ハンプティのブログ

ハンプティ・ダンプティのように、いつもずっこけぶりを発揮しています。

ダンプテイ親父の 操り人形

歌舞伎「操り三番叟」は、人間が操り状態になって、手足を動かす演技がとても面白い、糸がこんがらがって、踊り手が舞台に伏せてしまったかと、思うと、突然に立ち上がったりする。

これと同様、今の政治は、傀儡政権みたいに、操られた人間ばっかりで、誰かに踊らされているが、国民は誰もそれに気づかない。

国家公務員も国家資金で研究を行ったり、事業を進めるのも政権から恩恵を受けており、短期の資金を受けているから、その資金を受け続けるためには、直ぐ成果が出そうな研究や事業を企画せざるをえず、また体制が、求めることにも反対できない。

野党も政権が取れないから、与党の批判で終始してしまっている。

激しくなじろう 他人の失敗(野党)

嘘で済まそう 自分の過ち(与党、政権)

吊り人形で 操られ(国民)

これでは、政治不信が、つのるばかり、むしろ、政府の過ちは、早く謝ってしまって、やり直したほうが、改革が進むと、いうもの。

データーの改ざんや証拠隠滅もどうも政権の忖度の匂いがする。

なんせ、ダンプテイ、我が妻のハンプテイなんぞ、嘘を見抜く眼力があるから、下手な嘘は、つけやしないから、こんな嘘を暴き、改革を先導する人が、世事にもっと参加すべきだ。

そうよ、この馬鹿ダンプテイ、

我が家の家計もダンプテイの嘘を見抜いて、ハンプテイがやりくりしたからこそ、今の我が家があるんじゃない、ダンプテイがいうように、今の世の中、嘘を見抜いて、政治を真っ当にする人が期待されているのよ

「鯨一頭七浦を賑わす」の諺があるでしょ、鯨は、髭まで鯨尺とかにも使われているのに、ダンプテイの髭は、何も期待されていない東西南、ダンプテイは、操り人形で、ハンプテイのおもうままに手足を動かしていればいいのよ!

その東西南の髭って、なんでしょ、ダンプテイは、サッパリ分からへんわ!

北がないから、汚いわ!髭ってことよ!

それに、そのダンプテイの髭、何にも役に立たない役立ず、いっそのこと、ダンプテイが寝ている間に、切って差し上げますは!

「役立たずとは、砂浜にうち上げられた鯨みたいな親父と、ハンプテイは、おっしゃるが!

「他人恐ろし 闇夜は怖い 親父月夜は 何時も良い」と、言いますから,打ち上げられた鯨もダンプテイ親父も大切にしてくださいな!

それに、ダンプテイの髭だって、事故を起こした時の本人確認には、役立ますよ!

ハンプテイ:[ただ今、行方不明者が、発生しました。年齢73歳、青いセーターを着て、下駄ばきの、汚い髭を生やしておられます]なんて,案内ができるってことね!

ダンプテイ:その汚いは、余計なお世話ですよ! 

こんなに家族に、足蹴にされる親父も可哀そうだけど、こんな浜辺に打ちあがった鯨も可哀そう。

大勢かかって、沖にでられるようにと勤めるけど、下手すると,大きな粗大塵になってしまう。

日本人は、鯨を食べるから残酷だと,非難する国が有るけど、鯨を愛する気持ちは、あるのです。

鯨法会は春の暮れ 海に飛魚揺れる頃

浜のお寺で鳴る鐘が 揺れて水面を渡るとき

村の漁夫が羽織着て浜のお寺に急ぐとき

沖で鯨の子が一人 その無き鐘を聞きながら

死んだ父様母様を 恋し恋しと泣いてます

浜のおもてを鐘の音は海のどこまで響くやら

「金子みすす」は、こんな悲しい詩を詠っている。

大きくなる罪 更けていく罪 ぼくという尊大の罪 一瞬の煌めきは過去 いわれなき運命 身動きもせず 砂浜に 横たわる

注: 新藤晴一の鯨 野歌詞を一部引用

こんな役立たずとの罵声を聞くと、バイアグラ事件を思い出す。

ハンプテイ:このままでは、ダンプテイの話、エロ話になりそう、もう止めてほしいわ!

あなたの過去など 知りたくないの

過ぎてしまったこと 仕方がないじゃないの

注:中西礼の知りたくないの を引用

ダンプテイは、役に立たないと、罵声を浴びても頑張ってみたら、大発明となったのが、バイアグラですから、僕ももう一踏ん張りしなくては、

踏ん張って さらに咲かそう バイアグラ

何、その役立たずの発明って、ハンプテイには、さっぱり!

ダンプテイ:バイアグラは、元をただせば、狭心症の治療薬として治験医薬だったけど、あまり役に立たないと、禁止されていても「是非使いたい」と、続づけていたら、何と、そのお方、夜の不具合が解消して、夜の楽しみが復活するという実証実験をしてしまった」と、いうことで、勃起不全薬として大発明となったという訳!

そういえば、イギリスの「フィール」ドもダイナマイトを舐めていたら、狭心症に効果があったというセレンディプティの話しもあります。

セレンディプティって、どういう意味なの?

と、娘のチイが尋ねるので、ダンプテイが答える。

偶然の出来事や実験の失敗など普通だったら、役立たずとゴミ箱入りの出来事も、深く考えれば、大発明になるってこと、バイアグラ狭心症の薬も共通する狭心症に関してのセレンディプティですね!

役に立たないダンプテイもバイアグラみたいな思いがけないセレンディプティの発明で、立派に立たせてあげられないかしら?

絶たせてあげるって、ダンプテイは、もう三人も子供を育てたじゃないですか、

マー、育てただなんて、産むだけ産んで、子育てを放棄しちゃって、ダンプテイは、遊び惚けていたくせにナンタルチア、サンタルチャ

それこそ、賞味期限も過ぎたし、悪臭も放つし、尿も垂れ放題で、困っちゃう、役に立つより迷惑かけないダンプテイに望だけよ!

こんな歳 立たせてどうする バイアグラ 

ダンプテイは、ハンプテイの友達の電話番号を覚えるのにも役立つだけよ!

困るな 臭い奴 507-9318

困るな 嫌な奴 507-1878

嫌わ 奢るやつ 188-0568

ハンプテイもダンプテイを役立たず、と貶しているけど、元気な頃には、こんな思いでもありました。

昔、錦糸町のスナック主で、手品の披露ばかりしてくる店主なので、話題を変えようと、最近元気がなくてね!

と、話をし始めると、「ちょっと待って」と、店の奥から何か探してきて、この妙薬は、凄いですよ,と、効能をタラタラと垂れた上に、バイアグラを手渡されてしまった。

嗚呼 昨日までの悩みはなんだった

なんと完璧な 妙薬

バイアグラこそ、汝のパラダイス

この妙薬を授けし汝よ幸いあれ

たちまち貴方のマラは、カチカチ

愛人もあなたの虜になりますぜ

こんな雰囲気

あまり突飛な話にびっくりして、「今晩、確かめてみます」なんて、答えて、自宅には持ち帰らないで塵箱に捨てて帰ったことがありました。

その頃の髭は、真黒で○も元気だったけど、今は、こんなに白髭になって、禿にもなって、我が息子も操り人形に、なってきた。

チイ:マー、ダンプテイ親父の話って、ベトナムの水上人形のようなつまらなさ

ダンプテイ:マーマー、一寸だけでも付き合ってくださいよ、面白い詩をご披露いたしますから、お静かに、お静かに

f:id:ipapokada:20190404100653j:plain

題:あやつり人形

ピンとしているおいらの息子

昔元気だ パピプペピンコ

操り紐は 慣れてはいるが

今は昔の 夢舞台

あやつりつられ

息子はらはら 舞う芝居

息子いつでも 初舞台

ハンプテイは、操りダンプテイの絵と詩でびっくり

ハンプテイ:ワアー息子が糸につられて踊っている、ファンタジー親父!

それにしても、この歌は、梅沢富美男さんの『夢芝居』のパクリ

「想像力ほど、恐ろしいものはない」と、言うけれど、ダンプテイの見るに堪えない恥ずかしい漫画と詩

世の中を 箱に入れたり 傀儡子芥川龍之介

の雰囲気では、ないですか、この傀儡親父

チイ:なんですか、その傀儡子とは、

ダンプテイ:英語でいえば、マリオネットを操る人、操り人形師のことを傀儡子、昔からある芸人のことですよ!

ところで、この芥川の俳句は、「自分の作品が世にもてはやされて、世の中を自分が自由に操っている」と、天狗になって、友人に送ったものですが、ダンプテイも我が息子の木遇(デグ)を自慢して傀儡子気取をなさってる!

小澤一郎だって、ダンプテイと、同じ、裏部隊で政界を操ってる傀儡政権と揶揄されていたけど、今は、見る影も無い、ダンプテイは、操り人形の息子みたいな存在ですよ

ハンプテイ:ところで、操り人形といえば、淡路の人形浄瑠璃が伝統的だけど、ダンプテイも如何わしい操り師みたいなことにならないよう忠告しておくわ!

ダンプテイ:淡路は、蜂須賀家の領地、江戸との間で傀儡師を隠密として使って保護していたから、その文化が残されているわけですよ。

ハンプテイもダンプテイを温かく見守ってくれないと、伝統文化も廃ってしまいます。

ハンプテイ:何をおっしゃいますか、木遇(デグ)の棒の癖して!

ダンプテイ:木遇を馬鹿にしては,いけません。

佐賀の田中久重さん、元はと、言えば、木遇師で木遇の人形作り、この技を磨いて機械化し佐賀藩に仕えてアームストロング砲を作くり出し、明治維新で大活躍、更に明治になって、田中さん、東京銀座に出て、田中製作所を作り東芝の基となった。

f:id:ipapokada:20190404100745j:plain

83歳で亡くなるときには、電話機の発明にあけくれていたというから大したお方です。

僕の息子自慢なんて、これに比べたら月と鼈

木遇の息子自慢なんて、とても、とても、我が息子は「ちんけ」なもんでございます。

チイ:なんと、自分の息子を「ちんけなチンコロ」だ、なんて、謙遜なさったりして、

昔は、大山倍達さんのように、牛も絞め殺す腕力があったとじまんされてたのはどこのどなたか!

ダンプテイ:今は,昔の語り草、肩身も狭き無賃の身、こんな自慢できる程の力も気力もないフリーチン

トンダ卑猥な絵と詩は、トイレ落書き程にみて頂ければ良いですよ! 

それにしても情けない我が体

大いなる 人の肉体 憎らしき

その前にいき 物をいうとき

 の心境です

ハンプテイ:それって、自分の肥満加減を卑下する「卑慢の男」というの!

傲慢では、駄目だけど、他人との比較するのは、よしたほうが良いわ、自分の土俵で勝負しなくちゃ

チイ:そうよ、色々と大きなことばっかりおっしゃるけど、大山倍達さんの前にいけば,

法螺吹きや 大山鳴動 鼠一匹

f:id:ipapokada:20190404100829j:plain

法螺吹気ダンプテイも 鼠一匹、でてきたら大騒ぎして逃げ出す親父だから

注:大山鳴動鼠一匹という諺は、古代ローマの詩人ホラティウスの言葉から出た西洋の諺で、大騒ぎをした割には、大したことがなかったことをいう逸話

ハンプテイ:倍達さんの偉人伝を(大山倍達正伝)読むと、10円硬貨を三本指で曲げたり、ビール瓶割なんかもできちゃって、日頃の鍛錬の賜物って凄いわ!

如何にして明王の位には至るべき、師の訓を受てはじめに一刀両段の太刀を習ひ、百千万の業を稽古鍛錬熟して、上手名人の位をえるべきや

千日の稽古を鍛として万日の稽古を練とする

と、いうのが、達人になるための宮本武蔵の鍛錬で、偉人は10年程度は、鍛錬を積むことが必要で、イチロウもそのような鍛錬の賜物と、いうことですね!

注:この鍛錬の言葉は、宮本武蔵五輪書にある。

夏大樹 山は倍なる 達人記 

ハンプテイは、凄いじゃないですか、ダンプテイも完全に負けてます。

大山倍達を句に取り入れて、倍達さんには、随分と思い入れがあるようですね

「何という逞しい肉体 美の権化 神から授かりし 英気と勇気 ここに燦々と輝く」と、ハンプテイは、惚れこんで、いらっしゃる。

強い精神は、強い肉体に宿るというけれど、厳しい鍛錬は、もうこの歳ではダンプテイは、無理でございます。

ハンプテイ:日頃の鍛錬を培う強い魂があっての倍達さんだから、ダンプテイがヘナチョコなのは、精神力の問題ですよ!

倍達さんは、

瓦割り 千枚こなす 生身魂

と、いう修行の賜物ですよ!

ダンプテイ:そうですか、肉体は、心を入れるための容器、容器が貧弱では、美しい花も心も台無しと、いうことですか!

柚子の香や これは異なるや 器もの

ところで、ダンプテイ、自分を破壊する一歩手前の負荷が自分の肉体だけでなく、魂も強くし磨くことが出来ると、言われていますから、「体を鍛えて大山倍立さんを目指し、鍛錬したこともあったけど、続けて居れば、今では、こんな姿の筋肉男、怠けてしまって、今の我が有様で情けない。

 f:id:ipapokada:20190404100911j:plain

チイ:マアーグロテスクな親父!

それに、倍立なんて、自分の息子の成長目標と、され、今日は、息子の晴れ舞台ということでしょうか!

それに、これって、中世のペニスケースでは、ございませんか、何処かの絵を拝借なんかしたりして!

著作権は切れていて、問題ないから、下半身だけをダンプテイが借用しましたが、この股袋、実は、中世の鎧に元を発するものだそうで、

女性にも戦いの用意が出来ていることを示し、中身がどんな立派なものかを想像させ、乙女を興奮させ、その気にさせる男の武器であったとか?

ハンプテイところで、ダンプテイ、いきなり裸になって、番長皿屋敷では、あるまいに、皿の上の乗ったりして

春の空 濁世の衣 脱ぎ捨てて

 f:id:ipapokada:20190404095845j:plain

ダンプテイ:いえいえ、

皿に盛る 色香も淡し 夏料理

という、清々しい姿、どうぞこの夏料理を召し上がれ、そっと、袋を開けて、ほんのり桜色の芋を召し上がれ

ハンプテイ:それにしても、その袋の中に大事に、おさめている操り人形の正体を暴露してよ!

ダンプテイ: 実は、愛する家族の写真を身肌から離さず、股袋に入れて、大切に!

他人には、触れさせたくないダンプテイの宝物、大切に保管せねば、

他人(ひと)言の 繁き時には 我妹子 衣ありせば 下に着ましを

ハンプテイ:我が妹子 形見の衣 下に着て 直に逢うまで 我れ脱がめやも

万葉集のこんな歌の心地かしら?

チイ:嫌だ、チイの写真を恋人の下着と一緒にされちゃった!

ダンプテイ:良いじゃないの、下着泥棒に着られるよりも

チイ;それにしても、チイの写真をそんな糞ったれの場所に,晒すなんて、嫌な臭いが体に染みついてしまいますわ!

それに、皿をバックに体を晒しているけど、これは、食通の女性を誘って、特性ウインナーも我が股袋にありますよ、どうぞ、いかようにも召し上がって、なんて、嫌らしい!

ダンプテイ:これって、嚢中の如意棒で,ございまして、いやいや、間違いました「嚢中の錐で,ございました。」

チイ:嚢中の錐って、なんでしょうか?

ダンプテイ:「才能があれば、自然に世に頭角を現す」と言う故事で、袋の中にある錐みたいなものですよ

ダンプテイも嚢中の錐、直ぐに世にでますから、まーみていてください。

ハンプテイ:まあ、立派な物が飛び出すこと!

暗闇の恥を明るみに出さないでほしいわ

出てきたら、さらし者にしちゃうから!

何しろ十字軍は、この鎧に身を包み、敵を進撃しつつ、レイプの攻撃も欠かさなかったと、いわれていますから!

まさに、神から授けられたゴッドピースとは、いうまじき装いで、戦略した兵士にとっては、戦略した者が戦略された者への性的暴力(レイプ)は、悪の権化ですよ

その後も、西洋では、このゴッドピースは、民衆の衣服となって、中身を大きく見せて誇らしげに、パーテイに出たとか!

チイ:そんな装いでパーテイにでれば、こんな会話も

皇帝の前に呼びつけられた家臣の股間があまりにも立派なのを皇帝が見て

皇帝:我が君王の前で、お前の股間がご立派過ぎでは、ないか」

家臣:そんな誉め言葉、冥利に尽きますが

それは、お門違いなこと!

皇帝:それはどこか不具合でも

家臣:見掛け倒しで、我が息子は、へなちょこのポンポコリンでございまして、みかけだけは立派だけど、中身は張りぼてでございます。

皇帝:おう、それは、賢い振舞い、早速、我がチンもその張りぼて

ハンプテイ:ところで、この絵画の皇帝、股間のなんという逞しい一物 美の権化であらせられる。 

これは、かの有名なヘンリー八世の露骨な精力誇示の誇らし気な姿

f:id:ipapokada:20190404101017j:plain

我の物を見よ 我に敵う者は、この世におらぬぞ」と、ばかり!

ハンプテイ:「サアー、俺の種を撒くぞ、どこか、良い畑は、ないか」と、種袋をぶら下げて撒き場所探し回っているタレントの玉袋筋太郎さん、それとも古希を迎えたダンプテイの夢の中の姿

古稀の男(ひと) 色ある夢や 種袋

現実は、そんな萎びた種芋では、実も花も咲きません。

ダンプテイ:いえいえ、種は、撒かなきゃ花も実もつけませんから、種撒きは、生命保存の営業文句、永遠に引き継がれていくもの、我が種芋を卑しめては、なりません。

ダンプテイは、希望を抱いて種まきを続けます。

老翁や 胸のときめき 種袋

ハンプテイ:種袋と、いえば、小袋と共に、陰能の隠語

芭蕉も我も衆道好きと男好きであることを「貝おほい」で、告白し、こんな俳句を作っている。

紅梅の 蕾は赤い こんぶくろ

兄分に 梅を頼むや 桜稚児

梅は、男色の象徴ですから、まことにふざけた俳句である。

それにしてもヘンリー八世の種袋もそうだけど、ダンプテイの褌の膨らみ、チッコイ一物を大きく、見せるお土産物の過大包装みたい。

ダンプテイ:「麒麟も老いては、どば(駑馬)に劣る」と、いいますから、この老麒麟、せめて、見かけだけでも、麒麟でありたいと!

老麒は、厩にありとも 千里を想い

益荒男は、暮年なるも 壮心を養う

嗚呼、力道山よ、私に力をお与えください。

ハンプテイ:己を麒馬に擬えるとは、何というお馬鹿さんの河馬太郎!

お馬鹿馬鹿 駑馬も悲しき 月朧

ところで、力道山って、女たらしの一面もあったようだけど、ダンプテイは、そんなところに憧れたりしてのことじゃないでしょうね、厭らしい。

ダンプテイ:栗田登さんの力道山という本には、随分と赤裸々な女との関係の生活ぶりが書いてあったけど、ダンプティもそんな力道山生活に憧れなかったとは、いいませんね!

チイ:否定していないとこを見ると、力道山の生活に、憧れて、こんな助平男になったわけ!

今日は、その力道山流の生活とやら全部暴露して頂きますわ!

ダンプテイ:直接的に、私生活を暴露するのも家庭問題となりますので、ここは、許可は、得ていませんけど、栗田登さんの文学的な表現が素晴らしいので、力道山の「生活ぶりの本の一部を紹介させて頂きましょう。

その替わり、是非、本を購入して全文を詠んで下さいね!

これは、力道山が経営するリキクラブに、新人として雇われて間もない華奢な絹枝という19歳の女事務員と力道山との話、力道山は、お風呂を借りたと、この絹枝のアパートに入り込んだときの会話です。

「絹枝、背中を擦ってくれ!」―略―「いいから裸になって来や!」、「速くしろ、命令だ!」

絹枝は、タオルに石鹸にをつけると、ゆっくりと力道山の背中を擦り始めた。

「力を入れて、もっともっと!」

絹枝にとって、男性の背中を流すのは初めてであったーー略――二日、女を抱かないと、鼻血ブーである力道山にとっては、天国が鼻先に迫っているのであった。力道山股間のイチモツは、ピクンピクンと、さながら生き物の如く脈を打ち始めた。

チイ:嫌だ!股間の一物が飛び出してしまった。

ダンプテイ:これからが、クライマックスです。

「股から洗ってくれ!」「いいから洗え!」―――略――「速くしろ!」

「ハイ!」―略―絹枝は、真っ赤になりながら、震える手つきで再びタオルに石鹸を付けた。

初めて見る男性の隆々たるシンポル、顔がほてる喉が渇き、今にも気が狂いそうであった。―略―

「タオルでなく手で洗うんだ!」――略――手の中で、力道山のそれは、ズキンズキン、と動いている。

「よし、わしが絹江を洗ってやる!」

「いいです、私!」「良くない!洗わせろ!」―略――そのすべすべした肌を力道山は、撫でまわした。―略―美しい肌に、石鹸をたっぷりと、塗りつけると、両手でその感触を楽しんだ。―略――プリプリした御尻まで手がすべり落ちると、絹枝は、もう我慢できそうになかった。―略――胸から腹、そして下腹部、こんもりと、茂った草原から、愛の花びらに力道山の指が触れたとき、流石に絹枝も我慢しきれずに、「ハー!」と、声を漏らした。

―略――「絹枝、ワシの絹枝、愛しているよ、可愛い絹枝」―略―乳房から下半身へと、接吻を繰り返した。

固く閉じた絹枝の両股を強引に開かせ、その陰影の影に力道山は、顔を埋めた。そこには、男の裸を知らぬ、美しい赤みを帯びた愛の唇が固く閉ざされていた。

力道山は、その固く閉じた唇に、そっと舌を指し込み、そして吸った。

香高い処女の香りが力道山を狂気させた。―略――上気した絹枝の前には、偉大なるシンボルがビクンビクンと息づいていた。

―略―絹枝も夢中で、それを握った。―略―

シンボルに接吻するやいなや、それを口の中に押し込んだ。

そこには、二人だけの世界しかなかった。略―蕾のような絹枝の玉門の中に、根も余さず差し込まれた力道山の陰茎は、火よりも熱く、樫の木よりも硬く、ズキンズキン、と、蹴上がっている。

注:アンダ―ライン部は、神田稀一の乱れ雲を引用して加えた。

ハンプテイ:ダンプティが憧れるはずだわ!

こんな夜の世界!

ダンプテイ:いいえ、憧れたのとは、違います。

肉体は一つの大きい理性である」と、ニーチェは、肉体と理性の関係を語っているように、力道山の隆々とした肉体と、その笑顔には、理性を感じます。

人間の行動は、肉体の単なる動きでも、精神の働きでもなく、その二つが絡みあって、心身一体となって、生まれるものと、ポンティも言っていますから

力満ち どうだ空手だ 山笑う

と、空手チョップで外国の強者を打ち倒すのは格好が良かったし、その笑顔も明るい、心がある。

ハンプテイ:この俳句、力道山が盛り込まれ、面白いけど、動という漢字が入っていないことには!

山を抜く 力漲る 世が動く 

は、どうかしら!

ダンプテイ:この句は、力抜山 気

――略――虞や虞や汝を如何せん

と、いう項羽の愛人「虞美人」を悲しむ歌を引用していますね!

チイ:力抜山とは、なんたる腰折れの力抜け山でございますか!

ダンプテイ:いやいや、これは、学のある人が読めば、「力山を抜く」と、いう豪傑で、ございます。

そして、その気力たるや世を覆う。

この歌は、項羽劉邦軍により垓下に追い詰められたときの項羽の歌です。

注:四面楚歌の言葉の謂れとなった。

虞美人は、項羽の戦いの足手まといになることを恐れて自殺したそうで、その墓の跡に咲くようになった花を虞美人草と言う。

ハンプテイそれにしても先ほどのエロ小説の世界は、

恥ずかしい 何もイエネー 力道山

ですね、

こんな、エロ文章を紹介するなんて、何も言えない乱暴な振舞い、これって、随分ランボーの、シルベスタ・スターローン

ダンプテイ:今から考えれば、社長が未成年女性の新入社員家に入り込んでの猥褻行為、セクハラ、パワハラの監獄行きとなるハラハラ行為だったようですね!

ハンプテイ:それにしても、この力道山のふるまいは、凄いわね、まるで、まるで川上宗薫の世界!

ここまで赤裸々な表現ができるのは、相当の元手がかかっていますね!

ダンプテイ:川上宗薫の場合の話では、毎月10人程の人妻とネタ(寝た)探しに、性戯を駆使して悶えさせ、テクニックを小説にしたそうです。

なにしろセックスのお相手さんの募集をして話題になったとか!

チイ:この費用は作家としての必要経費だったのかしら?

ダンプテイ:馬鹿だね、そんな女が領収書を発行するわけないでしょ!

ところで、力道山は、「男にも裸になれ」と、言って、裸にさせていたらしい!

ハンプテイ:それって、ホモということ!

ダンプテイ:いえいえ、力道山は、プロレスを世に広めるため、プロレスに適した逞しい男を探していたわけです。

ブラジルで、馬面をした猪木を見て、「裸になれ」と言い、猪木の裸に惚れ込んでプロレス界に誘ったそうです。

ハンプテイ:マーいずれにしても、ダンプテイの力道山大山倍達のような肉体への憧れは、今ではダンプテイの夢物語、いまでは、お腹は豚腹のぶよぶよ顔の皺も波々のかさねでございますから

ダンプテイ:

いく春を かさねかさねの花ごろも 皺よるまでの老いもみるべく

と、いうことでしょうか

ハンプテイ:マー素晴らしい和歌、花ある人生も、今では、老いの重ね皺、こんな姿は見たくもありませんけど

ダンプテイ:実は、この俳句、芭蕉奥の細道で「かさね」という美しい娘にあったときに歌った和歌、

チイ:「こんな美しい乙女、かさねて年月を経て、皺がよった老いの顔もみてみたい」と、いう趣向ですね!

ダンプテイは、美女をみても、こんな洒落た和歌も俳句もできませんわね!

手の皺に 重ねし齢 生身魂

ハンプテイ:マー可哀そうなダンプテイ親父ですこと、こんな哀れなな親父に相応しい詩をさしあげますわ

題:親父を憐れむ歌

ああ痛ましや痛ましや

髪はウスウス木の葉髪

お手手はシワシワのシワ重ね

腹はハラハラ積み上げて

顔はウトウト阿呆顔

ダンプテイ:何と言う、拙い言葉の羅列、何の感情も呼び起こさない稚拙加減

ハンプテイ:それでは改めて、バイロン調に

死は、顔慄き 蒼ざめさせ

曲がり 血管を引き裂き

喉は膨れ 肉はふやけ

筋筋の筋も緩み 伸びる

チイ:これがバイロン調の詩でしょうか

チイだったら、こんな調子に,しますけど

空蝉の 世は夢ばかり 朧月

死とあがなうは  他にあるまじ

日本調にすれば

行く秋を かさねかさねて皺衣 あの世の君の生身魂(いきみたましい)

ダンプテイ:なんと、これは、舅いびりのオンパレードでは、ございませんか!

憂き我が姿を蝉殻に擬えるとは、不届きな娘!

蝉殻を 脱ぎつつあれば セミヌード

と、蝉殻もこのように、明るくいきたいものですね!

それに、我が衰えし、姿を顔体操で、いけば皺の重ねも低減いたしましょう。

しわしわみっつ しわみっつ 

ダンダルほっぺは 狸のふぐり

口は大口 鰐にも負けぬ

上がり目 下がり目

ぐるっとまわって 猫の眼ななめ

和歌で真面目に対抗すると、すれば、

うかりける 人を初背の 山おろし 禿にナレとは祈らぬものを

チイ:これって、チイの旦那のロンさんの弱点、禿と申されては、ロン旦那が可哀そう!

こんな無礼なチイの親父だけど、男は、美しい姿や顔だけでなく、生きざまが大事だから、ロン様のお仕事、頑張って頂戴ね!

ロン:その慰ましは、有難いけど、ニィーチェは「、精神(魂)は肉体に宿る、どんな精神力が強く、尊大であっても、肉体が滅びれば、精神も失われる」と、言っていますから、人間の魂は、肉体が汚れれば、心も汚れると言うものものです。

題:魂と肉体

肉体には 魂が宿っている 

だからこそ そこに命が宿る

肉体と魂が一緒になって、命が生まれる

どっちが大切なんて、意味がない

肉体は魂の仮の宿 魂が休む仮の宿

魂が肉体から飛び立つときが死にたもうとき

魂の雁の宿を大切にして鍛え、磨きたい

ハンプテイ:ロンさん、流石に、ケンブリッジの卒業生、哲学でこられましたわね、

それでは、私も哲学で、対抗しなくては、

魂と肉体との関係だけど、生きていても魂が抜けたような時もありますね、恋に溺れて浮かれ状態とか!

ものおもえば 沢の蛍もわが身よ りあくがれいずる魂かとぞ見る

なんて、和泉式部の和歌があります。

ダンプテイ:霊を信じないダンプテイに、とっては、死んでしまえば何事も、ナッシング ナッシング オールナッシングですよ!

チイ::魂と身体とは、一緒と、いうけど、どういうことかしら?

ダンプテイ:言葉では、簡単には言えないけど、

魚の魂は水、鳥の魂は空、樹木の魂は土である。

鳥さん、鳥さん、あんたの魂、今はどこ

え、え、え、私の魂?

それは空だよ 初御空

雲一つない空、青い空だよ 透かし空 

空さん、空さん、あんたの体 今はなに

え、え、え、私の体?  それは鳥だよ白い鳥

気ままに 空舞う鳥だよ 阿呆鳥

岩田慶治 参考

平安時代の頃から人間は、魂と肉体の二元で捕えられ、蛍の光は、魂が肉体から離れていくと、把握されていたようです。

もの思へば 沢の蛍も我が身より あくがれ出ずる 魂かとぞ見る 和泉式部

チイ:確かに、魂は、遺伝子により伝達されているかもしれないが、精神は、生殖よりも:教育という形で永遠に伝えられていくものですよ!

例えば、明治維新の時代、吉田松蔭は、自分の塾を通して、2人の総理大臣と9人の大臣、2人の大学創設者を産んでいますし、一介のありふれた青年坂本竜馬が、勝海舟西郷隆盛に出会って、時代を改革する男に変身したわけですから!

松蔭は、魂は、万巻の書物を読むことにより育つと、本を読むことを推めています。

高徳のある人間の口から発せられる言葉は、人間の魂を揺さぶり、世の中を変えていく

ハンプテイ:そうかと思えば、人の口が災いをもたらし、人の人生を狂わせることもある。

例えば、ヒットラーは「役に立つ人間は、人を殴れる人間だけだ」と、口にして人を煽動させたわけですから、舌は、恐ろしい!

チイ:筆舌に尽くしがたいとは、こういう諺なのかしら?

ダンプテイ: いやーもう既に口にしているから{舌の剣は、命を絶つ}と、いう諺が適切ですね!

舌を武器にして民衆を駆り立てて暴力や殺戮で、ユダヤ人を大量殺害した。

日本でも、関東大震災後の混乱時、朝鮮人が暴動を起こすというデマに煽られたた人が自衛団を作って、朝鮮人の虐殺に走ったそうですから、他人ごとでは、有りません。

チイ:こんなことを考えると、神は、人間の舌というものをどんな目的で作られたのかしら?

題:舌

神が作りし人間の一枚の舌

一枚の舌が世を変え 人を変える

あるときは 刃となり 人を奈落の底に

あるときは 若者に勇なる 火を注ぎ込む

神よ、この舌に善なる心を 導きたまえ

ところで、先ほどの、動物の愛護を広く考える点に関して、100トンのシロナガス鯨からは、鶏7万羽の肉がとれるし、鶏は、鶏舎小屋に入れられて、流れ作業的に同じ食べ物だけを食べさせられ、何の楽しみもなく殺される運命だけど、鯨は、海の中て自然な生活を楽しんで生きたのだから、鯨に我慢して頂いた方が、という考えもあるわ!

ハンプテイ:鯨が食べられないから鰻を、今度は、鰻も絶滅危惧種で食べられないし、マグロの絶滅危機もあるし、これから何を食べていけば良いの!

デバ「鰻美味し彼の河って」という童謡の時代ですね!

チイ:馬鹿ね!「兎美味し彼の山」でしょ!

ハンプテイ:食いしん坊だから、兎まで食べている。

「兎追いし彼の山よ」!

チイ:現在は、日本の山に兎は,居ないけど、オーストラリアでは、西洋人が兎を野に放って、大変な量の兎が繁殖して牧場を荒らしているから、大変なことになっているの!

ハンプテイ:それこそ、虎を野に放せば、兎問題は解決するじゃない!

ハンプテイ:「虎は野に放なすな」という諺があるけど、助平親父を野に放ったら、

虎は裸で 野は火事だらけ 花灰だらけ

と、大変なことになるから!

f:id:ipapokada:20190404101627j:plain

ハンプテイ:花を摘みに他人の庭に無断に侵入するから、始末におけないダンプテイ親父、絵にしたら、こんな感じかしら!

主なき 庭にどっしり 浮かれ猫

やっぱり、ダンプテイは、しっかり紐につないで操らないと、とんだことになる。

ダンプテイ:他人に罪を被せるのは、国内問題を海外に向ける政治家の手口、中国や韓国の歴史問題や尖閣列島等の領有権問題に似てきましたね!

米国もベトナム戦争で南北ベトナム人を戦争に追いやり、何の罪のない人や自然を破壊した行為や原子爆弾を製造している疑いでイラクを爆撃した悲惨な事件を起こしました。

今は、北朝鮮に対して武力を使うと挑発しているけど自国民を守るからといって、他国民を犠牲にする倫理の正当性はないと思うけど!

ハンプテイ:米国の世論は、広島と長崎に原爆を投下して大量殺人の罪を犯してもこれは戦争を早く終結するために正当な行為であったとし、誰もその罪を追及しないで東京裁判で人を裁く権利があるのかしら?

ダンプテイ:広島での軍縮会議に参加した米国のゼリコー大学教授は、原爆投下の御蔭で100万人以上の日本人生命が救われたなんて、自分達の行為を正当化している米国の国民性が暴露された。

原爆投下の結果に至るまで、戦争を続けた日本の幹部の罪も大きいと、思いますが、それ以上に、人の命を数で評価するアメリカの罪も大きい。

米国は、原爆投下に対して、過ちはもう繰り返しませんと、誓ってはいないから、北朝鮮問題でも投下する暴挙は、ありえるのかしら?

過ちは くりかえします 秋の暮れ 三橋敏雄

あのアメリカの博愛の精神は、どうしたのか

地球のすべての民が地球を共有しあう責任と

自由と正義と博愛の精神は、どうしたのか

トランプよ 地球環境を破壊するな、

協力し、助け合う人や国家を敵味方に分裂することはやめて

今こそ、地球を破壊する原子力を禁止する勇気を日本は、持ってほしい。

さもないと、

クレイマー監督の渚にての映画のストーリーのような地球の破滅

第三次世界大戦により北半球の全てが死の灰で汚染されて、廃墟とかしたのを潜水艦の乗組員は潜望遠鏡で知っていた。

かれらは、メルボルンの渚に、逃亡してきたのである。

しかし、南半球にもその死の灰の影響が及ぶことは時間の問題である。

チイ:日本への大きな罪を反省しないで、ベトナム戦争化学兵器を使ったのも米国ですし、ベトチヤンの写真を見て、反省しなのかしら?

ダンプテイ:日本もベトナム戦争に関係しなかったというわけでは、有りませんよ。

横浜の埠頭から、弾薬や化学薬品、戦闘機等をフォーチミンの戦地に運ぶため、米国LST運搬船に日本の乗組員1400人が関与し、4人がベトナム解放戦線により犠牲になっています。

チイ:ベトナム寺院にダンプテイと旅行した時、私達、可愛そうなベトチャンに、お祈りしたわ!

f:id:ipapokada:20190404101409j:plain

注:ベトナム寺院の前でのお祈り

兵器や戦争協力に人を派遣するなんて、日本は戦争放棄の国では、なかったのではないかしら?

ダンプテイ:国民が米国政府と契約で船乗りを志願した以上、個人的な問題で、関与しないとするのが政府の立場でした。

チイ:ベトナムの枯葉問題もそうだけど、日本の政治家も国民の目を反らすことも上手いし、公務員、恐るべし!

いまこそ、国民は、操り人形と、ならず、自らの手で、平和を勝ち取ろう。

ダンプテイ:行く先きは 官の厳しさ まさりける 人目も草も枯れんとぞ思う

ハンプテイ:そう言えば、馬鹿の壁の中で、養老孟司さんも外務省も仕事もあまりないのに、本来の仕事ではなく、その省のために仕事を行っていると非難されていますよね!

多くの省庁は、多くの配下の独立行政法人を抱えていて、その下部組織を養うために、必ずしも必要ではない事業を作ってお金を使っている体制がありますね!

チイ:独立行政法人のかかえる問題もあるけど、その根本は政治家の問題ですよ!

政治家の口はすねた子供のように歪んでる

その口から湧き出される言葉の歪み

放り出された渚の魚と潮騒の叫び声

そのやくざっぽい帽子を砂浜に捨てて

浜菊の花が咲いているのを見てほしい

 麻生大臣様

財務大臣も加計問題などで、証拠隠滅や嘘発現が財務省で発覚して、その対応発現で、口もますます歪んでおりますね

政治家の 嘘聞き飽きて 雨季開けず

思いわびさても命はある ものの

雨季にたえぬは 涙なりけり

チイ:これって、嘘ばっかし、雨季ではなくて「憂き」のはずだけど

それにしても、この百人一首の道因法師、坊主のくせに、憂きに絶えられず涙なんて、坊主のくせに生ぬるいこと

それにしても最近の政治家の発言は、

思いわびさても 命はあるものの 官の仕打ちは涙なりける

チイ: 剥けども剥けど出てくる玉葱のように、次々と飽きもせず、嘘や騙しが発覚すること、

ダンプテイの歌や俳句が出ること!

ダンプテイ:駄洒落俳句、どれも愚作バカリで恥ずかしい

ぐぐぐぐぐ いつも愚作で 愚の音かな

石川啄木は、

悲しきは 小樽の街よ 歌うことなき 人々の声の荒さよ

と、歌うことのない人から感動されない悲しさを歌っていますが、思いは同じです。

小さくも 我は芸の子 詩の愛児 、歌わば足らん 君の如くに 石川啄木

と、いうところですね!

注:この歌は、石川啄木与謝野鉄幹から才能がないから歌は、止めたほうがと言われて友人に手紙て歌ったとされる。ここで、君は、キリギリスのことだそうである。

でも桃栗3年柿8年と言うけれど、歌や俳句は、未だ、1年位しか経験してませんから!

井原西鶴は、俳句に飽き足らず、小説の世界に入っていきますが、俳句との決別を記念して住吉神社で数千人の観客を集めて一日で22500の句を作ったといわれていますから、とても真似できません。

この決別の俳句が

俳諧 息の音止めん 大矢数

注:大矢数とは、京都33軒堂で行われる通し矢の競技で一日に数千本から数万本の矢が通された。

出来栄えは兎も角、先ずは量を優先してのことですから悪しからず。

ハンプテイ:それでも色の道は、ベテランでいらっしゃる、もう何年間、修行なさってるのかしら?

ダンプテイ:吉行淳之介さん、ホステスの腿と尻にさりげなく触って嫌がられなくなるには3年、胸は8年の修行がいるから、「腿尻3年胸8年」が蕩児の金言だそうですが、私は、こんな蕩児に比較したら、手も足もでない達磨でございます。

注:フェミニスト上野千鶴子さんは、女性嫌悪、女性蔑視の傾向が強い作家として淳之介と永井荷風を挙げている。

ハンプテイ:嫌ですね! 

尻とりケームとか胸取りケームみたいな卑猥な遊びを何年も!

チイ:ところで、今日は随分とダンプテイお刺激のある話が多くて、チイ眠むれるか心配ですわ

ちょっと多めに眠り薬を飲んで寝ることにいたしますわ、おやすみなさい。