ハンプティのブログ

ハンプティ・ダンプティのように、いつもずっこけぶりを発揮しています。

ダンプテイ親父の 表と裏 その2

さて、昨日は、随分と夜遅くまで、表や裏の

話をしちゃいましたね!

ところで、ダンプテイ、実は、60歳までは、普通のあり触れたサラリーマンの表舞台を歩いていたけど、定年後に急変しちゃいまして、裏の世界に飛び出してしまった。

ダンプテイが芸術系の大学に勤務していたときに、ダンプテイが描き溜めた作品を画家である若尾学長に見て頂いたところ、「中々、面白い、どんどんやりなさい」と、強力な後押しを得、「そうだ、ダンプテイは、表現が好きなんだ、やろう」と、決めて、豹変してしまいました。

f:id:ipapokada:20190406191516j:plain

注東京工芸:大の若尾学長とその作品

「その一言が、ダンプテイの人生を狂わせた」なんて、あたかも、ダンプテイの老いの狂い咲気の人生であるかの如き、お言葉、マー小指を指して、私は、これで人生が変わりました」なんて、いうよりはましだけど、と、ハンプテイの言葉はいつもながら鮮烈

更に、「この若尾学長の絵は、芸術的なセンスがあって、ハンプテイは、胸キーュンだけど、ダンプテイは、全然、ハンプテイのハートに突き刺さるような表現がほしいわ!」と、まで申される。

ハンプテイの期待に沿うような裏の表現もしていきますからご安心ください。

それでは、手始め、得意の体を張っての表から裏に抜ける裏芸を披露致します。

「ダンプテイのお腹は、腹黒い、腹に一物がある

胃カメラじゃ 何も見えない 腹黒さ

と、ハンプテイ様が申されますが、本日は、ダンプテイの腹の中、透けて清らかなところをお見せしましょう!

我ならで 誰かに見せん腹の芸 色をも香をも 知る人ぞ知る

さあーここに取り出したるは、手前生まれし処の名刀「関の孫六」で、ございます。

口に密、腹に剣と、諺がありますけど、こういう男は、ご用心、ご用心!」と、ハンプテイのお囃子が入りだす。

さあ、ダンプテイの腹に風穴を開けて、春風を皆さんに、お届けいたします。

持ち出したるは、関の名刀 孫六

バッサリ お腹を斜め切り

そこに見えるは、奥の陰

皆さま方には、ただ今、ダンプテイの腹の向こう側のテレビをご覧頂いております。

長嶋がホームランを打って逆転サヨナラ満塁ホームランを打ちました。

腹を突き抜けて皆さんのところにこの野球場の風も吹き込んでいます。

f:id:ipapokada:20190406191811j:plain

やったぜ、ベイビーとダンプテイも大万歳で御座います。

春風や 闘志いだきて ちゃぶ台に

元句 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子

題 腹切り手品

デンバラ デンバラ デンデンデン

デッカイ デッパラ ザックリト

臍ごと切って みせしましょう

さすれば、腹は風の穴 

裏の世界が見えてくる

ぽっかり空いた穴から、これまで見えなかったものが見えてくる。

人生も同じ、偶には、自分の腹を割ってみれば、新しい世界が見えてくる。

世の風、人の風を吹き込めば、見えなかったものが見えてくる。

世に、これを風穴を開ける男と、申します。

チイ、なんと、馬鹿な太鼓もちのダンプテイ、文芸界に風穴を開けるつもりかどうかどうか知らないけど、壁に風穴でなく、でっぱらに風穴なんて、聞いたことないし、ありえない裏世界というか、ダンプテイの裏技!

頭にでも穴を開けて、邪悪の心を清んだ空気で癒して頂きたいわ!

本当に、裸の悪戯が過ぎて、色も香もございません。

色も香も 笑い種だわ 変わり種

そして、このダンプテイのデップリお腹は

ユタンポの お腹の波や 山笑う

こんな、悪ふざけに、家族もあきれ顔でございます。

そう「貶されては腹の虫がおさまりません。それでは、ダンプテイ:、

「華麗なるな日本舞踊を披露させて頂ききます」と、屏風の前で、黒田節

酒は飲め飲め、飲むならば、日本一のこの槍を

槍を扇子に持ち替えて、決まっておりますダンデイ

サー、ダンプテイは、いつの間にやら、屏風の中のいい男

ところが、このダンプテイ、足も手も、どうでしょう、屏風の外に出て

f:id:ipapokada:20190406192045j:plain

チイ、マー何でしょう、これもトリック、こんなインチキありゃしない、

華麗どころか、加齢の蛸踊りではございませんか

ダンプティのこの悪戯は、公共宣伝で、しっかりとチイが追及致しますわ

取りあえず、「車内での裸の王様の悪戯は、許せません」とのキャッチフレーズで、小田急電鉄の宣伝部に、提案してみますわ!

「それでも駄目なら、木の祠に埋めてしまいますから」と、手厳しいチイのお叱り、

それにしても、この電車の中のダンプテイ、踊るポンポコリンのお腹では、ございませんか」

ハンプテイも「なんですか、この狸親父、その面の皮を剥がして、狸の正体を明かしてあげますわ」と、動物虐待の様相を呈してくる。

チイも「駄目ですよ、こんな狸親父、ダンプテイの悪戯なんか追及しても無駄でございます、らっきょの皮を剥くようなもので、剥いても剥いても、次から次と皮が出てくるこのラッキョ腹、皮を剥いても花も実も出てこない、皮ばかりの人間と、いうことかしら!」と、ハンプテイ以上に、手厳しい。

さらに、「こんなダンプテは、祠に埋められ、静かにしていただこうかしら」と、駄目押しをなさる。

こんな仕打ちに、負けるようなダンプテイは、ポンポコリンの男では、ありません。

エジソンは偉い人、そんな常識、タッタタラリラ、御臍が痒い

祠の穴からでも、新しい表現を出し続けますから、こんな句は、如何でしょう

祠から 覗きみえたる 新天地

どうも愚作バカリのようですね、それでは良い句が見つからないからダンプテイの兄貴の句を借用しますが、悪しからず

 蓑虫や 住みてもみたき 隠れ宿  峰明

ところで、家族を見捨てて放浪の旅に出た西行さん

埋もれ木の 人知れぬ身と 沈めども 心の花は 残りけりぞや 西行法師

芭蕉西行さんに見習って、裏世界の木の祠に埋もれて修行し、先人に負けない俳句や和歌を皆さんにお届けいたしますから、それもダンプテイの心の花という美しい花

「心の花とは、何という優雅なダンプテイのお言葉、でも心を鬼にしてハンプテイが忠告させて頂けば

色かえで うつろうものは 世の中の 鬼の心の 花にぞありける 

注:小野小町の本歌「色かえでうつろうものは世の中の人の心の花にぞありける」

「鬼に金棒とも申しますが、ダンプテイの場合は、鬼にも花と、申しましょう!」

なんと、我がダンプテイの奥方鬼様、今日は、珍しく、お優しい鬼にも涙

棘あれど 心優しき 鬼薊

やはり、女は、顔では、ございません、心が優しくないと!」と、ダンプテイ

チイは、親父には、優しくなんて、もっての他

こんな法螺吹きダンプテイ親父は、永遠に洞の人ね、可哀そうだけど、こんな風に袋詰

f:id:ipapokada:20190406124209j:plain

祠に入るのは いいけれど 祠の中では誇らしく

堂に入ってどうどうと 法螺でも吹いて あの世まで 

こんな洞男にされたダンプテイ、

「偶には、祠の中の裏世界も良いけど、偶には、表舞台の文学の世界にも顔を出させてください」外のすがしい空気を吸わせてください。

チイは、許せませんとばかりに、「詩とか俳句とか、しらないけれど、ダンプテイの文芸世界は、どれもこれもあぶくじゃないの」!

ほれ、風呂場で、屁すれば、ぶくぶく浮き上がるあの「あぶく」さ、なんにも役に立ちゃしない。

ダンプテイ,いえいえ、芸術家にとっては、気にいった作品は、人に渡したくないし、気に入らない作品は売るわけにはいかないし、だから、あぶくになっちゃう。

マーこのダンプテイと、チイも反撃

「ダンプテイったら、一流の芸術家気取りしちゃって、文武苦茶釜かどうかしらないけど、我は、文も武もと、文武苦茶釜の狸の自慢のお腹も、顔もどれも、愚作ですは」

ダンプテイの文武苦茶釜たる日本文学を馬鹿にしては、いけません、あの、利休様もベタ褒めの茶釜で、ございますからと、ダンプテイは利休までも持ち出して、対抗

ところで、文武に疎い、チイとハンプテイには、文武の教育が必要でございますれば、少しばかりのお勉強を

「歌舞伎にしても俳句にしても、様式化された決まりを理解してこそ、文化が伝承されていくのです、恋物語や俳句もエッセイも同じです。

すると、チイ、「様式というのは、マンネリズムですよね、斬新さがなく面白みが欠けるように思えるけど、山頭火のように、様式を越えなくては!」と、生意気な発言

お勉強の途中で、口出し無用ですよ、チイ様、暫く暫く、お口を閉じて、ダンプテイmの話を聞いてください。

モナリザを見れば、「この女は、どんな女なんだろう」とか、「どこの出だろう」とか、「男はいたのだろうか」とか、様々なイメージを膨らませてくれるでしょ

それに、モナリザの唇には、女の謎がある。

「原始以来、この謎を描き切れたのはダビンチ以外に居ない、そしてこの謎を誰も解明しえていない」と、漱石モナリザとういう小説に書いている。

だから、ありふれた顔よりもイメ-ジを膨らませてくれる、顔を描くのが本物の絵師である。

写楽の歌舞伎役者の顔とか、ピカソの顔とか、ジャンルは違うけど、何か不思議にイメージを膨らませてくれる顔は、素敵ではないですか

俳句だって、ポエムだって同じです。

久女の俳句

花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ

女が脱ぐ着物姿、この俳句からは、様々な久女の姿を詠み手に想像させてくれます、これが5,7,5の短い言葉から醸し出される妙味と言えましょう。

松尾芭蕉も不易流行という俳句手法を確立して、流行の俳句も不易の俳句も大切であるとして、これまでにない俳句手法である流行を不易な俳句として近代俳句へと発展させています。

そんな大袈裟なものでは、ありませんが芭蕉にあやかって、新しい流行を作らんと、ダンプテイも俳句を作る旅に出ます。

チイ、旅に出るのは、自由ですけど、一言、ダンプテイに質問があります。

「和歌や舞踊、能、歌舞伎、茶道や華道のように芸術には、伝統により蓄積された様式なるものがあるから、手っ取り早く、芸を身に着けるには、この様式を自分のものにして、更に、オリジナリテイを発揮することが、重要とされますが、ダンプテイ、如何でしょうか?

真面目な質問に、真面目に答えられないのが、ダンプテイの弱点

これは、相撲や野球等のスポーツも同じことが言えそうだけど、貝原益軒は、性に関しても芸術論を展開していますね!

確かに、印度では、様式化さたれ性行為も、絵や彫刻に昔から伝えられてきた伝統があり、凄い絵が一杯ある。

扇返し、松葉崩し、やぐら落としとか!

風薫る 土俵の上のあでやかは 四つに組んだる 大角力 しっぽり汗に水入れて

はなれられない 二人の仲は あの手、この手の裏表 やぐら落しの 仇姿 

           小唄 やぐら落とし を参考

「相撲は、様式がありますから、基本の相撲手を勉強することが大切と、ハンプテイにも協力してもらって技を磨くことが肝心と、心得ますが、偶には、櫓落など、豪快極まる技も出してみたいもの」とダンプテイが申せば、

チイ、「変な方向に話題を誘導させないでください、ベッドの上で、夫婦そろっての裸相撲の稽古だなんて、厭らしいこと、この上ない。

話の流れをダンプティの自慢のデッカイお腹に、奥方を乗せて、「うっちゃり」のように、さっと恋の話が性の話に半回転してしまうのだから!

滅相もないことを、チイの誤解もはなはだしい限り。

しかし、チイ様、うっちゃりというよりダンプテイの得意技は、肩すかしでございます。

肩すかしって、チイは、嫌ね、堂々と、ぶつかればいいのに、ひょいと肩をすかしして意表をつくなんて、ダンプテイらしくない。

いえいえ、張り手にかちあげばっかりで、それも勝ったら勝ったで、ダメ押しまでして、勝ってルイルイ、ヤッタゼ顔の白鳳よりは、ダンプテイの肩透かしのほうが、まだましでは、ないですか!

この道は ただ勝てば良し 秋の風 万太郎

というのは、良ろしくありません、巨人、大鵬、卵焼きが懐かしい。

ここでチイ、「壁ドンでは、ないけど、相撲取りなら、どうどうと胸ドンか、頭ドンで、お願いしたいわ」と、壁ドン時代の落とし子らしい発言

ガチンコ相撲もいいけど、もうこれで駄目かと、おもったら、「腹がしっかり受け止めて、くるっと一回転して、はい勝ちました」と、いうやつもいいね」と、昔懐かしい 相撲の技を恋しがるのは、鏡里時代のダンプテイ、人生もこんな「うっちゃり相撲が取れ」と、面白い。

チイは、うっちやりよりは、やっぱり相撲は、相手をしっかり受け止めて、すくい投げなんか豪快にいかなくては、面白くない。

投げ飛ばされた大男は、土俵枕に高見山というように、土俵上で仰向けに倒される。

ダンプテイ、こんな無残な姿の負け相撲の姿を高見の見物ということですか

それにしても、高見山の仰向けなら、絵になるけど、こんな朝潮では、見られません。

朝潮が どっと負けます 曼殊沙華 坪内捻典

負けた後のしゃげ加減が曼殊沙華にも似ているそうですが、なんとも情けない

すると、ハンプテイ

ダンプテイのお腹は、饅頭がしゃげてるから曼殊沙華という言葉遊びね!

と、またまた、ダンプテの腹出しを笑いの種にする厭らしいハンプテイ

ダンプテイの得意技は、浴びせ倒しなんかやっちゃうけど、やっぱり男の技は豪快なすくい投げですわ」と、チイが万太郎の俳句を披露なさる。

夏場所 もとより技の すくい投げ 久保田万太郎

それにしても、チイ殿、ダンプテイをどこかのマンションに押し入って浴びせ倒しをしる悪い輩と、譬えておるから、チイは、気に喰わない娘と申せば

チイも反論

君子豹変すると、言うけど、ダンプテイの豹変ぶりには、チイもびっくりですは、

さっきまで、哲学の話だと、おもっていたら、直ぐにエロ話に豹変、君子豹変するなんていうけど、自分自身を君子とでも思ってるのかしら

「作家の童門冬二さん、「男子豹変の進め」という本にダンプテイも共感してましてね、豹変することを心がけて、歌や戯画の表現手法を豹変させるのがダンプテイのモットーですから」と、心にもないことまで、口走しってしまった。

チイが、「ここで質問あり」と、手を上げる。

 朝令暮改とか、君子豹変するとか言って、豹変は良い意味で使かわれていませんけど?

ダンプテイ、それが違います。

童門冬二は、多くの著名人の豹変ぶりを本に記載していますよ!

その例としては、坂本竜馬は、刀→ピストル→国際法へと大切なものを豹変させています。

ハンプテイも質問

:国際司法がピストルに替わるというのは、どういうこと?

坂本竜馬は、一早く、世界の動きの中で船の重要性を認識して、いろは丸の処女航海を試みみましたが、紀州の明光丸と、衝突して沈没した時に、国際司法に即し、莫大な損害賠償を獲得したといわれ、今後、世界に船で出ていくには、国際司法が重要だと確信したのだと思います。

注:国際法の重要性の認識は、西周によるもので、明治新政府の5か条の誓文にその精神が反映されたとされます。

この4条には、「古いしきたりにとらわれず、世界に木腰痛する道理に基づいて新しい国家を築いていこう」という国際法の考えです。

チイ、 「難しいことは分かりませんが、坂本竜馬勝海舟西郷隆盛のように昨日までの敵が同盟に「より味方に豹変して、明治維新という我が国が大きく豹変したという訳ですね!

ダンプテイもこれからどう豹変されるのか分からないけど、仕事以外でも、これからの裏人生の素晴らしい表現者になられることを楽しみにしているわ!」と、娘のチイも豹変者である。

さらに、これからのダンプテイの裏街道の見通しは、朧月ですけど、こんな句がぴったりかしら

熟年の 自由人たる 朧かな 中村敬

ダンプテイを朧月と譬えられるとは景が薄い親父になったものである。

そこで、いえいえ、未だこれからも素敵な実をつけますから!

秋茄子や 老いた我にも 未来あり

ハンプテイ:秋茄子は、嫁に食わせるなという程、美味しいというし、花は必ず実をつけるという豊穣の果物だったわね!

ダンプテイに似合わない秋茄子、ダンプテイは、それこそ、熟し柿と申される。

マー青柿や糸瓜にされるよりましですがとダンプテイがもうせば、ハンプテイ

熟れ柿や 馬鹿が頭の 中あるき

注:元句は、秋元不死男の熟柿吸う馬鹿が頭の中あるき

 

だとか、

熟し柿といえば、ダンプテイの故郷の蜂屋の名産、あの甘い触感、触れば、直ぐに薄い皮が破れて中身がはちきれんばかり、と、なにやら、ダンプテイの股下にぶら下がる一物のことではないかと勘繰られる。

ところで、ダンプテイ、表現について、色々と話をしたけど、はっとするような自分の表現で、自分を変貌させていきたいものですね!

だって、葛飾北斎だって、95歳になっても女性への妄想をいだきつつ絵にその美を表現することに意欲を残し、後10年あればと残念がって死を迎えたという。

こんな北斎の生き方に憧れ、その表現したいという気持ちは、自分にも残っているつもりである。

その表現も、いままでに誰も表現できなかったような新しい表現に

みすずはみんな違ってみんな好い

漱石は、情に竿させば流される

意地を通せば窮屈だといった

僕はやっぱぱり、漱石よりもみすず流

みんなと違うと窮屈だけど

みんなと同じでは、詰まらない

あのピカソの表現だって、シーラの自画像だって、草間弥生の水玉だって、最初は、誰にも理解されなかったではないか、

ピカソの絵をみてだれかが「、何が何だかわからない」と、ピカソは、「鶯の声を聴いて誰が分かるかね、聞いて心地ようなれば、それでいいんだよ」と、答えたという。

いつか自分の表現に感銘する人が一人でも現れれば、幸せである。

誰にも表と裏があるけど、裏の世界は、隠したがるもの、だけど、裏にこそ、美味しい果物が実っていると、いうこともある。

私の体には、表と裏の二人の男が生きています

あるときは、表の真面目な仕事人

あるときは、裏の世界

冗談をいったり、駄洒落、偶にはエッチな小話も

欠点と長所は、表裏一体

欠点という雑草を取り除くと

長所の根っこを掘り起こす

ですから、ダンプテイの欠点には、ちょっと触れる程度にして、知らぬが仏で、お願いしますよ

 

その欠点とやらのエッチな小話

「おにのような恐ろしい女に追いかけられた男」の話し

こんな女と、やったら殺されると、人込みに逃れたら、そこは悪魔の集団

女は、暗闇で男を見つけられず困って、聖者に尋ねた。

すると、聖者は、「悪魔は、後ろに尻尾があるが、男は前に、尻尾がある」と

男は、目神様仏様、立たぬようにと、蜥蜴のように尻尾を切り落として、逃げて助かった。

こんな小話をしたら、ハンプテイ、

目立たぬように、大事なものまで切り落とした男とは、情けない。それに、神様仏様なんて、誰も有難がらない時代遅れの男ね!

そう言えば、時代遅れの男なんて、阿久悠さんの歌がありました。

目立たぬように はしゃがぬように

似合わぬことは無理をせず

人の心を見続ける

時代遅れの男になりたい

この阿久悠さんの時代男の詩の台詞を味わって頂だきたいわ!

いえいえ、そんな目立たない裏の世界はダンプテイは、ウンザリですよ

堂々と表の世界に登場しなくては、

阿久悠さんがピンクレディを歌謡界の女王として世に売り出したように、時代の先端を行く、ピンク親父でカミングアウト(世に出て)して世の中をお騒がせしたいものですよ!

くちづけするより甘く

ささやき聞くより強く

わたしの心をゆさぶるあなた

ハンプテイ:エロチックなピンク親父のエッチぶりだわね!

この後に続くのが

飲みたくなったらお酒

眠くなったらベッド

次から次へと差し出すあなた

それこそ、税金回収にハンプテイがみにつけている金製品を身ぬるぎ剥ぎ取られてしまう雰囲気だわ!

いくらなんでも我がダンプテイの息子だけは、勘弁してください。

老いぶれても差し出せるものは、己が姿のみですから!

春菊 まとふは己が 光のみ

こんな、我が姿光あり、なんてうぬぼれた俳句を聞いた、チイ、ダンプテイは、禄でもない芸しかないのに、いきなり身なりだけを光らせて、世に出ようとしても駄目よ、直ぐにそんなメッキは剥がれますから

泳ぎを知らない親父がいきなり海に投げ込まれたみたいに、沈没するだけよ!

おまけに、こんな大袈裟な衣装をまとって我が家の恥晒ですわ!

大丈夫、台湾では、もっとキンキラの衣装を召されたお方がおられるからと、ダンプテイ

台湾王のキンピラ衣装nを身にまとう馬鹿なダンプテイを見てチイ

殿もご乱心か!

ダンプテイ、この金ピカ御殿様

f:id:ipapokada:20190406201623j:plain

シンシンシントロリと見惚れる御殿

御殿ばい それキンキラキン

殿は伊達者 美か男 

それもそうかいキンキラキン

注:熊本のキンキラキンという民謡、

シンシントロリとは、油の乗った凜としたいい男、ダンプテイ様

キンキラキンの晴れ衣装といえば、三波晴夫

黄金持ちは金持ちだ 金蔵建てた倉建てた

という成金王の姿

でもこの三波晴夫さん、「御客様は神さまです」と、老を召されても国民的な人気を集められました。

ダンプテイも真似して、キンピカの着物をめしてみました。

おどが勧進勧進あん人たちゃよか衆よか衆よか帯よか着物

と、みんなが歌ってくれないかな」と、ダンプテイ

注:五木の子守唄より、おどが勧進とは、おれは乞食という意味

チイ、 このダンプテイのキンピカ姿見てよ、どうみても似合わない

キンキラキラキラ光るは 見かけ

光って欲しいわ 中身なの

慎ましく 慎ましく 厳かに

この成金スタイルは、なんでしょう、慎ましく、慎ましくお願いしたいもの

糞転がしの 黄金虫かしら!

三流芸人なのに成金王の真似をして

北朝鮮将軍様みたいな偉ぶりね!

服の一部を削って失敬しちゃおうかしら!

ダンプテイ、

神聖なものに手を触れては、なりませぬ、なりませぬ、神の祟りが起こります。

チイの冗談よ、社会の窓を開けて中身が見えているような物には、恐ろしいから触れませんし、

将軍様に向かっては、誰も「オープンドア」とは、オープンに言えません。

「俺様の恥部を見たな!」と首が飛んでしまう!、

ダンプテイの心は、そんなに狭くは、ありません。

バンクーバーのボッチャガーデンの牡丹園、そこにあった売店のトイレから出てきたら、外人観光客の女性が、恥ずかしそうに、「アイムソーリーソーイ?」と、おっしゃる。

何故、謝るのかと不審に思って己の股下を見るとボタンが開いて、我が宝物がオープンのままでは、ございませんか!

花園に 開いたままの ボタンかな

チイ、ボタン園に牡丹が何時も開いたままであれば、季節感もなく、ボタンのありがたみがありません。それとも、この俳句、我が殿の花園に釦(ぼたん)が、かけてなかったと、いう駄洒落なのでしょうか

ところで、ダンプテイ、国内だけじゃなくて海外でも日本人の恥を曝け出しておられる。

秘すれば花なるもの」を御開帳されてしまって

どうどうと 秘する花房 御開帳―――

秘する花とは、どんなに美しい花でございましょうか」と、ダンプテイが尋ねればチイ、

梅の花 あかいはあかい あかいはな 惟然

いやいや、これは、はなはだ大違い

これは、ダンプテイの御開帳からのぞいている立派な赤い鼻でごさいました。

焼け潮の 鼻の突っ張り 芋頭

これは、まいったしくじった。と、おもうが、ここで、慌てるようなダンプテイではございません。

大丈夫ですよ、僕なんぞの下っ端たる者がちっぽけな鼻なぞを御開帳しても世の中は、何ら変わりませんから

と言っても、御開帳して穴にも入りたかったのは、セミナーでの講師のこと!

トイレ休憩でトイレに入ってから戻って教壇に立ったら、オープンのまま

「先生ご立派なものが」と、指摘されて、穴にでも入りたい気分

ご立派と 言われ下見る 糸瓜かな

ハンプテイ、まさに、狸のキンタマ晒、恥晒し

とはこの親父

そこで一句、

うちの父ちゃん 狐か狸 夜の夜中に穴探し

これぞ、オープン戦略、我が秘蔵品の活用方法ですーー国家統制の北朝鮮ですら、

「何の秘密もございません」

と、将軍様、自ら全てをオープンにされていますから!

と、言い訳も冷や汗もので

チイ、これはまた、サプライニュース金ニュース

このお方が噂の◎◎金成様ですね!

ハンプテイ、金が成る王なんて、欲張りな名前だけど、このお方、美味いものばっかり食べているみたいで、「もっこり腹」だし、胸毛もあるし、こんな写真を表ざたにしちゃって!と、申される。

「いえいえ、将軍様がこんなみだらな姿で登場される筈は、ありません、これは、今、流行りの「なりすまし」と、いものに違いありません」と、将軍様を援護差し上げた。

f:id:ipapokada:20190406201846j:plain

それに、:教科書でも将軍様と言われて神様みたいなお方ですから様なんてつけちゃってるけど、個人崇拝が徹底しているから、国内では、敬愛する首領、将軍様と、呼ばなくてはなりません!

何しろ、この将軍様の過去の名前を辿れば、金

柱→金一星→金日成金正日金正恩と名前の経過をみただけで北朝鮮のトップとしての意気込みが分かるというものです。

すると、チイ姫、:「柱馬の高跳び金に成り」から「星に成らん、更に、太陽に成らん」と、北朝鮮も夢が膨らんで、「おれは爆発だ」なんて、岡本太郎さんみたいに爆弾をぶち放したら、大変なことになる。

ダンプテイからいえば、:太郎さんの爆発は、芸術の爆発だから、将軍様とは、大違いです。

ところで、この将軍様北朝鮮学校では、教科書で先生と生徒の問答として称えられていそうで、

先生:「私達は、将軍様の愛情を被るばかりで、それに、報いては、いません。

どうしたら良いでしょうか?

生徒:将軍様は、寒い冬でも裸で我慢されておられます。立派な服を差し上げましょう!

先生:生地は、天から降ってくるものでは、ありません、皆さんどうしたら良いでしょうか?

生徒:キノコを育てて、売ったらどうでしょう!

生徒は、早速、キノコを育て売って、心のこもった服を持って、将軍様を訪ねて、将軍様に、言いました。

将軍様、どうかこの服を召して下さい」。

将軍:皆さん、「私は裸でも大丈夫、この服は、皆さんの村の一番の御歳寄りの御爺さんに着てもらいましょう」。

生徒たちは、偉大な将軍様のこの優しい言葉を何時までも忘れませんでした。

注:(北朝鮮の教学の教科書、宮塚利雄)参考

北朝鮮では、現実離れしたこんな裏世界ばっかりを教育しているから、国内では、こんな英雄賛歌と、なってしまう。

自由朝鮮築くため

戦い来たりしそのあとよ

ああその名も高き金日正

ああその名もゆかし金日正

チイ、将軍様を称える歌のタイトルだけでもすごいけど、こんな歌をみんな学校で歌わされるのかしら!

あなたが(将軍様)居なければ祖国もない

将軍様は太陽として永生される

金正恩将軍を命を懸けて守ろう

私たちはあなたしか知らない

あなたなしでは生きられない

ハンプテイ、この将軍様は、金独裁政権の三世でだけど、増々、黄な臭くなって、原爆実験やミサイルまで飛び出す始末、拉致交渉も遅々として進まない。

進まない埒交渉と北朝鮮事情の尻取り詩をつくりました。

こんな歌を北朝鮮の国境近辺で歌ったらどうかしら

金将軍は 黄な臭い

臭いを消そう オーディコロン

転んで倒れぬ 北朝鮮

朝鮮飲みだよ 烏龍茶

ちゃかしちゃ駄目 だよ弾道弾

断じて許せぬは 原爆拡散

拡散を隠す魂胆 これどうしよう

どうしょうこうしょう 拉致交渉

交渉世界は 裏世界

先は暗いか 明るいか

明るい未来は どこへやら

どこどこどこの 尊師様

どこまでやるか 尊師様

尊師は麻原、金様か

そう言えば、初孫の名前に尊(たかし)という名前にすると息子から言ってたけど、流石、この名前だけは、許せませんで、変更してもらいました。

この尊は、古の時代は、天皇の世継ぎの方のみに許された尊い名前だから、恐れ多いと思われたし、それにも増して、オーム真理教の麻原さんは、大量殺戮に使用するサリン製造工場を研究者に作らせる裏世界のボス、洗脳された若者は、尊師と称して崇められていましたから

そういえば、政敵になる恐れがある正恩の兄の正男は、シンガポールデVXガスで抹殺されたのではないかと噂されている。

ここから

 

この麻原尊師のイメージに似てきている原子爆弾やミサイルを開発する北朝鮮の尊師様だけど、黄な臭くなって恐ろしい。

ハンプテイ:東大や京大の学生さんなんか、高等教育を受けた人が、どうして、こんなオーム真理教に嵌って、麻原尊師のいいなりになって、テロを起こすようなことまでいってしまうのかしら

ダンプテイ:これはルート5の世界ですね!

ハンプテイ:なにそのルート5って、

ロート5は、富士山麓にオーム鳴く2.360679

じゃないですか!

富士山麓の麻原のオーム集団となってしまった。

これは、肉体的な修練と、暗示を通じて、

尊師のいうことは、絶対だという思想が植えつけられてしまうらしいですね!

イスラムのテロリストも子供達が、武器をもたらされた肉体的な修練に寄り、笑って自爆テロを行うように修練させられていく。

チイ:一神教も、キリストやアラーの掟のみを絶対の真理として崇めることを教え込まれて、互いにいがみあっているから、今、世界は、雲行が怪しくなっている。

ハンプテイ:ISの情勢もそうだけど、身近なところでは、東京都政の次から次へと、「これまじか」というトラブルと疑惑問題も、小池さんの交代で何とかなるや否や、東京オリンピックも築地移転問題もどうなるやら!

これまじか 五輪築地に 汗冷えて

チイ五輪や築地移転の真近と、これ真面かと掛詞ね、面白い。

ところで、増添元都知事もその悪者の一人、「これまじか」ということをなさってた。

こうなると、悪者にされてしまうと、お茶の飲み方

まで非難されてしまう。

ダンプテイ::朝鮮飲みって、仕草で、朝鮮人の手で隠してお茶を飲む仕草そうですね!

 

お茶を飲むのすら隠していて、私くし、絶対に秘密情報は、もらさないように政治活動していますなんて、個人情報ばっかり漏らさないよう気にされている。

ネットで北朝鮮と関係づけての増添さんの批判が高まっています。

ハンプテイ:お母さんが朝鮮人だったそうだから、このような仕草を自然に身につけたのかもしれませんが、日本人は、コップの下に手を添えるのが礼儀ですから、この朝鮮飲みは、礼儀に反しますね!

増添元都知事の政治資金の使い方も不透明だったけど、北朝鮮との拉致交渉も全然見えなくって、裏交渉すら出来ない感じになって座礁している!

北朝鮮も表世界ではなくて、裏技で、北朝鮮の国民の心を洗脳して、他国批判で世論を得る裏技で、軍拡を進めている。

 チイ:長々と占いの話をされていた結論が

表を見せ、裏をみせてぞ散る紅葉

に繋げたというわけ!

秋風に吹かれて、散っていく我が身を紅葉として哀れさを漂わせている。

秋の風と言えば裏寂しい ベルレーヌの詩

秋の日の ビオロン

ため息の身に滲みて

ひたぶるに裏悲し

チイ:

所々の鹿声訪ね得ず

白雲紅葉千山に満つ

と、夏目漱石漢詩にもあったけど、紅葉と共に悲しいのは、鹿の鳴く声、

ダンプテイ:そういえば、占いに使う花札も鹿に紅葉ですね

奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞くときぞ秋はかなしき 猿丸太夫

そういえば、山は鹿の音 野には啼く虫 

の発句に、良基が付けた句は

もの事に かなしきかなや 秋の暮れ

ハンプテイ:これは、寂しい秋の夕暮、ダンプテイは、他人の評価なんて、どうでもいい、「自分は、あわれな人間なんだ」と、裏も見せてしまえば、ダンプテイの心は、晴れ晴れ、他人の評価なんて気にならなくなる」と、いう魂胆なのね!

心なき身にもあわれは知られけり

鴫立つ沢の秋の夕暮 西行

ダンプテイ:そうです。

自分の貴重な時間をこんな秋の夕暮で鴫が飛び立つ様を気にするなんて、まっぴらですわ!

世間を気にせず自由な表現が出来れば、こんな他人の評価なんぞ、忘れられるのに!

山の端(は)の 月は分明(さやか)に 照らせども  まだ晴れやらぬ 峰の薄雲 貞心

 最後に、表現者として愛するピカソのことを詩にして、今日の締め括りと致しましょう。

題 ピカソ

あらゆる対象を手で触り

匂いを嗅ぎ嘗め尽くす

元の姿を留めることなく

奴隷としてしまうまで

貝殻でも女であっても

自分のもにしてしまう

ハンプテイ:オーストラリアは、この大きな大陸が発見されても、暫くは、流刑の地としてしか使われなかったそうだけど、ゴールドの発掘の噂が広まるや否や、一攫千金を目指す人達が殺到して人口が増加していったという話しね

ダンプテイ:今回のタスマニアの旅でゴ―ルド発見と、いうビックな夢が叶えられたら、こんなゴールドの帽子と腹巻を巻いて、

キンキラキンとさり気なくこれが俺のやり方さ!

と、なりますね!

チイ:高橋真理子の

抱かせて、抱かれて、黄金色吐息とさりげない

のようなおしとやかさがみられない大袈裟な恰好、王様でもこんなゴールドアッポさんは、いないから、タイ政府から逮捕されちゃうわ! 

ハンプテイ:イエローキャップは、エッチな風俗店ということよ、ハンプテイの厳しい束縛から逃れてイエローキャップに出入りする助平親父なのかしら!