで「嘘」が直ぐに、ばれてしまって、本当に女は、感が良いから困ってしまう。

ほんとにお前は感が良い

お酒は温るめの燗が良い

女は無口な人が良い

矢代亜紀が歌う舟歌のように無口な女に憧れる。

嘘だと分かっても涙の操みたいに、殿様キンングの心変わりを待つような女がいいね!

だれにも 心かわりは あるけれど

あなたを疑いたくない

鳴かずに待ちます いつまでも

おんなだから  千家和也 涙の操

ダンプテイ:馬鹿殿の心変わり軟化あるもんですか、ますます深みに入って行く。

「最近は簡易な監視カメラをおいて、携帯で監視をしようかしら?」

と言いだすが、それだけは、勘弁してほしい。

題:携帯の呼出し会話

花子:あんた、今、どこに居るの?

勝夫:マンションでテレビみているよ!

花子:ジャー4チャンネル回してみて、何やってるかしら?

勝夫:―――???

花子:嘘は、直ぐばれるわね、また歌代のところね!

早く帰ってきてね!

今晩楽しみにしているから♡

歌代:旦那は、取り込み中よ、一汗かいてらっしゃるの!

勝夫:お前は、宝だよ、我が家の家宝だよ

かほうは、寝て待てというだろ!

今晩は遅いから 寝て待っててくれよ

花子:えっ、下方は寝て待てと言うこと!

馬鹿馬鹿しい、金輪際寝てやるもんですか

話を戻しますが、マンション生活で困るのは、風邪など患って一人で、寝ているときである。私は気管支が悪いので、風邪をひくと悪化する体質で、いつぞや、息苦しいことがあり、「こんな状態だからマンションに早く来てほしい」と、正岡子規が歌った

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな

の心境で、携帯電話で呼びつけたことがあった。

電話を受けてから2時間も経ればマンション迄来られるはずなのに未だ来ない。

未だ来ぬと壁に囲まれ風邪に寝て

4時間もかけて来たので、「どうしてそんなに時間がかかったのか?」と怒ってやると、「犬に餌を上げて、散歩してきた」という返事。

どうやら、ダンプティの電話での呼び出しは、狼が来たという感じで、「また、嘘か」と、思われて真剣になってもらえない。

チイ:これが狼の話なの、前置きが長いこと!

ダンプテイ:この話まだ、続きます。

「犬と俺とどっちが大切か」と怒ってやったが、考えてみると、このようなことは7年ほど前に帰宅途中で胸が苦しくなり、女房に「肺に穴が開いているみたいだから」と、言って、女房の車で病院まで直行させ、居並、ぶ待合い客に、肺に穴がー」と、言って最優先で診てもらったことがある。

どういうわけか、先生に診断を受け始めると、痛みが無くなってしまい、先生から「何ともありませんよ」と言われてしまった。

帰る途中にお腹が空いて、「どこかで飯を食べて帰ろう」と言って大食いをした。

苦しさも 女房みれば 忘れけり

狼様の威力は絶大である。

顔を見るだけで、命が蘇る。あ有難き大神様狼様!

こんなことを女房は覚えているので、どうも私の言動が大袈裟で信用されていないのが原因であるらしい。

チイ:ダンプテイは、記憶力が良いからダンプテイのこと御見通しなのよ!

ダンプテイ:本当だよ、俺の記憶力は、最低だけど、ハンプテイの記憶力はダンプテイにとっては、最悪だね!

だって、退職したら飛鳥の世界旅よ、なん、て言っていた肝心なこともスカツト忘れてしまって、些細なことだけは、しっかり覚えていらっしゃる

世界旅 スカット忘れて レモン水

なんだから!

ハンプテイ:何にをおっしゃる狼さん、

ダンプティだって、いつも財布、メガネ、時計はどこだ、なんてウロツイテ癖に、そのうち、ガスの元栓締め忘れしないかと、ヒヤヒヤのヒヤシンスなのよ!

痴呆症 ガスの元栓 ヒヤシンス

ダンプテイ:単身の詫び住いで、屁等こいていると、侘しいものですよ

ピーと鳴く 尻音悲し 夜の鹿 芭蕉

だから、オナラは出ないよう、しっかり元栓を締めておりますから!

ハンプテイ:ダンプテイは、痔の手術をして肛門筋も衰えて緩みっぱなしだから、栓を締めるなんて無理な話し、

ダンプテイ:そうですよ、痔の病でのトイレ程つらいものは、ないですね!

オナラさえ痛くて、できない出ないから、こんな辛いことは、ありま詮ね、痛くて痛くて!

掃うべき 紙を手に持ち 泣くばかり

ダンプテイ:これにつける付けは

親のゆずりの 太刀ぞ 錆びける(犬筑波集)

と、どんでん返し

チイ;ダンプテイったら、御爺さんが亡くなった葬式の日にオナラを鳴らしたという噂は、聞いたけど!

ダンプテイ:でも、オナラも手術の後に出れば万歳となって、大安心

人工肛門(オストミー)のオナラ優しき師走かな

 秋元不死男

尊敬する俳人秋元さんも直腸癌で、亡くなられたけど、そんなときにも、こんな句を明るく作れる俳諧魂は素敵ですね

チイ:それに比較して、親の厳粛なる臨終の場でオナラをするような不謹慎な態度、親不孝者のダンプテイ

ダンプテイ:我が親の死ぬるときにも庇をこいて

苦々しくもおかしかりけり 

私の病院に行ってどうでもないわねと医者に言われたことだけは、しっかり覚えて頂いていて、「狼が来た」というイソップでは、ないが、ダンプテイが本当に死にそうになった時には、「狼が来た」の嘘だと思って、病院にも連れて行ってくれないから心配ですね!

チイ:「狼が来た」ではなくって、「おお神が来た」という面白いお話しを聞きたいですね!

ダンプテイ:それでは、最後の「けり」がついたようですから、本日は、これでお休みと致しましょう。

歌:狼は まします

狼が大神となって 狼だ

神が狼 となって 大神だ

お上が狼となって おお上だ

トイレ入って紙がなく 大紙だ

お上、狼、大神、おお紙 皆んな おおかみだ

我が家ではお上様が狼だ

狼も、かねては、生活の一部にあったかもしれませんが、狼が死滅して、俳句の世界でも、狼を句にした俳句は、少なくなっていますね!

チイ:しかし、金子兜太さんは、随分と狼を句にしていますね!

例えば、おおかみに蛍が一つ付いていた なんて有名な句があるけど、

やっぱり絶滅した狼に霊たる蛍の光がついているというのは悲しみが溢れてる。

ダンプテイ:狼の詩といったら、やっぱり谷川俊太郎さんに登場して頂かなくては!
おおかみ つかむ しかのにく
ゆうひが あかく もえている
あとには ほねが にさんぼん
おおかみ おがむ おつきさま
かなしい こえで ほえている
あとには ひとつ ながれぼし

おおかみ かがむ くさのなか
わかばが かぜに ゆれている
あとには うんこ ふたつみつ

やっぱり、どこかに悲しみが溢れている。

ダンプテイ:ダンプテイも錦糸町の単身住まい、狼がいるような裏通りをたむろしていたのよね!

錦糸町 狼たむろ 裏通り

ダンプテイ:錦糸町の住民であった私を狼にして句に盛り込んて頂きましたけど、錦糸町は、昔の雰囲気はなくなって、そんな狼は、今は、たむろしていませんから念のため

それに、付け足して言えば、狼は、神だと昔はいわれていた。

狼を 龍神と呼び 我が祖先  金子兜太

龍は神と称えられ、戦いの場でも、狼煙を上げて、の伝達の方法として使っていた。

日本には、狼煙という言葉があるように、昔の情報伝達や方法で狼の糞を使っていましたからね!

幼い頃の思い出だけど、岐阜の山奥に実家があったから、山から「フオーフォー」という唸り声を良く聞いたことを覚えています。

それでは、昔のことを少し懐かしんで、僕もロマンチックになったから詩でも

 

題:梟か狼か

楽しい想い出夢に見る

馬っ子一緒に寝んねして

金太郎エプロン臍のぞき

馬の寝息に僕寝言

萱釣り網を釣り下げて

家族八人雑魚にて寝んね

天井柱に鼠が二匹

食べ物ないかとちょろりちょろ

蛍がひらひらがな文字描き

庭の蛙がピョンピョンと

ふぉーふぉー鳴き声裏山に

あれは、梟か狼か

ハンプテイ:ダンプティは、私と5つしか違わないのに、随分と大昔の明治のイメージだわ!

大山鳴動して鼠一匹だけど、鼠がちょろちょろ人間の行動を窺って、好きがあったら食料を盗み出すという不埒なマウス

題:不埒なマウス

拉致拉致拉致拉致不埒なマウス

マウスマウスは覗いてマウス

あんたは昼寝をしてマウス

マウスマスマス覗いてマウス

一緒に楽しくやってマウス

お宝美味しく頂いてマウス

マウスマスマス太ってマウス

マウスが赤ちゃん孕んでマウス

ダンプテイ:不埒なことをして子供まで孕んでしまうマウスですね!

なんだかテレビコマーシャルに登場するパソコンマウスの雰囲気ですね!

チイ:昔はパソコンなんてなかったから、昔は、楽器の中のマウスの話だわね!

拾遺集に載っている歌だけど、

鼠が琴の腹に子供を産みたるを見て

年を経て君をのみこそ寝棲み(鼠)つれこと腹にやわ子をば産みべく

ダンプテイ:琴と異なる腹とを掛けた面白い歌だけど、琴の胴は、鼠の最高の巣作りの場所だった訳ね!

チイ:「長年、お前だけと寝てきたのに、異なる腹の子供を産むなんてことがあろうか」と

ダンプテイ:こんな話もあります。

「帝から名器の笛を頂いた源兼房、不用意に笛を吹きたもうに、笛の中に居た蜘蛛が喉に詰まりしに、帝、群臣も大いに腸を切れたもうなり」

これで、昇進も没になったという話し

ハンプテイ:いずれにしても、楽器の中に虫や鼠がはいりこむなんて長閑な動物と共存していたのが、ダンプテイの幼い頃の生活だったわけね

ダンプテイ:玉葱の ふぐりあんぐり 父昼寝

なんて、親父は、職人だったから家で仕事していて、何時も昼寝を一緒にしていましたね

そんな様子を狸が覗いて、食べ残しのふかしイモを失敬していくなんてことも!

ハンプテイ:狸泥棒ってやつね!

母は、働きもの

肌脱ぎの 母は二階で 蒲団替え

ダンプテイ:それに、田舎の御爺さんの家に泊まった時には、厩が母屋と一緒になっていて確かに馬が寝息も聞いたこと思い出し、明治の匂いが感じられました。

村の宿 馬の寝息に 朧月

芭蕉は、奥の細道での尾羽沢での借り宿も同じような雰囲気で、

蚤虱 馬の尿する 枕もと

と、歌っている。

チイ:江戸時代の藁ぶき屋根の古びた家の情感がある俳句ですね!

こんなところに、狼が居たのも分かる気がするけど、こんな宿に宿泊するのは、狼狽してしまう。

狼狽とか、うろた(狼狽)えるという言葉は、

狼も狽も狼で狼は前足が短く、狽は、後ろ足が短く、一緒に行動するが、離れると大混乱して倒れてしまうという伝承があり、狼狽の言葉がうまれた。

ダンプテイ:狼狽なんて言葉は、死語だと思っていたけど、狼狽とは違って、似たような言葉に今でも使っている狼煙(のろし)という言葉もありますね!

チイ:狼煙を上げるって、狼の糞を使っていたということなのかしら!

そう、言えば、浅草橋から見えるアサヒビールの糞のモチーフ、これは狼の糞なのか、それとも狼煙なのかしら?

ダンプテイ:これは、アサヒビールの炎のオブジェでアサヒビールの心の象徴だそうですよ!

狼煙火や 浅草アサヒ ビヤーホール

f:id:ipapokada:20190401091651j:plain

炎の男ダンプテイというところですね!

この炎のオプジェが月夜に光輝き、スカイツリーも新名所になりました。

男の俺が選んだ道だ たとえ茨の道だとて

泣いたりしないさ まけてたまるかぐっと

睨むこの目に 血がたぎる 

原譲二 炎の男

ダンプテイ:ギヤマンの目がギラギラと恐ろしい月夜

夜狐や ギヤマンの眼は 妖艶に 

月夜に狼が空に向かって遠吠えする様は、目に見えるよう。

月と狼は、神話でも

マーナガルム(Mánagarmr)は北欧神話に登場するで、女巨人がたくさんの巨人を産んだが、それはみな狼の姿であった。天空で太陽を追う狼スコルを追う狼ハティも、これらの狼から由来している。

すべての死者の肉を腹に満たし、月を捕獲して、天と空に血を塗る、そのために太陽が光を失ってしまう。

月食や日食も狼によるものとされる。

北欧神話では、狼が月を飲み込むと 
世界における終末の日であるナグナロクがやって来ると言う。 

 

月と狼 森田交一

心を巣くう狼はまだ

鉛のような光を放つ

繋いだ鎖 解き放てば

愚かな僕の罪重なる

帰らぬ時間よ

たまゆらの幻

見せて叶うことのない

思い引き裂かれて

月と狼の誓いよーー

 

月と狼 東方

僕は狼 牙持つ獣

人のふりする爪持つ獣

意識表層 満月に揺らめき

何をも知らぬ獣と果てぬ

 

こんな詩は、どうかしら!

題 月光の下 

山に雄叫ぶ蒼天の狼

天幕に映された天空の一隅

月が罪深い輝きを放なっている

家来たちの星々が膝まずき

怪しい金色の目を光らせ月を取り囲む

魔女が星々を箒で一掃して

天空にまき散らす

狼が遠吠えで嘶き

天空に響き消え去る

チイ:チンギスハーンは、蒼天の狼と言って、狼として崇められ、恐れられた存在ですね!

ダンプテイ:天空から狼は地球を盗み見しているから、何でも知っているのかしら?

何でも知っているのは、狼ではなく星じゃないですか!

星はなんでも知っている

昨夜チイーが泣いたのも

初めてキッスをしたのも

胸が震えて泣いたのも

注:平尾昌晃 星は何でも知っている 編作